松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま佐賀県を探索中。

名所図会絵師として名を高めた長谷川雪旦と唐津藩

2017-05-29 | 画人伝・佐賀


文献:江戸の絵師 雪旦・雪堤 その知られざる世界、肥前の近世絵画、郷土の先覚者書画、佐賀の江戸人名志

唐津藩の御用絵師としては、文化14年以降この地を治めた小笠原氏の絵師となった江戸の画家・長谷川雪旦(1778-1843)が知られている。雪旦は、40代で唐津藩小笠原家の御用絵師となり、藩主小笠原長昌と一緒に唐津に随行した時の道中の景観や様子を画帖に仕立てている。唐津には2度ほど滞在し、江戸ではあまり見ない構図や画題の漢画系の作品を残しているが、文政6年の長昌の没後は唐津藩とは疎遠になったようである。雪旦とその子・長谷川雪堤(1813-1819)は唐津に住むことはなかったが、雪堤の門人で長谷川姓を名乗った長谷川雪塘(1836-1890)は唐津に住み、この地で維新後に没している。

国立国会図書館には「雪旦・雪堤粉本」と称した、父子の大量の下絵、模写類の作品群が一括保存されている。それらによる近年の研究調査では、長谷川雪旦の師として長谷川雪嶺の名が確認されている。雪嶺は雪舟の十三代目を名乗る絵師で、雪旦の模写の中には、雪嶺や雪舟の作品が複数存在する。また、雪堤にも狩野派を含むそれに類する漢画系の模写がある。模写の中には、琳派風、円山四条派風、伝統的な仏画なども認められることから、父子は流派の枠を超えて、様々な絵を学んでいたと推測される。

雪旦の名前を一躍有名にしたのは、斉藤月岑が祖父・父を継いで三代で編纂した『江戸名所図会』に挿絵を描いたことによる。本書は、天保5年と7年の2度に分けて刊行されたもので、雪旦は650景にもおよぶ挿絵を描いている。子の雪堤も、相模国の名所旧跡のうち、徳川家康由来の事績を記録した地誌『相中留恩記略』に挿絵を描き、父親同様、名所図会画家として名を高めた。

長谷川雪旦(1778-1843)
安永7年生まれ。本姓は後藤、名は宗秀、俗称は茂右衛門、または長之助。別号に一陽庵、巌岳斎、岩岳斎、岳斎がある。住居は下谷三町橋(現台東区)で、元来彫刻大工と伝わっているが詳細はわかっていない。俳諧を好み、五楽という俳号で文人たちとの交流も盛んだった。斉藤月岑が祖父・父を継いで三代で編纂した『江戸名所図会』の挿絵を担当した。40代で唐津藩小笠原家の御用絵師となったが、その詳細は分かっていない。実際に唐津および周辺を歩いてスケッチを残しているようではあるが、文政6年の長昌の没後は疎遠となった。のちに法橋となり、晩年には法眼の位を得た。天保14年、66歳で死去した。

長谷川雪堤(1813-1819)
文化10年江戸生まれ。名は宗一。別号に梅紅、巌松斎などがある。画は父に学んだ。父親譲りの技量を発揮し、風景画や人物画を主とする作品を多く残している。幕府の地誌編纂係りとも繋がりのある相模国藤沢渡内村の名主・福原高峰の依頼により、相模国内の家康有縁の名所や旧蹟を記録した地誌『相中留恩記略』に挿絵を描いた。さらに『成田名所図会』にも挿絵を描いており、父親同様、名所図会画家として名を高めた。明治15年、70歳で死去した。

長谷川雪塘(1836-1890)
天保7年生まれ。奥州の人。本姓は清原。庄内藩松田稔左衛門の子。別号に永麟がある。安政3年20歳にして狩野永悳について絵を学んだ。慶応8年、長谷川雪堤の門人として唐津藩の御用絵師となり、姓を長谷川と改めた。廃藩後も唐津江川町に住み、一般の求めに応じて画を描いたため、唐津界隈に多くの作品が残っている。明治23年、54歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

草場佩川と多久の先覚者

2017-05-26 | 画人伝・佐賀


文献:佐賀偉人伝 草場佩川、多久の先覚者書画

早い時期から東原庠舎や多久聖廟が創建された多久では、文教の基盤が確立され、幕末から明治にかけて日本の近代化に貢献した先駆者を多く輩出した。多久生まれの草場佩川(1787-1867)は、詩歌書画にすぐれ、東原庠舎、弘道館の教授として多くの人材を育てた。その子・草場船山(1819-1887)は、幼いころから頭角をあらわし、東原庠舎の教授となり、さらにその子・草場金台(1858-1933)も書画にすぐれ、佩川、船山を継ぎ、学者として、文人として草場三代と称された。また、同じ多久生まれの石井鶴山(1744-1790)は、佐賀八代藩主・鍋島治茂に才学を認められ藩校弘道館の設立に参画し、藩主の顧問として優遇された。弘道館からは、明治新政府で活躍した佐野常民、島義勇、副島種臣、大木喬任、江藤新平、大隈重信らが出ている。

草場佩川(1787-1867)
天明7年多久町生まれ。肥前佐賀藩領の多久家の家臣・草場泰虎の二男。通称は瑳助。3歳にして母から口づてに習った国詩を暗誦したという。8歳で東原庠舎に入り頭角をあらわし、のちに弘道館で学んだ。画は江越繍浦に学び、特に墨竹を好んで描いた。23歳の時に江戸に出て昌平黌に入学、古賀精里に学んだ。文化8年には第12回朝鮮通信使を迎えるため対馬に派遣され、国書の草案や対応にあたった。東原庠舎、弘道館の教授となり多くの人材を育てた。詩歌書画にすぐれ、多くの作品、著書を残している。慶応3年、81歳で死去した。

草場船山(1819-1887)
文政2年多久町生まれ。草場佩川の長男。名は廉、通称は立太郎。東原庠舎で頭角を表し、19歳で東原庠舎の教官になった。天保12年江戸に遊学し、昌平黌の古賀侗庵に学んだ。昌平黌や大阪で多くの学者と交わり、帰郷後は東原庠舎の教授となり、そのかたわら私塾「千山樓」を開いた。安政2年再び京都に出て勤皇の志士らと交わった。伊万里に啓蒙塾を開いたが、まもなく西本願寺の招きにより京都に出た。多くの作品、著書がある。明治20年、69歳で死去した。

草場金台(1858-1933)
安政5年西町生まれ。草場船山の三男。幼名は謙三郎、字は士行。慶応元年東原庠舎に入学した。明治10年東京外国語学校に入学。明治12年陸軍参謀本部から北京に留学し、帰国後大阪鎮台で中国語を教授。のちに台湾総督府、朝鮮総督府などの通訳官をつとめた。隠居後は京都寺町頭に隠棲し、漢詩、絵画、彫刻三昧で、特に書画にすぐれ、佩川、船山を継ぎ、学者として、文人として草場三代と称された。書画には、絹本彩色の春景山水図、秋景山水図がある。昭和8年、78歳で死去した。

石井鶴山(1744-1790)
延享元年多久生まれ。名は有、字は仲車、通称は有助。幼いころから学問を好み、17歳で東原庠舎の塾頭となった。また、長崎諏訪神社神官青木某に伴われて京都に出て、高葛坡について学んだとされる。のちに佐賀八代藩主・鍋島治茂にその才学を認められ、藩校弘道館の設立に参画し、伴読国学教諭に任じられ、さらに藩主の顧問として優遇された。寛政元年藩主に伴い江戸に赴き、翌2年、摂津において病気のため47歳で死去した。

深江簡斎(1771-1848)
明和8年多久生まれ。通称は三太夫。弘道館に学び、弘道館監察をつとめ、のちに東原庠舎の教授となった。また邑の大監察、鉄砲物頭など諸役をつとめた。著書に多久の地誌『丹邱邑誌』(5巻)がある。嘉永元年、78歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

