松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま長崎県を探索中。

大正から昭和初めにかけての遠州画人

2014-10-07 | 画人伝・遠州

文献:遠州画人伝

大正から昭和初めにかけて、山下青ら崋椿の流れをくむ渡辺小華門下をはじめ、遠州に縁のあった川村雨谷門下や、松林桂月門下、小室翠雲門下、竹内栖鳳門下など様々な師系の日本画家が活躍、それに加えて山根仏頂亭、鈴木黄鶴ら異色の画家たちも現れた。そして昭和11年、新進気鋭の閨秀画家・秋野不矩が28歳で文展鑑査展選奨を受賞し中央画壇で注目され始め、遠州画壇は新しい時代へと向かっていく。

横田華外 よこた・かがい
明治元年9月9日生まれ。名は保、字は希直、初号は秋巒。詩を小栗松靄に学び、画を川村雨谷に学ぶ。大正5年、49歳で死去した。

江間高峯 えま・こうほう
文久元年5月生まれ。磐田郡見付の人。名は俊一。川村雨谷に師事。代議士、弁護士、東京市会議長。江間式強健術で知られる。昭和8年5月31日死去。

田代柳外 たしろ・りゅうがい
磐田郡鹿島の人。名は嘉平次。川村雨谷に師事。

森下青谷 もりした・せいこく
小笠郡大淵村生まれ。名は佐七。川村雨谷に師事。

前田靄斎 まえだ・あいさい
明治16年小笠郡大淵村生まれ。名は長太郎、別号に田徴がある。川村雨谷に師事。

平野竹逸 ひらの・ちくいつ
明治26年磐田郡中泉町生まれ。大正4年に上京して加納雨蓬に学び、のちに松林桂月に師事した。昭和14年、47歳で死去した。

伊藤隋松 いとう・ずいしょう
磐田郡見付町の人。松林桂月に師事。

山下青城 やました・せいじょう
明治15年浜名郡笠井町生まれ。山下青の子。上京して小室翠雲に師事。名は桂、別号に天香書屋、朱竹荘がある。

榑松玉峰 くれまつ・ぎょくほう
明治23年磐田郡上浅羽村生まれ。名は良平。小室翠雲に師事した。

馬淵春濤 まぶち・しゅんとう
明治21年浜名郡北浜村生まれ。竹内栖鳳の門に入り、京都市立絵画専門学校を卒業。

八木王乕 やぎ・おうこ
明治23年榛原郡萩間村生まれ。名は博、初号は栄章、のちに敬谷と改め、さらに王乕に改めた。大正13年、35歳で死去した。

山田筑洞 やまだ・ちくどう
明治9年5月13日磐田郡中泉町生まれ。金森南耕・小山栄達に師事。昭和8年7月29日、58歳で死去した。

鈴木寉仙 すずき・かくせん
明治15年浜名郡蒲村六軒生まれ。近藤樵仙に師事。

釋翠邨 しゃく・すいそん
明治21年浜名郡雄踏町生まれ。安寧寺の二男。名は政光、初号は天江。上京して戸田玉秀の門に入って四條派を学んだ。

平野素雲 ひらの・そうん
浜松市田町の紙商。近藤藍濤に師事した。

川上如雲 かわかみ・じょうん
浜松の日本楽器会社の社長。似顔絵を得意とした。

山根仏頂亭 やまね・ぶっちょうてい
浜松市の弁護士。

鈴木黄鶴 すずき・おうかく
明治24年浜名郡積志村生まれ。本名鈴木朝二、別号黄鶴山人・不可解山房。昭和9年9月、43歳で死去した。

遠州(9)-ネット検索で出てこない画家 

『静岡県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠州における岸派 | トップ | 近世の東三河画人 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む