松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

宇和島から杵築の安住寺へ、孤高の水墨画家・村上天心

2016-04-04 | 画人伝・伊予

文献:伊予の画人安住寺ホームページ

宇和島の豆腐屋の家に生まれた村上天心(1877-1953)は、幼くして父親と死別し、学校で学ぶ機会を得られなかったが、独学で各派の画法を学んだ。さらに、様々な師を求めて、禅、彫刻、仏典、儒学、漢字などの学問を修めた。向上心旺盛で、わずかの間に学問を身につけたという。また、生涯一枚の絵を売ることもなく、独身を貫き、孤高の中で修業と作画に専念した。

明治41年、天心は病弱の母を伴い、湯治のため大分県別府を訪れている。この時に隣室に居合わせたのが杵築市安住寺檀家総代の綾部氏で、その縁でのちに深い親交を結んでいく綾部氏の実弟、安住寺第十四世・綾部玄道和尚と出会うことになる。綾部氏の案内で杵築市寺町の安住寺を訪れた天心は、居並ぶ僧侶の中で一人を指さし「あの人は何という人か」と問いただしたという。その人こそが綾部玄道和尚であり、天心はひざをたたいて「杵築に来てよかった」と玄道和尚との出会いを喜んだという。

大正3年、37歳の時に天心は杵築に移り住み、南台綾部家の別荘や佐野家の別荘に居住、昭和18年からは寺町の安住寺庭園内にある「天心堂」に移り、その後は、昭和28年に75歳で病没するまで、ここで修業と作画に専念した。

天心の作品は宗教画がほとんどで、禅林に画題を求めたものが多い。宇和島での作品は焼失したものが多いが、西江寺には「閻魔大王像」が残っている。また、杵築の安住寺には晩年の作品約200余点が保存されている。庭園内にある天心堂には、多くの遺品が収められ、天心堂の横にある天心自身の監督により建立された「開山堂」には、天井に「圓龍」、壁面には「レリーフ」「開山開堂基十四世」などが収められている。

村上天心(1877-1953)
明治10年宇和島市須賀通生まれ。本名は村上孝義。家業は豆腐屋で、生活は裕福でなかった。貧しくて学校に行けなかった天心は、独学で画を学びながら、6歳の時に吉田の飯淵櫟堂に人文画と書を、10歳の時に大隆寺の韜谷老師に禅を、11歳の時に卯之町の白井雨山に彫刻を、18歳の時に金剛山の葛野空庵に仏典、儒学、漢字を学んだ。生まれが上層とみなされなかったため、評価されることはなかった。このような境遇を十分理解して一切のかかわりを絶ち、絵を通して自己を深めることを決意いたともみられる。大正3年、37歳の時に大分県杵築市に移り、以後約40年間をこの地で過ごした。昭和28年、75歳で死去した。

伊予(9)-ネット検索で出てこない画家

『愛媛県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇和島の画人・三好応山と応岸 | トップ | 森狙仙門下の猿の画人二人・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む