鱗が1枚欠けた蟠龍・御厨夏園による多久聖廟の天井画

2017-05-22 | 画人伝・佐賀


文献:肥前の近世絵画、郷土の先覚者書画、佐賀の江戸人名志

佐賀藩多久領四代領主・多久茂文(1669-1711)は、幼いころから学問を好み、18歳で家督を相続してからは、多久の人々の教育促進のため、学問所である東原庠舎や、孔子像を安置した多久聖廟を建立、文教の地の基盤をつくった。現在でも多久市は「孔子の里」としてその精神を受け継いでおり、多久聖廟は国の重要文化財に指定されている。

多久聖廟の天井には巨大な蟠龍が描かれており、多久の画人・御厨夏園(不明-1722)の筆とされる。蟠龍とは、とぐろを巻いている龍、天に昇りきっていない龍、うずくまって休んでいる龍のことで、夏園の描いた蟠龍には鱗が1枚欠けている部分がある。これは、まるで生きているような出来栄えの素晴らしさから、夜な夜な天井を抜け出しては人々を驚かすので、鱗を1枚はがして抜け出さないようにしたとの説や、あまりの迫力に龍が飛び去ってしまうのを恐れて鱗を1枚描かずに未完成にしてあるなど、さまざまな伝説が語り継がれている。

御厨夏園(不明-1722)
御厨家は嵯峨源氏の流れを汲み、その末裔。諱は守澄。画を狩野文周に学んだ。多久聖廟内陣の天井板面に蟠龍の巨画を描いた。龍画は朱墨で描かれ、縦12尺横9尺の大画である。門人として江口栄春がいる。正智軒様画像(茂文像)や正善寺の着色絹本仏涅槃図(多久市重要文化財)などの作品が残っている。生年は不明だが、80歳の時の作画が確認されている。享保7年死去した。

多久茂文(1669-1711)
寛文9年生まれ。佐賀藩多久領四代領主。佐賀藩二代藩主・鍋島光茂の三男。2歳の時に多久領三代領主・多久茂矩の養子となり、18歳で家督を相続、佐賀藩多久領四代領主となった。本藩では筆頭家老をつとめた。幼いころから儒学を好み、實松元琳を師として学問に励んだ。東原庠舎、多久聖廟を建立して政教の基本とした。以来、多久は文教の地として多くの人材を輩出した。正徳元年、42歳で死去した。

江口栄春(不明-不明)
「旧多久邑人物小誌」には御厨夏園の弟子とある。また、『多久諸家系図』の「源姓御厨氏系図」には夏園の養子とあり、夏園を継いだ多久の絵師とみられる。専称寺に落款署名のある「十王図」と「観無量寿経変相図」が残っている。


この記事をはてなブックマークに追加

二人の広渡心海と肥前武雄の絵師

2017-05-19 | 画人伝・佐賀


文献:肥前の近世絵画、郷土の先覚者書画、佐賀の江戸人名志

肥前武雄では、広渡雪山の弟にあたる初代広渡心海(1596-1685)が、武雄邑主のお抱え絵師として活躍した。心海の没後は、心海に嫡男がいなかったため、女婿の広渡武則に家督を継がせて絵師としたが、武則の嫡男・権八に子がなく、その技法を継ぐものもおらず、武雄での広渡家は一時途絶えてしまった。一方で、広渡家の支流として、初代心海に学んだ広渡一湖が長崎で唐絵目利となり、その職は代々世襲で継がれるようになった。武雄においては、幕末期になって、第28代武雄邑主・鍋島茂順が、家臣の中から絵の技量に優れた加々良良寛に広渡家を再興させ、2代広渡心海(1806-1888)を名乗らせた。その跡は、子の広渡三舟(1841-1931)が継いだ。二人の心海を区別するため、初代心海を法橋心海、2代心海を良寛心海と呼んでいる。また、白怒斎成真(不明-不明)とその子・温古斎柏山(不明-不明)も、第25代武雄邑主・鍋島茂昭に絵師として仕え、武雄鍋島家に襖絵などを残している。

広渡心海(初代)(1596-1685)
慶長元年生まれ。法橋心海。広渡雪山の弟。幼名は三弥。別号に幽甫がある。狩野洞雲の門人で、延宝2年から4年までの宮中新院造営の際には、狩野永真、狩野洞雲らと共に招かれ、内侍所、東の間に花鳥画を描いた。寛文4年には法橋に叙された。武雄邑主のお抱え絵師だったが、一時長崎に滞在し、熊本の末次小左衛門(広渡一湖)に画法を伝えた。貞享2年、90歳で死去した。

広渡心海(2代)(1806-1888)
文化3年生まれ。良寛心海。名は加々良良寛。藩武雄邑主・鍋島茂順の家臣・加々良上野守の末裔。江戸で狩野良信の門に学んだ。初代心海の娘婿・広渡武則の子権八に子がなく、心海の家系は途絶えたが、権八を継いで広渡心海を名乗った。法橋心海と区別するため、良寛心海と呼ばれている。明治21年、82歳で死去した。

広渡三舟(1841-1931)
天保12年生まれ。2代広渡心海(良寛心海)の長男。名は文太郎。別号に静嘯斉がある。父に狩野派の画法を学んだ。長崎の武雄屋敷に一年余り滞在し、この間、全国に配布された各種の植物を写生し、その技量の高さで人々を驚嘆させたという。山水花鳥を得意としたが、確認される作品の多くは晩年のもので、鍋島茂義の肖像画なども残っている。昭和6年、90歳で死去した。

白如斎成真(不明-不明)
本名は岩谷周助。名は守成。武雄25代邑主・鍋島茂昭に絵師として仕えた。武雄神社拝殿の合天井に描かれた絵は、白如斎、温古斎父子の筆によるものと伝わっている。また、武雄鍋島家の襖絵なども残っている。

温古斎柏山(不明-不明)
白如斎成真の子と伝わっている。武雄鍋島家の襖に父と描いたほか、杉戸絵などが多く残っている。


この記事をはてなブックマークに追加

佐賀藩三代藩主・鍋島綱茂とその時代の画人

2017-05-16 | 画人伝・佐賀


文献:鍋島綱茂の文芸、肥前の近世絵画、郷土の先覚者書画

肥前佐賀藩三代藩主・鍋島綱茂(1652-1706)は、博学で諸芸に通じ、才智無双の殿様として世人に称嘆されたという。幕府の学問を司っていた林家一門、殊に林鳳岡や人見竹洞と懇意にしており、鳳岡、竹洞の詩文集にもしばしばその名がみられる。二代藩主・勝茂の頃までは乱世の時代で、佐賀藩としても儒者を召し抱えることはなく、文章などを書くのは主に僧侶だったが、三代綱茂は学問を好み、詩や書画をよくし、自らも致徳斎と号して画をよくした。それに呼応するかのように綱茂の時代には絵師の名が多くみられる。佐賀市の「与賀神社縁起図」を描いた永永松玄偲(不明-不明)をはじめ、成富独幽、成富峰雪、医術で本藩に仕えながら達磨の画をよくした馬渡高雲らが活躍した。さらに、元禄期の一時期だが、中国から渡来した黄檗僧逸然の画風を汲む河村若元が綱茂に任用された。

鍋島綱茂(1652-1706)
慶安5年江戸生まれ。肥前佐賀藩三代藩主。二代藩主・鍋島光茂の長男。母は上杉氏。幼名は彦法師丸、のちに左衛門佐といった。号は致徳斎、休復、松柏堂、活水、静観堂、適和などがある。文学を好み、詩歌書画をよくし、将軍綱吉に面前で経書を輪講した。父・光茂の建てた「二の丸聖堂」を、西御屋敷に移し拡張するなど、文教の興隆をはかった。著書に『観頤荘記』がある。宝永3年、55歳で死去した。

