松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま島根県を探索中。

菊池寛と同じ時代を生きた香川の文人

2016-06-10 | 画人伝・讃岐

文献:近代香川の人物譜-菊池寛と同じ時代を生きた人々-

高松を代表する文豪・菊池寛(1888-1948)は、19歳で郷里高松を離れ上京、やがて小説家・劇作家として文壇で活躍する一方、文藝春秋社を設立、実業家としても成功をおさめた。芥川賞、直木賞を創設したことでも知られる。競馬や麻雀などに没頭しその道を究め、衆議院選挙にも立候補するなど、多才な人物だった。

菊池寛と同じ時代を生きた香川の文人としては、沖縄の紅型研究をはじめ型絵染一筋に歩いた型絵染の人間国宝・鎌倉芳太郎(1898-1983)、江戸明治文化研究家で新聞雑誌の収集研究家でもある宮武外骨(1867-1955)、高松張り子人形制作者・宮内フサ(1883-1985)、政治学者で評論家・歌人としても活躍した南原繁(1889-1974)、登山家・紀行文家で浮世絵版画の研究・蒐集家でもある小島烏水(1873-1948)らがいる。

書画をたしなんだ文人としては、中国書画を探求し文人として生きた長尾雨山(1864-1942)、仏教の聖地に壁画を描いた野生司香雪(1885-1973)がいる。

長尾雨山(1864-1942)
元治元年高松生まれ。高松藩士・長尾柏四郎の長男。15歳で父を失い、古高松村の揚硯堂に身を寄せて、揚家の蔵書に目を通した。20歳で上京し、東京文科大学古典科に入って漢書を学んだ。明治21年に卒業すると、学習院、東京美術学校、第五高等学校の教授を歴任した。その後、東京に戻り東京高等師範学校教授のかたわら、文部省図書編纂官をつとめ、東京帝国大学の講師となった。同35年、退職して上海に渡り、商務印書館編訳部員となり、その後、12年間にわたり中国各地を歴遊、昭和16年に日本に帰った。帰国後は京都に住み、著述のかたわら門弟を教えた。人に求められると書画の筆をとり、書画論を講じた。書画、金石などの鑑定にも詳しかった。昭和17年、79歳で死去した。

野生司香雪(1885-1973)
明治18年香川郡檀紙村生まれ。本名は述太。父は浄土真宗の僧侶。香川県工芸高校を卒業後、東京美術学校日本画科に進んだ。大正6年から約1年間インドに滞在し、寺院の壁画模写に参加、その後、共に参加していた桐谷洗鱗の急死をうけて、初転法輪寺に釈迦の一代記を描くため、昭和7年に再びインドに渡った。壁画は11年に完成し、壁画の下絵は同25年、永平寺に献納された。帰国後は、長野善光寺雲上殿や埼玉名栗観音などの壁画を手掛け、郷里高松の法恩寺や、父が役僧をつとめた檀紙村の金乗寺にも襖絵を残している。画壇の表舞台には出ず、長野で文化人や高僧と交わり、文人的生活を送った。生涯インドと日本の交流の架け橋としての役割を担い、昭和48年、仏教協会より仏教美術賞を受け、同年、87歳で死去した。

讃岐(17)-ネット検索で出てこない画家

『香川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月9日(木)のつぶやき | トップ | 6月10日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む