松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま長崎県を探索中。

紀伊の狩野派の画人たち

2015-08-04 | 画人伝・紀伊

文献:紀州郷土藝術家小傳

紀伊藩に仕えた狩野派としては、岩井泉流のように江戸紀伊藩に仕えたものと、和歌山の紀伊藩に仕えたものがいた。江戸の木挽町狩野の流れを組む画人としては、山本養和、堀端養恒らがいる、堀端養恒の門人らもその流れを守った。また、町狩野としては鎌田堅白やその門人らが活動した。

山本養和(1776-1829)
安永5年生まれ。別号に松壽齋がある。江戸木挽町の山本泉和の養子。養父と狩野典信に師事した。紀伊藩の御絵師。紀伊藩10代藩主の徳川治宝に仕えた。治宝に同行して紀伊に来ることが多く、紀三井寺の障壁画などが紀伊に残っている。文政12年、64歳で死去した。

堀端養恒(1801-1880)
享和元年生まれ。名は養恒、通称は晴野、別号に南岡がある。江戸木挽町の狩野養信に師事し、その画法を伝えてよく家風を守った。筑紫翠雲、中尾松榮らもはじめはこの門から出たと伝えられる。明治13年、80歳で死去した。

山本養和(2代)(不明-1917)
初代との関係は不明だが孫ではないかとみられる。江戸木挽町の狩野雅信の門人。はじめ承和と号し、のちに勝和と改めた。初代養和が没したのちに、二代目を襲名した。明治45年、83歳で死去した。

中尾松榮(不明-1917)
名は祥重。和歌山駿河町の人。印判彫刻を家業としていた。余技に狩野派の画をよくした。堀端養恒の門人。大正6年、75歳で死去した。

森養齋(不明-1928)
和歌山市内出口端ノ丁に住んでいた。堀端養恒に師事し、のちに岡本緑邨にも学んだ。市役所の戸籍係として勤めていた。昭和3年、70余歳で死去した。

伊能松林(不明-不明)
天保嘉永頃の和歌山の狩野派の画家。江戸晴川院の流れを汲んでいたとされる。鷹の画を最も得意とした。

西山養拙(不明-不明)
名は久抽、字は子繹、通称は與七郎。別号に養拙齋がある。紀伊藩士で狩野派の画家。

石川逢洲(不明-不明)
名は義路。和歌山の狩野派の画家。明治15年内国絵画共進会に「義家名古会の関」及び「松に鷹の図」を出品している。

加藤東効(不明-1878)
名は雄助。紀伊藩の狩野派の御絵師。明治11年、93歳で死去した。

鎌田堅白(不明-不明)
安政文久頃の人。名は好武、号は堅白で、のちに堅白齋と改めた。和歌山の町絵師。狩野派の画をよくした。

吉田満海(不明-不明)
和歌山吹上寺町大恩寺の住職。鎌田堅白について狩野派を学び、余技として描いた。明治15年の内国絵画共進会に出品している。

小宮好信(不明-不明)
和歌山新留丁の人。鎌田堅白の門に学んで、狩野派の画をよくした。時流にのらず画風を厳守した。

松井白奎(不明-不明)
天保頃の人。名は齋、通称は道榮。狩野派の画を描き、広く交友した。野際白雪らとの寄せ書がある。

中村霞峰(不明-不明)
名は玄晴。和歌山の人で狩野派の画家だったが、のちに洋画を研究して、明治14、5年頃に和歌山中学校の教鞭をとった。

紀伊(3)-ネット検索で出てこない画家

『和歌山県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紀伊の狩野派・岩井泉流 | トップ | 紀南田辺の狩野派・真砂幽泉 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む