永松玄偲(不明-不明)
友関斎の子。永松秀精の父。佐賀藩二代藩主・光茂は取り立てられ、延宝6年光茂の夫人に請われて「与賀神社縁起図」を描いた。鹿島市の普明寺に伝わる「涅槃絵」も玄偲の作と伝わっている。

永松秀精(不明-不明)
名は源左衛門。元鍋島弥平左衛門の家臣だったが、寛保2年に絵師として本藩に召し抱えられた。

成富独幽(不明-不明)
名は茂階。諫早三代領主・諫早茂敬の子。のちに成富兵庫助茂安の養子となり、佐賀成富家を名乗った。初代広渡心海に師事した。別号に白雲軒月階がある。

成富峰雪(不明-不明)
元禄の頃の人

馬渡高雲(不明-不明)
医を以って本藩に召された。達磨の画をよくした。元禄中頃の人。


この記事をはてなブックマークに追加

肥前佐賀藩の絵師たち

2017-05-12 | 画人伝・佐賀


文献:肥前の近世絵画、郷土の先覚者書画

肥前佐賀藩においては、初代藩主・鍋島勝茂、三代・綱茂、八代・治茂の代に比較的多くの絵師の名前がみられる。しかし、藩御用絵師の世襲、または門人らによる画風の継承はきわめて断続的だったようである。初代藩主の勝茂の時代には、葉山朝湖、狩野友巴、大園明政、小原友閑斎、広渡雪山らが藩の絵師として名前が残っているが、葉山朝湖(不明-不明)は、藩主の命によって江戸で狩野派を学び江戸に住んでいた時に、藩に対する謀反を企てていたことが発覚、嘉永14年頃に切腹、家系は断裂している。狩野友巴(不明-1654)の跡は門人の大園明政が継いだが、明政は明暦3年に勝茂に殉死したため、その後は続いていない。承応2年に藩絵師となった広渡雪山(不明-1674)も、佐賀本藩においてその跡を継ぐものはいなかった。明暦2年に藩絵師となった小原友閑斎(不明-不明)は、その系譜をつなげてはいたが、享保年間になって子孫の友閑が贋札を作ったことにより家系は断絶、一門による継承もなかった。

葉山朝湖(不明-不明)
龍造寺豊後守信親の二男。本名は藤井氏、のちに姓を葉山と改めた。通称は二介。藩主の命により江戸で狩野派を学び、絵師として仕え江戸に住んでいた。寛永14年頃、藩に対して不穏な謀計を企てたのが発覚、妻子郎党とも佐賀に送還され、のちに切腹を命じられた。唐の李瀚撰の書「蒙求」の故事を好んで描いていた。また、加藤清正の求めに応じて熊本城の障壁画を描いたとも伝わっている。

狩野友巴(不明-1654)
名は友坡、または宗俊。本姓は甲斐氏。朝鮮の役に従ったと伝わっている。承応3年死去した。

大園明政(不明-1657)
名は七兵衛。狩野友巴の門人。明暦3年初代藩主・鍋島勝茂に殉死した。

小原友閑斎(不明-不明)
名は有信。明暦2年より佐賀本藩の絵師となった。鍋島家所蔵の「河上之図」、佐賀市与賀神社所蔵の「七夕の図」などが知られている。

広渡雪山(不明-1674)
祖先は九州探題渋川氏の一族の家来で、藤津郡大草野に渋川氏が浪居するのに従って大草野に住んだ。父の弥左衛門は、画を得意とし、武雄城主・後藤家信に仕えた。雪山は、はじめ武雄鍋島家の絵師として仕え、のちに佐賀本藩の御用絵師となった。朝鮮の役に軍功があり、寛永14年の島原の役には、兄の万右衛門とともに絵図方として従軍したと伝わっている。兄の没後、その未亡人を妻として跡を継いだ。周継雪村の門人と伝えられ、雪村の画風を慕い、墨竹梅、山水をよくした。延宝2年死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

日本初のユネスコ世界記憶遺産・山本作兵衛の炭坑記録画

2017-05-09 | 画人伝・福岡


文献:山本作兵衛と炭鉱の記録、山本作兵衛展

筑豊炭田の中心地である嘉穂郡に生まれた山本作兵衛(1892-1984)は、7歳のころから親の手伝いで坑内で働きはじめ、以来50年以上を炭坑労働者としてヤマとともに生きた。当初は高度経済成長とともに発展していた炭坑だが、石炭産業合理化により衰退、閉山が相次ぐようになった。炭鉱の閉鎖により夜警宿直員として働いていた作兵衛は、消え行く炭坑の様子を子孫に伝えなければならないという思いから、66歳の時に墨絵による記録画を描きはじめた。その絵が関係者の目にとまり、『明治・大正炭坑絵巻』として出版されると、そこに描かれた炭坑労働の実態が多くの人々に衝撃を与えた。その後もさまざまは依頼に応じて炭坑画の制作を行ない、昭和59年に92歳で没するまでにる膨大な量の作品を描き続けた。没後の平成23年、記録画および日記や雑記帳などが、日本で初めてユネスコの世界記憶遺産に登録された。

山本作兵衛(1892-1984)
明治25年福岡県嘉穂郡笠松村(現飯塚市)生まれ。父の福太郎は遠賀川で川舟船頭をしていた。7歳の時、石炭の鉄道輸送開始に伴って仕事量が減り川舟船頭をやめた父につれられ、一家で上三緒炭坑に移住した。この頃から、兄と共に炭坑の仕事を手伝うようになり、家族とともにヤマを転々とした。17歳の時に絵描きになるべく、福岡市下新川端町のペンキ屋「ペン梅」に弟子入りし、暇あるごとに絵を描いていたが、父の病によりやむなく山内坑に戻ることになった。その後は各地の炭坑を転々とし、約50年を坑夫として過ごした。昭和15年から長尾位登炭鉱で働いていたが、昭和30年に閉山したため資材警備員として残り、2年後に本社事務所夜警宿直員になった。昭和33年、66歳の時に子孫のために消え行く炭坑の姿を描き残すことを思い立ち、炭坑の記録画を画用紙と墨で描くようになった。炭坑での労働や生活の一部始終が克明に記されたこれらの作品群は『筑豊炭坑絵巻』においてまとめられ、炭坑の記録画家・山本作兵衛の評価は確固たるものとなっていった。昭和59年に92歳で死去するまで残した記録画は1000点を超えるといわれる。そのうち、没後の平成23年、田川市と福岡県立大学が所蔵する記録画589点および日記や雑記帳など計697点が、日本で初めてユネスコの世界記憶遺産に登録された。

井上為次郎(1898-1970)
明治31年福岡県宗像生まれ。長崎から北海道までの炭坑を渡り歩いた。炭坑の絵を描きはじめたのは昭和32年に閉山となった笹原炭坑で働いていた頃と考えられる。残存する作品は18点と少ない。昭和45年、72歳で死去した。

原田大鳳(1901-1973)
明治34年生まれ。本名は観吾。10代後半から筑豊の大手炭鉱である貝島炭礦の保安員として働いた。20代の頃に福岡県飯塚市の画家に師事し、鯉の画を得意とした。昭和13年に社命により貝島炭鉱大之浦六坑の様子を描いた。昭和48年、72歳で死去した。

山近剛太郎(1902-1990)
明治35年生まれ。大正15年に貝島炭鉱に入社。若い頃から画に関心があり、坑内の様子をスケッチで残していた。昭和22年から24年頃に福岡で画塾を主宰していた洋画家・手島貢に師事した。昭和45年頃から本格的に炭鉱記録画に取り組むようになり、宮田町石炭記念館の開館に伴う炭鉱記録の作成にも関わった。平成2年、88歳で死去した。

