松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

尾張の復古大和絵派、森高雅の門人たち

2015-02-03 | 画人伝・尾張

文献:愛知画家名鑑、尾張の絵画史

尾張において渡辺清とともに土佐派を広めたのが森高雅(1791-1864)である。高雅ははじめ吉川一渓に狩野派を、ついで中林竹洞に南画を学び、さらに歌麿・北斎に師事した牧墨僊について浮世絵、美人画を修め、「玉僊」の雅号で浮世絵師として名声をあげた。しかし、晩年になると土佐光貞の門に入り、土佐の遺風を慕い、有識故実の学を極め、大和絵を加味した風俗画を描いた。

残された作品も多彩で、尾張名所団扇絵を描いたり、肉筆美人画を描くなど、浮世絵系の墨僊の弟子としての側面を見せる一方で、典雅な色彩の大和絵を描き、南画風の作品も残した。日比野白圭、木村金秋、鬼頭道恭ら土佐派を継承した門人も多い。

鬼頭道恭
天保11年2月生まれ。名は道恭、通称は玉三郎。名古屋本町の平八の子。森高雅に学び、のちに京都に出て、巨勢派の北村季隆に仏画を学び、かたわら岡田為恭について土佐派を修めた。甲斐身延山六角堂内部の装飾に従事した。のちに名古屋に帰り門人を育てた、仏画が得意で、その第一人者と称された。明治37年4月、65歳で死去した。

児島基隆
文政2年生まれ。名は吉隆。幼い頃から画を好み、はじめ森高雅に学び、のちに浮田一の門に入り、田中訥言を慕った。和歌を好み、勤王の士と交わった。明治15年の内国絵画共進会で受賞、同18年に愛知県絵画共進会の審査員となる。稲武町の古橋懐古館に大作が残っている。明治20年7月28日、69歳で死去した。

太田仙草
天保9年春日井郡下小田井村生まれ。青物問屋を営む。太田三郎の父。森高雅に土佐派を学んだ。日比野白圭、木村金秋、鬼頭道恭らと愛知同好会を組織して中京画壇で活躍した。明治24年、54歳で死去した。

時田光稲
天保7年生まれ。名は光稲、字は寛卿、通称は金右衛門。別号に流翠、松蔭斎がある。名古屋大船町の商家。森高雅に学び、のちに土佐光文に師事して土佐派の絵を描いた。また、流翠の号で俳諧をよくした。明治10年4月14日、42歳で死去した。

丹羽閑斎
文化7年名古屋長塀町生まれ。字は氏常、通称は左一郎。尾張藩士。画を森高雅に学ぶ。妻は高木大翁の娘。明治13年1月20日、71歳で死去した。

古川玉応
文化4年6月3日生まれ。愛知郡高畑村八幡社の祠官・古川観太郎の子。13歳の時に玉僊時代の森高雅に浮世絵を学び、高雅の画風の変化にともない土佐派風の画を描いた。明治19年、80歳で死去した。

成田松園
文化10年5月生まれ。通称は松三郎。別号に玉竜、素竜がある。森高雅について土佐派を学び、仏画を吉川一渓に学んだ。明治初年頃死去。

石川不成
天保4年生まれ。名は信守、通称は吉太郎。尾張藩士。幼いころから画を好み、森高雅について土佐派を学んだ。明治17年の第2回内国絵画共進会に出品している。明治34年、69歳で死去した。

下郷采蘭
文化15年5月鳴海の下郷家に生まれる。名は禎斎。幼少より小島老鉄について南画を学び、さらに森高雅から有識故実を学んだ。19歳で家督を継ぎ、鳴海宿村の諸役を歴任するからわら画を楽しんだ。明治33年、83歳で死去した。

尾張(12)-ネット検索で出てこない画家

『愛知県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復古大和絵派の祖・田中訥言 | トップ | 尾張の復古大和絵派、日比野... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む