松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

松江洋画研究所を設立して島根の美術振興に貢献した草光信成と木村義男

2017-01-19 | 画人伝・島根


文献:島根の美術

森本香谷、草光信成(1892-1970)、木村義男(1899-1985)を中心メンバーとして設立された松江洋画研究所は、大正末から昭和初期にかけて島根の洋画振興に大きな役割を果たした。島根にはすでに森本香谷が結成したワカバ会や、平塚運一、清野耕らが主催する洋画研究所郷土社といった洋画の研究団体があったが、これらの研究会に関わった者たちの活動が次第に松江洋画研究所へと移行していったものと思われる。夏期講習には中央から斎藤与里、大久保作次郎、須田国太郎ら中央画壇を代表する作家たちを講師として招き、モデルも東京、大阪から迎え本格的な裸体画の演習も行なわれた。第二次世界大戦の激化のため研究所は自然閉鎖となったが、島根画壇に大きな足跡を残した。

草光信成(1892-1970)
明治25年出雲市生まれ。明治44年中学を卒業、同年大下藤次郎を迎えて松江で開催された水彩画講習会に参加。大正5年東京美術学校洋画研究科に入学、和田三造に師事した。大正11年帝展に初入選、翌年旧制松江高等学校図工科の嘱託講師となった。昭和2年には和田三造の招きによって再び上京し、同年から3年連続で帝展で特選を受けた。松江洋画研究所の講師として毎年のように夏の講習会には帰郷し、森本香谷、木村義男、青山襄、三谷長博らとともに指導にあたった。昭和18年には戦火をさけて松江に疎開、昭和21年には木村義男、山中徳次らと島根洋画会を結成した。昭和31年には新世紀美術協会の創立委員となり、晩年まで日展とともに出品した。昭和45、78歳で死去した。

木村義男(1899-1985)
明治32年松江市生まれ。大正3年、松江で丸山晩霞を迎えて開催された水彩画講習会に参加。平塚運一、清野耕ら主催の洋画研究所郷土社でも学んだ。大正4年、運一の勧めで上京、川端画学校で藤島武二に師事した。大正5年日本美術院展に初入選。大正7年に帰郷し、その後は制作の拠点を島根に置き、中央画壇と島根とのパイプ役として島根画壇の振興に貢献した。松江洋画研究所の発足にあたっては佐藤喜八郎、桑原羊次郎といった地元の有力者の助力を得て、森本香谷、草光信成らとともに結成に参加、後進の指導にあたった。昭和20年には島根洋画会の創立に参加、会長をつとめた。昭和60年、85歳で死去した。

『島根県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根の水彩画普及に尽力した... | トップ | 森鴎外と原田直次郎 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む