島津輝雄(1927-1975)
昭和2年飯塚市生まれ。幼いころから両親について炭坑に下り、14歳で坑内作業員として働きはじめた。筑豊の炭鉱を転々とし、新目尾鉱の閉山を最後に坑内作業員をやめ、その後「炭坑は消え行く」と題した自叙伝を書き、その挿絵として記録画を制作した。昭和50年、48歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

タイガー立石と筑豊の画家

2017-05-05 | 画人伝・福岡


文献:多彩な美 田川市美術館の歩み、福岡県の近代絵画展福岡県西洋画 近代画人名鑑福岡県が生んだ画家たち展


炭鉱で栄えた筑豊地区は、戦中戦後の混乱期に石炭増産に沸き、中央から映画や芝居、漫画といった多くの大衆文化が流入してきた。戦後前衛美術の旗手の一人として活躍したタイガー立石(1941-1998)は、田川に生まれ、その特異な活気の中で多くのものを吸収し、作家としての素養を形成していった。上京後は「観光」を作品のキーワードとし、多摩川河原での観光芸術展や、東京駅での路上歩行展などを行なった。いかに観る者に喜びや驚きを与えるか、そのための仕掛けを生涯を通じて生み出し続けた。田川に生まれた石井利秋(1911-2001)は、郷里で炭鉱労働のかたわら制作を続け、当初は炭鉱をモチーフにした抽象的な作品を描いていたが、炭鉱を後世に伝えるという使命感に目覚め、昭和46年から女坑夫の姿や炭鉱災害の場面を具象で描くようになった。飯塚に生まれた立花重雄(1920-1995)は、ボタ山や炭鉱住宅などの風景をテーマに、黒く重厚な絵肌による炭鉱シリーズを発表、「ボタ山画家」と称され一躍名を高めた。飯塚で教員生活を続けた築山節生(1906-1986)と、直方で教員のかたわら自宅に画塾を開いた阿部平臣(1920-2006)は、ともに多くの後進を育て、筑豊の画家たちに大きな影響を与えた。また、筑豊からは織田廣喜、野見山暁治という著名画家も出ている。

タイガー立石(1941-1998)
昭和16年田川郡伊田町生まれ。本名は立石紘一。のちに立石大河亞と改名。昭和36年武蔵野美術短期大学芸能デザイン科に入学、卒業した昭和38年、読売アンデパンダン展でデビューした。翌39年には中村宏と「観光芸術研究所」を設立し、多摩川河原での観光芸術展や、東京駅での路上歩行展などを行なった。昭和40年からサイレント漫画を描き始め、昭和44年にイタリアへ渡ったあと、ストーリー性や時間的要素を取り入れたコマ割り絵画を展開。イタリアではイラストやデザインも手掛け、昭和57年に帰国した。油彩、シルクスクリーン、鉛筆、陶による作品に加え、漫画や絵本の制作など、多彩な分野で活動を行い、「観る」という行為から生じるコミュニケーションを促すための仕掛けを生み出した。平成10年、56歳で死去した。

石井利秋(1911-2001)
明治44年田川郡伊田町生まれ。三井尋常小学校卒業後、大正14年から約2年間、三井田川鉱業所で坑内雑夫として働いた。その後、画家を志して上京、昭和7年に日本美術学校洋画部に入学した。在学中および卒業後も大久保作次郎に師事した。昭和11年帰郷して再び三井田川に勤務した。以後は田川を離れることなく、炭鉱労働のかたわら制作を続けた。昭和12年、日本美術学校の先輩である田川在住の横山群らと、田川で初めての絵画グループ「彩人社」を結成。昭和21年、三井田川洋画同好会の結成に参加した。同会で、福岡学芸大学田川分校で教鞭をとっていた築山節生を招き、指導を受けた。31年モダンアート展に初入選、以後も出品を続け、昭和42年、会友となり福岡支部長。昭和44年に会員となった。この頃までは炭鉱をモチーフに抽象的な作品を描いていたが、炭鉱を後世に伝えるという使命感に目覚め、昭和46年から、女坑夫の姿や炭鉱災害の場面を具象で描くようになった。平成13年、90歳で死去した。

立花重雄(1920-1995)
大正9年福岡県飯塚市生まれ。少年時代から絵を好んだが、召集のため本格的に学ぶことはなかった。復員後、飯塚市で旅館や料理店を営むうち、絵への思いが再燃し、昭和30年に上京、同郷の田崎廣助に師事するとともに、中央美術学園に学んだ。昭和32年に卒業して帰郷、帰途に汽車から眺めた、見慣れたはずの郷里の炭鉱風景に衝撃を受け、ボタ山や炭鉱住宅などの風景をテーマに黒く重厚な絵肌による炭鉱シリーズを発表、折りしも筑豊から炭鉱が姿を消しつつある時期で、立花は「ボタ山画家」と称され、一躍名を知られるようになった。昭和39年日展で特選、昭和62年日展会員となった。昭和42年に初めて欧州を訪れ、スペインの街並みに炭鉱町に似た感覚を受け、以後は赤や黄の原色の太陽の下、哀愁を帯びた街並みを描いた。平成7年、75歳で死去した。

築山節生(1906-1986)
明治39年佐賀県唐津市生まれ。のちに釜山に移った。小学校を卒業後、北九州、大阪、東京など、職を変えながら渡り歩き、18歳頃に画家を志すようになった。大正14年朝鮮で小学校教員試験に合格、さらに苦学して昭和8年文部省施行の西洋画・用器画教員試験に合格した。翌9年から幾つかの師範学校で教鞭をとってのち、昭和22年福岡第二師範学校に赴任した。本校および分校で指導するにあたり、中間地点である飯塚に居を構え、同校が福岡学芸大学、福岡教育大学と名称変更するなか、昭和45年まで勤務した。27歳頃から宮本三郎に私淑し、二紀展に出品、昭和32年二紀会委員となった。昭和61年、79歳で死去した。

阿部平臣(1920-2006)
大正9年鞍手郡直方町生まれ。昭和14年東京美術学校油画科予科に入学、翌年本科に進んだが、昭和18年に戦時による繰上げ卒業となり帰郷した。田川中学校に就職した後、戦後は直方の中学校を転勤しながら教師生活を続けた。昭和25年から自由美術家協会展、昭和27年から春陽会展に出品していたが、その後は行動美術展に出品し、昭和37年行動美術協会会員となった。教師生活のかたわら、自宅に画塾を開いて多くの後進を育て、筑豊の画家たちに大きな影響を与えた。平成18年、85歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

寺田政明と福岡の異色洋画家

2017-05-01 | 画人伝・福岡


文献:生誕100年 寺田政明展、福岡県の近代絵画展近代洋画と福岡県福岡県西洋画 近代画人名鑑

福岡県八幡市(現北九州市)に生まれた寺田政明(1912-1989)は、16歳で上京、福沢一郎や松本竣介らと前衛美術運動を展開し、池袋モンパルナスの中心人物として活躍した。田川郡赤池町生まれの長末友喜(1916-1949)は、寺田のすすめで活動をともにし八幡市美術協会の設立に参加するなど地元でも活動していたが33歳で早世した。久留米市生まれの藤森静雄(1891-1943)は、恩地孝四郎らと一緒に創作版画運動の中心となって活動し、日本創作版画協会、日本版画協会の創設に参加するなど、日本版画の黎明期に活躍した。愛媛に生まれ北九州で育った柳瀬正夢(1900-1945)は、村山知義らと前衛的な芸術運動を展開。福岡市生まれの板谷房(1923-1971)は、東京美術学校卒業後に渡仏し、パリで藤田嗣治の知遇を得て生涯パリで活動した。大分に生まれ北九州市で育った平野遼(1927-1992)は、独学で洋画を修得、主体美術協会の創立に参加したが、のちに退会し無所属で活動、独自の画風を確立した。

