松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま鳥取県を探索中。

讃岐の南蘋派、三木文柳・亀井東溪・戸塚茗溪

2016-05-20 | 画人伝・讃岐

文献:讃岐画家人物誌、讃岐の文人画展、描かれし美の世界

讃岐の南蘋派画人としては、三木文柳(1716-1799)と亀井東溪(1748-1816)が知られている。文柳は、もと阿波の藩士で、幼いころから画を好み、京都に出て修業し、江戸に出て南蘋派の画人である宋紫石の門人となった。その後、小豆島池田の光明寺に寄宿し、ついで北地に家を持ち永住したとされる。亀井東溪は、高松城下南新町に生まれ、幼いころから画才があり、京都や長崎に学び、沈南蘋に倣い、特に花鳥昆虫に優れ、八代藩主・松平頼儀によって士分にとりたてられた。著書『東溪画譜』は広く世に知られ、その子・竹溪も画に優れていた。門人としては渡辺雲窩や多田溪雲がいる。高松藩留守居寄合として江戸に住み、南画に南蘋派の画風を取り入れ、山水、花鳥を得意とした戸塚茗溪(1809頃-1854)もいる。

ほかに、長崎派の画人としては、木下逸雲に学んだ中條雲堤や、鉄翁祖門・木下逸雲の門人と交友した向井竹斎がいる。

三木文柳(分流)(1716-1799)
享保元年生まれ。小豆島池田に住んでいた。分流とも表記した。別号に宋庵斎がある。宋紫石に師事、平賀源内とも交流があった。動物画を得意とした。寛政11年、84歳で死去した。

亀井東溪(1748-1816)
寛延元年生まれ。高松城下南新町の人。名は載、字は坤臣、通称は平蔵。もともとは小倉姓だったが、亀井に改めた。幼いころから画才があり、長町竹石とともに京都や長崎で学んだ。沈南蘋の画風を慕い、特に花鳥昆虫にすぐれた。高松の絵師として同郷の竹石に並び称された。著書に『東溪画譜』がある。文化13年、69歳で死去した。

戸塚茗溪(1809頃-1854)
文化6年頃生まれ。名は榮之、通称は門吉。別号に片石山房がある。高松藩留守居寄合。江戸に住んで山水、花鳥、人物をよくした。安政元年、46歳で死去した。

亀井竹溪(1784頃-1847)
天明4年頃生まれ。名は暾、字は東白。亀井東溪の子。弘化4年、64歳で死去した。

保井錦江(不明-不明)
大川郡三本松村の人。沈南蘋に私淑して画をよくした。明治初年頃に死去した。

原田玉芝(1792頃-1844)
寛政4年頃生まれ。丸亀の人。通称は鉄吉。別号に有隣がある。沈南蘋の画を描いた。天保15年、53歳で死去した。

中條雲堤(不明-1866頃)
木田郡氷上村の人。名は直。若くして長崎に遊び、木下逸雲に従い画を学んだ。慶応2年、師に従って江戸に遊び、船で帰る途中に強風のため船が転覆、師とともに没したと伝わっている。

向井竹斎(不明-1859)
木田郡庵治村釜野の人。名は照、通称は亀治郎。たびたび長崎に行って、鉄翁祖門、木下逸雲の門人と交友した。安政6年長崎において死去した。

讃岐(8)-ネット検索で出てこない画家

『香川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月19日(木)のつぶやき | トップ | 5月20日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む