松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま福岡県を探索中。

田端モンマルトル

2014-01-17 | 画家外伝

美術家調査の文献に近藤富枝『田端文士村』を追加しました。
→『田端文士村


多くの芸術家が住んだ田端の地は、池袋モンパルナスと対比して「田端モンマルトル」と称されることがありますが、文献的にみてみると、田端文士村記念館に展示されている資料にも、この『田端文士村』にも「田端モンマルトル」という言葉は出てきません。

おそらく、1914(大正3)年に芥川龍之介(1892-1927)が田端に移り住んで以来、それまでの芸術村としての色合いよりも、文士村としての印象の方が強くなっていったのでしょう。それほど、芥川龍之介の存在が大きかったということです。

田端芸術村の始まりは、1903(明治36)年、陶芸家の板谷波山がこの地に窯を作って移り住んだことだといわれます。以後、鋳金家の香取秀真、彫漆の二十世堆朱楊成ら工芸界の第一人者をはじめ多くの美術家たちが住み、この地が上野の東京美術学校と大地続きだったこともあり、美術学校の関係者たちとも濃密な交流がなされました。

岡倉天心らによって日本美術院が再興された際、横山大観から洋画部の創設を依頼された小杉未醒もこの地の住人で、その後、小杉未醒は院展が肌にあわず仲間と春陽会を創設しました。

春陽会ホームページによると、春陽会は、1922(大正11)年、日本美術院を離れた小杉未醒、足立源一郎、倉田白羊、長谷川昇、森田恒友、山本鼎に梅原龍三郎を加えた7名で創立された、とありますが、この7人を生年順に並べてみると

小杉未醒(1881-1964)
森田恒友(1881-1933)
倉田白羊(1881-1938)
山本鼎(1882-1946)
長谷川昇(1886-1973)
梅原龍三郎(1888-1986)
足立源一郎(1889-1973)

となり、このうち年長の4人、小杉未醒、森田恒友、倉田白羊、山本鼎が「田端人」ですので、この不惑の画家たちを中心に、新しい美術団体についての激しい議論が、田端の地で夜な夜な繰り返されていたことは想像に難くありません。

1927(昭和2)年の芥川龍之介の自殺により、室生犀星や萩原朔太郎らが相次いでこの地を離れ、文士村としての活力は失せていきました。しかし、その翌年には、浜田庄司がこの地に移り住んだという記録もあり、芸術村としての歴史は続いていそうですが、詳しい文献は見当たらず、1945(昭和20)年の空襲により、現在はその面影すら見ることはできません。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風の盆......先取り。 | トップ | 角筈に住む水彩画家 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む