寺田政明(1912-1989)
明治45年福岡県八幡市生まれ。幼い頃に怪我で入院した際、病院の庭で絵を描いている医師と出会ったことがきっかけで画家を志すようになった。16歳で上京、小林萬吾の同舟舎絵画研究所を経て太平洋美術学校に学び、ここで吉井忠、鶴岡政男、松本竣介、麻生三郎らと知り合った。また、画家や文士の溜り場だった茶房リリオムで長谷川利行、靉光らと出会った。昭和7年独立美術協会展に初入選、12年に同展協会賞を受賞した。昭和8年鶴岡政男らが結成したNOVA美術協会に出品、同年豊島区長崎に転居した。当時この地域には画家や文士が多く集まっており「池袋モンパルナス」と称されていた。この地で、詩人の小熊秀雄ら多くの画家や詩人と交遊し、さまざまな美術運動を展開した。昭和11年麻生三郎、吉井忠らとエコール・ド・東京を結成、同年前衛作家約80名により結成されたアヴァン・ガルド芸術クラブの発起人の一人となった。さらに、同年池袋美術家クラブを設立。昭和13年には、エコール・ド・東京を解散し、糸園和三郎、古沢岩美らと創紀美術協会を結成したが翌年解散。昭和14年に福沢一郎らと美術文化協会を、昭和18年には靉光、麻生三郎らと新人画会を結成した。戦後は、昭和24年に美術文化協会を脱退し、自由美術家協会に移ったが、昭和29年には同会を退会し、森芳雄、吉井忠らと主体美術協会を結成、以後同展に出品した。晩年は小樽運河の連作や樹木シリーズなど、詩情と哀感の漂う作品を制作した。昭和元年、77歳で死去した。

長末友喜(1916-1949)
大正5年田川郡赤池町生まれ。昭和6年嘉穂郡伊岐須高等小学校を卒業し、しばらく八幡製鉄所で働き、昭和9年花尾職業学校冶金科に入学した。昭和11年同校を卒業したが、翌年召集され中国山西省に赴いた。昭和13年帰国し、翌年再び八幡製鉄所に入社。昭和13年に福沢一郎らが創立した美術文化協会に翌年の第1回展から連続出品し、昭和21年会員となった。一方、地元でも製鉄所洋画部、北九州美術家連盟などで活躍。昭和21年の八幡市美術協会設立に際し、委員として参加した。昭和23年村田東作らと美術団体橄欖社創立したが、翌24年、33歳で死去した。

藤森静雄(1891-1943)
明治24年久留米市生まれ。明治43年中学明善校卒業後上京、白馬会原町洋画研究所に通った。翌44年東京美術学校予備科に入学、在学中に恩地孝四郎、田中恭吉と親しく交遊し、三人でしばしば竹久夢二と訪ねた。大正2年木版画制作を開始し、翌年恩地らと自摺私輯「月映」を創刊、大正4年の第7号まで刊行した。大正5年東京美術学校西洋画本科を卒業、父が町長を務める福岡県嘉穂郡飯塚町に戻り、一時台湾の中学校で教鞭についたが、大正11年まで嘉穂中学校の教員を務めた。大正7年に日本創作版画協会の創立に参加。大正11年に再上京し、15年から春陽会展に出品した。昭和3年からは版画のみを出品した。昭和6年に日本版画協会の創立に参加。その間、福岡日日新聞に連載挿絵を2度担当した。昭和15年帰郷し、以後は飯塚市に住んだ。昭和18年、53歳で死去した。

柳瀬正夢(1900-1945)
明治33年愛媛県生まれ。本名は正六。明治44年福岡県門司市に移り、市立門司小学校に転入。大正3年に上京して日本水彩画会研究所で学び、同年日本水彩画会展に入選した。翌年門司に戻り、院展入選。大正7年再上京して本郷洋画研究所に学んだ。大正10年未来派美術協会に参加。大正12年村山知義を知り、前衛的な美術運動に共鳴、マヴォ結成に参加した。翌年三科造形美術協会発起人となった。この頃から社会主義思想に傾き、労働運動に関わって油絵制作から遠ざかった。昭和1年プロレタリア芸術連盟創立に参加、中央委員となった。ほかにもナップ、前衛座、日本漫画連盟などの創立に参加。文芸誌や機関誌の装丁や挿絵、舞台装置考案などでも活躍した。昭和6年日本共産党に入党、翌年逮捕され、昭和8年治安維持法違反で有罪判決が下り、活動を制限され画家生活に戻った。昭和20年、新宿駅空襲の時に焼夷弾を受け、46歳で死去した。

板谷房(1923-1971)
大正13年福岡市生まれ。北崎高等小学校から小倉師範学校に学び、2年間教職についたのち東京美術学校図画師範科に入学。昭和27年に同校を卒業し、翌年渡仏し終生のほとんどをこの地で過ごした。藤田嗣治の親交を得て、昭和29年2人で「猫展」を開催。翌年パリで第1回個展を開き、エルサレム美術館、在パリ日本大使館、カーネギー財団に作品を買い上げられた。サロン・ドートンヌ、ル・サロンに出品。昭和38年フランス政府から芸術院賞を授与された。昭和46年、48歳で死去した。

平野遼(1927-1992)
昭和2年大分県佐賀関町生まれ。すぐに福岡県八幡市に転居。昭和15年徴用令のため造船所で働き、終戦後は住居を転々としつつ米軍のポスター描きや似顔絵描きをした。昭和24年新制作派協会展に独自に編み出した蝋画が初入選。同年前衛美術展に出品した。昭和25年帰郷して小倉にアトリエを構えた。翌年自由美術家協会展に入選、以後出品し、昭和33年会員となったが、昭和39年同会を退会して、森芳雄、大野五郎らと主体美術協会の創立に参加したが、昭和50年に同会を退会、以後は無所属で活動した。平成4年、65歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

自己の信じる写実に徹した高島野十郎

2017-04-27 | 画人伝・福岡


文献:没後30年 高島野十郎展、福岡県の近代絵画展近代洋画と福岡県、西洋絵画への挑戦-洋風画から洋画へ,そして

久留米生まれの高島野十郎(1890-1975)は、昭和50年に85歳で没するまで、どの団体にも属さず、福岡と東京で開いた数少ない個展を唯一の発表の場とした。「画壇と全く無縁になる事が小生の研究と精進」との信念のもと、美術の流行や画壇の趨勢には見向きもせず、自然のみを師とし、自己の信じる写実に徹した。生涯でその名が広く知られることはなかったが、近年開催された展覧会によって、その独自の画境が知られることとなり、自己の信念に誠実に生きた生涯が人々を魅了し、多くの愛好家を生み出した。

大正期から長年に渡り描き続けられた「蝋燭図」は、個展で発表することなく、知人や友人に分け与えられた。野十郎自身は生涯を通じて「絵は売り物ではない」という信念のもと活動していたが、東京帝国大学時代の学友たちがパトロンとなり絵を購入したり、知人に斡旋したりして活動をささえた。友人たちは、野十郎の絵が世に知れ渡り、彼の生活が維持できるようにと奔走したが、「高島野十郎」の名を生前に高めることはできなかった。

高島野十郎(1890-1975)
明治23年福岡県三井郡合川村(現久留米市)生まれ。本名は弥寿、字は光雄。裕福な醸造家の四男。父は南画をたしなみ、叔父の大倉正愛は東京美術学校西洋画科を出た洋画家。さらに長兄の詩人・高島宇朗は青木繁との交流があり、幼少時から絵に対する関心が培われる環境にあった。美術学校への進学を志したが、父の許可が得られず、明治45年東京帝国大学農学部水産学科に入学した。大正5年同学科を首席で卒業し、研究者としての前途を嘱望されたが、画家への道を選んだ。絵は師や画塾に学ぶことなく、すべて独学で、初期から一貫して細密な写実を手掛けた。坂本繁二郎ら久留米出身の画家たちとは交流があった。昭和3年、間部時雄や五味清吉らと「黒牛会」を結成、特定の芸術的主張を掲げたのではなく、互いの研鑽を計る少人数の集いにすぎなかったが、野十郎にとっては生涯唯一のグループ活動となった。

