松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま島根県を探索中。

増山雪斎と桑名の画人

2015-06-16 | 画人伝・伊勢

文献:増山雪斎~大名の美意識~三重県の画人伝

桑名の画人としては、沈南蘋風の花鳥や水墨を描き、文人大名と呼ばれた伊勢長島藩主・増山雪斎(1754-1819)が知られている。雪斎は文雅を好み、十時梅(1749-1804)や春木南湖(1759-1839)を招き、伊勢長島の文化の振興に尽くした。また、多くの文化人と交流し、木村兼葭堂(1736-1802)が過醸罪に問われた際には長島藩領の川尻村に隠棲させ庇護した。晩年は巣鴨の下屋敷で自適の生活を過ごし、虫類の精密な写生画である「虫豸帖」(東京国立博物館蔵)を残した。桑名には他に、雪斎の子である雪園、真宗高田派の住職・帆山花乃舎らをはじめ、桑名に移り住んだ星野文良らがいる。

増山雪園(1785-1842)
天明5年生まれ。増山雪斎の長男。父の影響を受けて自らも筆をとり、書画などを残している。また、漢詩もよくし、菊池五山の『五山堂詩話』にも、巻七、補遺一と二度にわたり計7作が掲載されている。天保13年死去。

星野文良(1798-1846)
寛政10年奥州白河生まれ。名は文輔。楽翁公に仕え、主家移封ののちに桑名に住んだ。公の命によって谷文晁の門で学んだ。巨野泉祐の兄弟子。弘化3年、49歳で死去した。

帆山花乃舎(1823-1894)
文政6年桑名町生まれ。名は唯念。真宗高田派の崇寺の住職。幼い頃から画を好み、渡辺周渓に学び、のちに浮田一に学んで土佐派を修め、これを固く守り決して私意を挟まず、人物花鳥、山水を描いた。安政年間に画院に入り、藤原信實、土佐光信らの古法を研究し、画所に招聘されて、師の一とともに土佐光文を補佐して、聖賢御障子の画に従事した。明治27年、72歳で死去した。

南合果堂(1798-1863)
寛政11年陸奥白川城内北小路に生まれ、のちに桑名町に移り住んだ。名は龍橘。南合蘭室の三男。幼い頃から文才を認められ、朱子学を志した。藩校の教授をつとめ、仙台藩士・大槻盤渓、会津藩士・山内香雪、熊本藩士・白木柏軒、幕臣・羽倉簡堂らと主に交友した。画を好み、谷文晁の門人である根本愚洲について画を学び、特に山水を得意とした。文久3年、65歳で死去した。

大塚南窓(不明-不明)
享和以前の人。名は龍雄、別号に桑海がある。桑名船馬町の荷問屋・大塚松兵衛の家に生まれた。画をよくし、美濃国に客居して同地に門人が多いと伝えられている。

栗本柳崖(不明-不明)
桑名の人。藩の分領・越後柏崎陣屋詰めの会計吏となった。画をよくし、特に山水を得意とした。

三重(5)-ネット検索で出てこない画家

『三重県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月14日(日)のつぶやき | トップ | 6月16日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む