松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

尾張南画の歳寒三友、竹洞、梅逸、そして伊豆原麻谷

2015-01-27 | 画人伝・尾張

文献:愛知画家名鑑、尾張の絵画史、伊豆原麻谷~麻谷とその周辺~

竹洞、梅逸と並び称され、尾張南画の「歳寒三友」の一人とされた「松谷」こと伊豆原麻谷であるが、その経歴に不明な点は多い。三河の農村に生まれ、僧侶になるはずが画の道に入り、当時最先端だった長崎で修業。京都、大坂、名古屋で絵画を業として生き、同時代の文化人たちと盛んに交流、画家としての名声も高かった。にもかかわらず、現在では竹洞、梅逸ほどの評価が得られておらず、後継者も見当たらない。

伊豆原麻谷(1776-1860)は、安永7年三河国加茂郡北莇生村西山に生まれた。名は彬・迂、字は大迂、通称は橘蔵。莇生(あざぶ)の音を取って「麻谷(まこく)」と号した。10歳で名古屋禅寺町の寺に入り、16歳で京都に出て、20歳で長崎に行き10年間修業し、30歳で京都に戻った。ここですでに京都にいた竹洞、梅逸といわゆる「歳寒三友」の契りを結び、号を「松号」に改めたという。しかし思うような結果が出せず、京都を離れて大坂に行き、そのあと各地を転々とし、文政10年、50歳の時に名古屋に戻り、号を「麻谷」に戻したという。その後は名古屋を拠点として活動、万延元年、83歳で死去した。

経歴不明の中でも特に師系が定かでない。10歳で入った寺で師僧が画才を見抜き、就かせたという画家の名が伝わっていない。16歳からの京都での修行も史料が少なく師系は推論の域を出ない。さらに、長崎では方西園及び費晴湖について学んだとされるが、否定的な見解を持つ研究者もいる。また、改号に関しても、京都に出て「松谷」と改めたとされるが、現在に至るまで「松谷」と号した作品が確認されておらず、確証があるわけではないが否定するだけの確証もない、というのが現状である。

麻谷の人物像について、図録『伊豆原麻谷~麻谷とその周辺~』(三好町立歴史民俗資料館)では、交流のあった南合果堂、貫名海屋、村瀬藤城、村瀬秋水、高橋杏村、吉原仲恭らが記載している書物などから判断して、「素朴で飾らない人物であり、無口で、将来のことを考えて三味線を習うような一面を持つ、一種奇人でありながら、皆に愛される好人物であった」とし、画家としての評価は、「画は気韻を尊び、古淡であり、名古屋の画工として成功していたことは、その名声の高さ、注文の多さ、そして貯えのあったことなどから伺える」としている。

謎に包まれながらも画家として名声が得て、行動範囲も広く、各地の知識人たちと盛んに交流した好人物と評される麻谷だが、分かっている弟子も少なく、麻谷の作風を忠実に、あるいは発展させて受け継いだものを見出すことはできない。

牧野錬石
美濃長良の生まれ。はじめ伊豆原麻谷につき南宗の画法を学び、のちに山本梅逸の養子となったが、素行が修まらなかったので離縁となった。明治18年7月8日死去。

林稼亭
文政7年2月生まれ。通称は源助。海部郡蟹江の林源左衛門の子。はじめ伊豆原麻谷の門に入り南宗の画法を学び、ついで小島老鉄、村瀬秋水の教えを受けた。半生は西三河地方を巡遊したが、晩年は不遇のうちに生涯を終えた。明治28年10月、82歳で死去した。

加藤甘谷
海部郡佐屋の人。名は正利、通称は五左衛門。別号に江南がある。師承は明らかではないが伊豆原麻谷とみられる。好んで描く山水は、人柄を反映し、非常に生真面目で、厳格なものであったという。天保12年死去。

尾張(10)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾張南画の全盛・山本梅逸の... | トップ | 復古大和絵派の祖・田中訥言 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む