昭和4年、39歳の時に美術研究のために渡欧し、数年間欧州に遊んだ。アメリカを経由してパリに滞在、ドイツやオランダ、イタリアへも足を伸ばした。現地でも誰かに師事することなく、欧州に滞在していた日本人画家と交流することもなく、ひとり美術館や教会を見て周り、現地での制作に勤しんだ。昭和8年に帰国し、その後は故郷の福岡から東京の青山、そして千葉県柏市へと居を変えながら、小さなアトリエと旅先を行き来する生活を続けた。団体展などには出品せず、個展だけを発表の場とし、あまり他の画家たちと交わることもなかった。昭和50年、85歳で死去した。



この記事をはてなブックマークに追加

上田宇三郎と福岡の異色日本画家

2017-04-25 | 画人伝・福岡


文献:福岡県の近代絵画日本画 その伝統と近代の息吹き、久野大正水墨画展

戦後の福岡での最初の美術運動といわれる「朱貌社」は、洋画家の宇治山哲平、赤星孝、山田栄二と、日本画家の上田宇三郎(1912-1964)、久野大正(1913-1987)によって、昭和22年創設された。同社は新しい時代が求める新しい表現を、ジャンルを越えて探求しようとしたもので、この運動の中で上田も久野も独自の水墨画表現を展開することとなった。また、熊本に生まれ宗像郡で活躍した甲斐巳八郎(1903-1979)は、福田平八郎や菊池契月に学んだのち、独自の水墨画の世界を確立、主に個展を中心に活動した。八女郡生まれの井上三綱(1899-1981)は、坂本繁二郎に学び、洋画の技法を日本画の世界に持ち込み、和洋折衷の画風を確立、海外で高い評価を受けた。

上田宇三郎(1912-1964)
大正元年福岡市芥屋町生まれ。大正7年一家をあげて福岡市下名島町に移転した。のちにグループ「朱貌社」を結成することになる赤星孝、久野大正とは、大名尋常小学校、福岡中学校での同窓だったが、昭和4年に同中学を病気退学した。同年、京都在住の日本画家・平川晃生に師事し、気候のよい春と秋は平川宅へ、夏と冬は福岡で療養するという生活をしばらく続けた。戦後間もない昭和20年、西部美術協会の結成に参加。おなじく参加していた宇治山哲平が宇三郎の作品に目を留めたことがきっかけで、昭和22年宇治山哲平、赤星孝、久野大正、山田栄二と「朱貌社」を結成した。以後28年の解散まで出品し、同年代の洋画家たちとの交流の中で、大胆な輪郭線とやわらかい色彩で表現する抽象的画風を確立していった。昭和34年には日本表現派の会員となり、以後毎年出品。墨の濃淡と限られた色によって、樹木や水の流れを描き出し、意欲的な制作活動を展開していたが、病のため、昭和39年、52歳で死去した。

久野大正(1913-1987)
大正2年福岡市天神町生まれ。昭和5年に福岡商業学校を卒業後、南画家・小柴春泉に数年間学んだ。のちに三岸節子を知り、新制作協会に出品するようになった。昭和15年ペインターとして上海に渡り、終戦とともに帰国して福岡に住んだ。昭和22年上田宇三郎らと朱貌社を結成。また「如月会」水墨画グループを主宰し、後進の育成とともに発表の場とした。墨を生かした抽象的作品を描いた。昭和62年、74歳で死去した。

甲斐巳八郎(1903-1979)
明治36年熊本市生まれ。有田工業学校図案絵画科を卒業後、大正11年に京都市立絵画専門学校に入学、福田平八郎、菊池契月に師事した。昭和2年に卒業後、中国山西省の雲崗石窟調査隊に参加。宗像郡で2年間の教師生活の後、昭和5年に中国東北地区に渡った。満州鉄道社員会報道部に所属して、中国各地の風俗をスケッチを添えて伝えるほか、中国の自然風土や人々の生活から受けた感銘を日本画で表現した。中国での生活は18年近くに及び、終戦後の昭和22年、妻の郷里である宗像郡福間町に引き揚げ、この地に永住した。昭和23年から再興美術院展に出品し、院友となったが、昭和30年を最後に出品をやめ、福岡県美術協会への参加や個展など、地元の活動に専念した。昭和54年、76歳で死去した。

井上三綱(1899-1981)
明治32年福岡県八女郡古川村生まれ。9歳の頃、村芝居で演じられた絵師・又平の姿が、絵を描く動機となった。大正8年に小倉師範学校を卒業後、母校の教師となるが、翌年本格的に画を学ぶために上京。本郷絵画研究所で学んだのち、昭和元年フランスから帰国した坂本繁二郎を訪ね、師事した。坂本を終生の師と仰ぎ、また青木繁にも尊敬の念を抱き続けた。大正5年に帝展初入選、以後も7回帝展、新文展に出品した。また、牧雅雄に彫刻を学び、日本美術院展に彫刻作品を2度出品した。昭和5年頃から日本画や書に親しみ、昭和14年頃からは万葉の世界をモチーフとした作品も手掛けるようになった。昭和25年から国展に出品し国画会会員になったが、昭和36年同会を退会、以後は無所属として活動した。晩年には屏風形式の作品にも取り組み、文字の生まれる過程や古代の音の響きを表現する作品も制作。東洋思想を墨色で表現した画風は海外でも注目された。昭和56年、82歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

児島善三郎と福岡の独立美術協会

2017-04-22 | 画人伝・福岡


文献:田園の輝き児島善三郎、福岡県の近代絵画展近代洋画と福岡県北九州市立美術館コレクション 1974-1991

日本の自然風景を装飾化、様式化することによって「児島様式」と呼ばれる日本的洋画を完成させた児島善三郎(1893-1962)は、昭和5年二科会を脱退し、日本のフォビスムを旗印に同志14名とともに独立美術協会を創設した。児島の活動拠点は東京だったが、独立美術協会を通じて多くの後進に影響を与え、福岡には児島に続く独立画家たちが多く現れ、そのグループを核にして福岡の洋画壇は活性化していった。福岡の独立美術協会の画家としては、粕屋郡生まれの赤星孝、福岡市生まれの山田栄二、青柳暢夫、大牟田市生まれの藤岡一、粕屋郡生まれの熊代駿、大宰府生まれの井上寛信、筑後市生まれの下川都一朗、それに高知県生まれで戦後に福岡に来て早世した今西中通らがいる。

児島善三郎(1893-1962)
明治26年福岡市中島町生まれ。紙問屋児島本家の当主・児島善一郎の長男。中学修猷館3年生の時に絵画同好会「パレット会」を作り、2歳年下の中村研一やその弟・琢二らと活動した。卒業後は画家を志望したが、父の許しが得られず、長崎医学専門学校薬学科に進学したが、ほどなく中退、店の売り上げを持ち出して家出して東京に向かった。大正3年岡田三郎助の本郷洋画研究所で二ヶ月ほど学び、東京美術学校を受験するが失敗、以後は師につくことなく独学で画を学んだ。大正10年二科展に初入選。翌年には二科賞を受賞するなど順調な歩みをみせるが、大正14年基礎を学ぶため渡仏。約3年の滞欧の後、昭和4年には二科会会員となるが、翌年脱退。西洋の模倣ばかりでなく、日本人は日本人の絵画を持つべきだとの信念のもと、同志たちと独立美術協会を結成した。洋画に学んだ基礎の上に、南画や琳派の研究によって得た作風を取り込み、日本の自然風景を、装飾化、様式化して描いた。活動の拠点は東京だったが、独立美術協会を通じて多くの後進に影響を与え、福岡には児島に続く独立画家が多く現れた。また、昭和8年の筑前美術会や昭和15年の福岡県美術協会結成にも大きな役割を果した。昭和37年、69歳で死去した。

