松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

日本南画の祖・祇園南海

2015-08-19 | 画人伝・紀伊

文献:祇園南海とその時代紀州郷土藝術家小傳

紀伊の儒者・祇園南海(1676-1751)は、「詩画一致」の思想を打ち立て、高度な教養に裏打ちされた、画、書、詩が渾然一体となった作品を創出し、彭城百川(1697-1752)、柳沢淇園(1703-1758)らとともに日本南画の祖とされる。また、桑山玉洲(1746-1799)、野呂介石(1747-1828)とともに紀州三大南画家のひとりでもある。

日本における南画は、中国から輸入された『八種画譜』や『芥子園画伝』などの木版画譜類を手本に、日本の教養人たちが画を学んだことにはじまり、南海もこれらの画譜をはじめ、伝唐寅「山水図巻」など、日本にもたらされた中国画をもとにして、絵画技法を修得したとみられる。南海の絵画学習の実態は不明な点も多いが、友人である泉州佐野の豪商・唐金梅所にあてた書状の中では、自分の画の師は長崎で活躍した黄檗画僧・河村若芝であり、上野若元とは同門であると語っている。

南海は書画のみならず、漢詩人として数多くの著作を残しており、南海の詠んだ詩を集めた『南海先生集』のもととなった自筆本『南海詩集』をはじめ、十数点の著書を残している。

祇園南海(1676-1751)
延宝4年、紀伊藩お抱え医師の子として江戸で生まれた。名ははじめ汝斌で、のちに瑜と改めた。字は正卿、または伯玉、通称は與一。別号に箕裾散人、鉄冠道人、信天翁、湘雲主人などがある。14歳で京都の儒者・木下順庵に入門し、早くから詩文の才能を発揮し、榊原篁洲、新井白石、南部南山、雨森芳洲らとともに木門十哲と称された。22歳で家督を相続し、紀伊藩の儒官となったが、25歳の時に不行跡という理由で、知行召し上げのうえ、和歌山城下を追放となり、那賀郡長原村(現在の紀の川市貴志川町)に謫居させられた。

宝永7年、35歳の時に五代藩主・徳川頼方によって謫居は解かれ、その翌年、来日した正徳度の朝鮮通信使の応接役の任を受け、公義筆談に務めた。期待通りに南海の漢詩は朝鮮側の李東郭からも高く評価され、その功績が認められ禄高も元に戻された。その後、徳川頼方によって紀伊藩の藩校である講釈所(湊講舘)が創設され、南海は督学となり、宝暦元年、76歳で死去するまで藩の学事を司った。

祇園餐霞(1713-1791)
正徳3年生まれ。祇園南海の二男。名は尚濂、字は師援、通称は餘一。はじめの名は孫三郎。別号に鉄船、百懶などがある。父の業を継いで紀伊藩に仕え、詩書をよくし、画も巧みで、特に黒梅を得意とした。餐霞もまた、不行跡ということで、府城二十里外鉛山の地に13年間謫居させられ、のちにもどって儒者として仕えた。寛政3年、79歳で死去した。

紀伊(6)-ネット検索で出てこない画家

『和歌山県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月18日(火)のつぶやき | トップ | 8月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む