松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

長府藩の粋な御用絵師・度会文流斎と笹山家

2016-10-10 | 画人伝・山口


文献:長府の学者画家俳人略伝、長府藩絵師笹山家記

近世の周防・長門国では、強固な流派体制を誇った雲谷派が幕末まで続いたが、狩野派も各藩で御用絵師をつとめ、多くの絵師を輩出している。長府藩においては、狩野芳崖の父である狩野晴皐、のちに明治の教育者として名を成す諸葛信澄の父・諸葛秋錦、そして世話好きで粋な御用絵師として人気を誇った度会文流斎(不明-1816)が、長府三家として画風を競っていた。度会文流斎は、唐人物の妙手とされ、画技が優れていたばかりでなく、苦労人であり、世話人的な性格の人物だったらしい。文流斎はもともと、長府藩御用絵師をつとめた笹山家に生まれ、三代目を継ぐはずだったが、ある事情で出奔したため、笹山家は養子を迎え三代を継がせた。のちに文流斎は藩から別家として召し抱えられ御用絵師となった。文献の中には、三代養意と文流斎を同一とするものもあるが、「藩中略譜」などにより両者が別人であるという説が有力である。

度会文流斎(不明-1816)
長府藩御用絵師。二代笹山養意の子。名は美彦。出奔してのちに帰参して林洞玉と改め、のちに姓名を度会東明、諱を朗と改めた。長府藩主匡房、元義二代に仕え、唐人物を得意としたと伝えられる。文化13年死去した。

笹山養意(初代)(不明-1743)
長府藩御用絵師。江戸生まれ。狩野常信に師事、師の号を一字とって養意と号した。名は藤原常伝。別号に逸斎がある。長府藩主から法橋の称号を得た。寛保3年死去した。

笹山養意(2代)(不明-1780)
長府藩御用絵師。名は藤原甫伝、初代笹山養意・常伝の子。別号に一玄斎がある。父について学び、風景や人物を得意とした。安永9年死去した。

笹山養意(3代)(不明-1815)
長府藩御用絵師。名は藤原常惟または惟伝。2代笹山養意・甫伝の養子。別号に物馬斎がある。江戸の養川院惟信に学んだ。文化12年死去した。

笹山養意(4代)(不明-不明)
長府藩御用絵師。三代養意に子がなかったため紀州から養子を迎え、伊成栄伝と称し、梅屋と号した。

笹山養意(5代)(不明-1881)
長府藩御用絵師。名は勝意。別号に琴閑斎、雅旭がある。人物画を得意とした。五代養意の代にいたって、笹山家は初めて江戸から長府に居を移した。明治14年死去した。

度会東溟(不明-1850)
度会文流斎の子。美真東溟と号した。別号に洞鮫、東江、洋俄、堂呉秋がある。嘉永3年死去した。

度会春彦(不明-1888)
度会東溟の子。明治21年、73歳で死去した。

『山口県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪舟の後継者・雲谷派の系譜 | トップ | 周防・長門国各藩の狩野派 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む