足達襄(1911-1999)
明治44年福岡市中央区生まれ。中学修猷館在学中、福岡県商品陳列所で開催された児島善三郎の滞欧作品展に感銘を受け、画家を志すようになった。卒業後に上京、昭和5年帝国美術学校に入学、清水多嘉示に師事した。翌年、児島らが結成した独立美術展第1回展に初入選し、以後も出品を続け、昭和23年独立美術協会会員となった。この間、福岡独立作家協会の結成に参加。戦前は東京に住んでいたが、戦後は帰郷し大宰府にアトリエを構え、独立展の主要画家として、地元でも精力的に活動し、松田諦晶主宰の来目洋画道場の講師もつとめた。昭和32年には筑紫野市に筑後芸術学院を開設、後進の指導につとめた。平成11年、88歳で死去した。

山田栄二(1912-1985)
明治45年福岡市上新川端町生まれ。中学修猷館を卒業後、画家を志し上京。昭和8年二科展に、翌年独立展に初入選した。以後は発表の場を独立展に定め、昭和13年に独立賞を受賞、昭和22年には独立美術協会会員となった。また、同年、赤星孝、上田宇三郎、宇治山哲平、久野大正と5名による「朱貌社」を結成、約6年間、講習会や展覧会を続けた。昭和28年、朱貌社の解散とともに渡仏、約5年パリで学んだ。さらに昭和48年にも再渡欧し、昭和57年には滞欧15年を記念して福岡で大個展を開催した。73歳で死去した。昭和60年、73歳で死去した。

赤星孝(1912-1983)
明治45年粕屋郡古賀町生まれ。福岡中学校を卒業後、昭和7年に上京、武蔵野美術大学で学んだ。同年独立展に初入選し、昭和15年に独立賞を受賞、昭和23年に独立美術協会会員となった。昭和16年召集され、久留米で4年間の兵役生活を送る中、戦時下の必勝美術展覧会会合で坂本繁二郎に出会い、これを機に八女のアトリエを訪れるようになり、私淑した。「朱貌社」の結成にも参加、昭和24年には福岡県美術協会の再興に参加するなど、福岡の美術界活性化に貢献した。昭和58年、71歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

古賀春江と福岡の二科会

2017-04-20 | 画人伝・福岡


文献:福岡県が生んだ画家たち展福岡県の近代絵画展、西洋絵画への挑戦-洋風画から洋画へ,そして

大正3年、文部省展覧会から分離して、在野の洋画団体として二科会が誕生した。その創立会員に久留米出身の坂本繁二郎が名を連ねていた関係で、坂本を慕う同郷の若い画家たちの多くが二科会に参加した。こうした画家たちの筆頭が、久留米生まれの古賀春江(1895-1933)である。古賀は、当時の日本に新潮流として紹介されるさまざまな表現を吸収し、新しい表現を追求、前衛画家として活躍した。また、最も深く坂本に心酔していたのは、浮羽郡生まれの伊東静尾(1902-1971)で、伊東は最後まで久留米にとどまり、福岡の若手による二科西人社の創立に参加するなど、指導者として多くの後進に影響を与えた。この伊東の努力により久留米に二科会の大きな拠点ができ、山本和夫、上野与一郎、安達実夫、大石隆、酒見敏雄、川原貫一らが二科展を舞台に活躍した。一方、福岡地区での二科会の中核は福岡市生まれの伊藤研之(1907-1978)だった。伊藤は、二科会九室会で早くから有能な新人として注目されたが、中央に進出することなく、郷里福岡で終生二科会の発展のために尽力した。この地区からは、粕屋郡生まれの今長谷巌、福岡市生まれの真隅太荘などのほか、終戦直前にビルマで戦死した佐賀県生まれで福岡市に移り住んだ椎野修らがいる。

古賀春江(1895-1933)
明治28年久留米市寺町生まれ。本名は亀雄。父は久留米市浄土宗善福寺住職。明治43年中学明善校に入学した頃から松田諦晶に画を習い始め、2年後には明善校を中退して上京、太平洋画会研究所で学び、大正2年には日本水彩画会研究所に入り、石井柏亭に師事した。上京後も松田を兄のように慕い、松田らが結成した来目洋画会の展覧会にも毎年のように作品を送り続けた。大正6年に二科展に初入選、以後落選が続いたが、大正11年に二科賞を受賞、同年中川紀元、浅野孟府ら二科展出品の若手作家13人によるグループ「アクション」を結成した。初期には水彩画を好んで描いていたが、二科賞受賞頃から油彩画にも力を注ぐようになり、キュビスム、表現主義、構成主義、シュルレアリスムなど、当時の日本に新潮流として紹介されるさまざまな表現を吸収し、作品に昇華させていった。昭和5年に二科会会員となった。詩作にも才能を発揮し、画作と連動した詩を多く発表するなど、独自の境地に評価も高まっていたが、昭和8年、38歳で死去した。

伊東静尾(1902-1971)
明治35年福岡県浮羽郡水縄村生まれ。本名は静。中学明善校在学中に画家を志し、大正8年に同校を中退して上京、日本美術学校に入学した。大正13年に同校を卒業し、その後は久留米に戻り終生この地に住んだ。同年、フランスから帰国して間もない坂本繁二郎を訪ね弟子入りを志願したところ、画友ならいいという返事をもらい親交を深めた。翌年には来目会展に出品し、松田諦晶との交友も始まった。坂本、松田の影響もあり二科展に出品するようになり、昭和8年に初入選、昭和29年に二科会会員となった。初入選の翌年には福岡の若手による二科西人社の創立に参加し、中心的な役割をになった。また、昭和24年には自宅に江南画塾を開き、毎年展覧会を開催するなど、後進の育成につとめた。昭和46年、68歳で死去した。

伊藤研之(1907-1978)
明治40年福岡市大名町生まれ。中学修猷館で美術部に所属し、大正12年に初めて福岡に巡回展示された二科展に感銘を受けた。卒業後、昭和4年に早稲田大学に入学すると、寄宿先の近くにかつて二科展で作品を見て惹かれた酒本博示がおり、指導を受けて本格的に絵を勉強するようになった。昭和5年に1930年協会展に出品、翌6年に二科展に初入選、昭和13年二科会の前衛的な画家による九室会の創立に参加した。昭和15年には二科特待賞を受賞、同年上海に渡り、画作を続けながら昭和21年まで過ごしたのち郷里に帰った。昭和26年には二科会員となり、昭和33年からは福岡支部長をつとめ、終生二科会の発展のために尽力した。昭和53年、71歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

実直な写実を貫いた中村研一と福岡の官展系洋画家

2017-04-18 | 画人伝・福岡


文献:中村研一回顧展、福岡県の近代絵画展、西洋絵画への挑戦-洋風画から洋画へ,そして、福岡県西洋画 近代画人名鑑

宗像郡生まれの中村研一(1895-1967)は、東京美術学校で岡田三郎助に師事し、早くからその才能が注目され、卒業の年には帝展に初入選した。美校在学中から留学を希望し、大正12年についに渡仏したが、パリ画壇で湧き起こっていた新表現を標榜する潮流には目も向けず、モーリス・アスランに私淑して実直な写実を学んだ。帰国後も手堅い写実による人物画などを発表し、在野の二科や独立の画家たちが、西洋の新しい手法を取り入れて勢いを増すなか、確固たる技術を守るべきだという姿勢を貫き、官展の重鎮として活躍した。実弟の中村琢二(1897-1988)は、東京帝国大学経済学部を卒業後、フランスから帰国した兄に勧められ画家として立つことを決意、安井曾太郎に師事した。兄とは異なりマチスを愛し明るい色彩と簡潔は筆致で独自の画風を開拓した。ほかに福岡の官展系の洋画家としては、八女郡生まれで文化勲章を受章した田崎廣助、京都郡出身の遠山五郎、鞍手郡生まれの山喜多二郎太をはじめ、倉員辰雄、福田新生、手島貢、萩谷巌、高宮一栄、木下邦子、加治邦子、高野達、高田力蔵、伊勢幸平らがいる。

中村研一(1895-1967)
明治28年宗像郡南郷村生まれ。郷里の宮田村尋常小学校から東郷高等小学校を経て、明治42年中学修猷館に入学した。在学中に2年先輩の児島善三郎に誘われて絵画同好会「パレット会」に参加し絵に親しんだ。大正3年に同校を卒業、美術学校進学を希望したが父の許可が得られず、三高受験準備の名目で京都に出て鹿子木孟郎の内弟子になった。翌年孟郎の口ききにより父から美術学校受験の許可を得て上京、岡田三郎助が主宰する本郷絵画研究所に学び、同年東京美術学校西洋科に入学した。大正9年に同校を卒業し、同年帝展に初入選、翌年特選を受賞した。美校在学中から留学を希望しており、大正12年ついに渡仏、モーリス・アスランに写実を学んだ。昭和3年に帰国し同年から帝展に2回連続で特選、昭和5年には帝国美術院賞を受賞した。以来、戦後の日展まで官展で活躍、昭和33年からは日展常務理事をつとめた。また、昭和3年からは光風会会員として光風会にも所属した。戦後は美術団体連合展、現代日本美術展にも出品。昭和25年日本芸術院会員となった。昭和42年、72歳で死去した。

中村琢二(1897-1988)
明治30年新潟県佐渡郡生まれ。中村研一の実弟。明治39年、9歳の時に祖父母や兄研一のいる福岡県宗像郡の郷里に移住した。明治44年中学修猷館に転入、兄や児島善三郎に影響されて油絵を始めた。大正13年東京帝国大学経済学部を卒業。昭和3年にフランスから帰国した兄に勧められ本格的に絵筆を握ることを決意し、兄の紹介により昭和5年安井曾太郎に師事、同年から二科展に連続入選した。昭和12年には安井らが創設した一水会展に出品、昭和16年一水会の新文展参加に伴い、第4回新文展に出品し特選を受賞した。昭和17年一水会会員に、昭和21年同委員となった。昭和28年一水会展出品作で芸能選奨文部大臣賞を受賞。昭和38年日本芸術院賞、昭和56年日本芸術院会員に推挙された。日展では、昭和55年に日展参事、昭和57年からは日展顧問をつとめた。昭和63年、90歳で死去した。

田崎廣助(1898-1984)
明治31年八女郡北山村生まれ。本名は廣次。八女中学時代に図画教師・安藤義重に勧められ美術学校進学を志すが、父に反対され、大正5年福岡師範学校に入学した。翌年卒業して教員となったが、画家への思いが再燃し、大正9年県立高校への転任の話を捨てて上京、本郷駒本小学校の図画教師をしながら坂本繁二郎に師事した。関東大震災を機に京都に移り、大正15年二科展に初入選、いったん再上京したのち、昭和7年に渡仏してパリにアトリエを構えた。約3年間の滞在ののち帰国し、昭和11年に創設された一水会に第1回展から出品、昭和14年に会員となった。昭和36年日本芸術院賞を受賞、昭和42年芸術院会員。昭和50年文化勲章を受章した。昭和20年代終わり頃から始まる阿蘇山の連作をはじめ、大自然の崇高を象徴する山々を描き続けた。昭和59年、85歳で死去した。

遠山五郎(1888-1928)
明治21年京都郡豊津村生まれ。明治41年県立豊津中学を卒業、軍人を志すが病気のため断念、画家を志して上京し、白馬会洋画研究所に入った。翌年東京美術学校西洋画科に入学。在学中に文展に初入選。大正3年に同校を卒業して米国経由で欧州に向かおうとしたが、第一次世界大戦のためやむなく大正8年まで米国に滞在し、翌年パリに渡りアカデミー・ジュリアンやアカデミー・コラロッシで学んだ。大正11年帰国し、同年の帝展で特選を受賞、翌年中村研一らの金塔社展にも出品した。同社の光風会合流を機に同年光風会会員となった。昭和3年、41歳で死去した。

山喜多二郎太(1897-1965)
明治30年鞍手郡山口村生まれ。植木尋常小学校から直方高等小学校に進み、明治42年早良郡に移り、草ケ江高等小学校を経て、明治44年県立福岡工業学校に入学した。大正4年同校卒業とともに上京し、東京美術学校西洋科に入学、藤島武二に師事した。在学中に寺崎広業にも師事した。大正9年同校を卒業、同年から帝展に入選を重ね、昭和9年に特選、翌年の二部会展で文化賞特選を受賞、昭和12年文展無鑑査、昭和33年日展評議員となった。大正14年から光風会展にも出品、昭和33年光風会理事となった。また、筑前美術会、福岡県美術協会の結成に参加した。晩年は水墨画の手法を取り入れた独自の画風を展開した。昭和40年、68歳で死去した。

倉員辰雄(1900-1978)
明治33年八女郡上陽町生まれ。郷里の尋常小学校に入学したが、2年生の時に両親とともに朝鮮に渡った。大正初頭、単身帰郷して県立中学明善校に学び、大正8年同校卒業とともに台湾銀行に就職。大正12年同行を退き、画家を志し、大正14年東京美術学校西洋画科に入学、岡田三郎助に師事した。昭和4年同校を卒業、同年から帝展に入選を重ね、昭和10年二部会展文化賞特選、翌年から新文展で3回連続で特選を受賞した。昭和35年日展評議員となり、創元会常任委員もつとめた。昭和53年、78歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加

筑前洋画の先覚者・吉田嘉三郎とその後継者・吉田博

2017-04-14 | 画人伝・福岡


文献:近代洋画と福岡県福岡県西洋画 近代画人名鑑、西洋絵画への挑戦-洋風画から洋画へ,そして、福岡県立美術館所蔵品目録

筑後洋画の先覚者が森三美なら、筑前洋画の先覚者は吉田嘉三郎(1861-1894)だろう。大分県生まれの嘉三郎は、京都で田村宗立に学んだのち、上京して彰技堂で本格的に西洋画を学んだ。明治22年に福岡市に移り、中学修猷館で教鞭をとったが、のちに生徒だった吉田博(旧姓上田)を養子に迎えて後継者とした。吉田博(1876-1950)は、養父と同様に京都で田村宗立に学び、のちに上京して小山正太郎の不同舎に入った。不同舎では、青木繁、坂本繁二郎の先輩にあたる。吉田は明治美術会系の洋画家として活動、明治35年には太平洋画会の創立に参加した。また、文展には明治40年の第1回展から出品、同じ福岡県出身で東京美術学校卒の庄野伊甫(1876-1958)とともに福岡県の官展系の先駆者となった。以後、太平洋画会研究所を通じての生徒だった示現会の光安浩行、太平洋画会の多々羅義雄や佐々貴義雄らがそのあとに続いた。

吉田嘉三郎(1861-1894)
文久2年大分県中津生まれ。旧中津奥平藩士。中津中学校に学んだのち、明治10年に京都に出て田村宗立に西洋画を学び、さらに明治19年上京して彰技堂の本多錦吉郎に学んだ。この間、内国勧業展覧会、国絵画共進会などに出品した。中津中学校の助教諭を経て、明治20年に福岡に移り、明治22年から25年まで中学修猷館で助教諭として勤務、同校美術部の初代部長をつとめた。のちに生徒だった吉田博(旧姓上田)を養子に迎えて後継者とした。著書に「大成習画帖」などがある。明治27年、33歳で死去した。



吉田博(1876-1950)
明治9年久留米市生まれ。明治12年に浮羽郡に転居。吉井小学校に入学したが、明治20年に一家をあげて福岡市に転居した。中学修猷館に学び、当時同校の図画教師をしていた吉田嘉三郎に画才を見込まれ養子となった。明治26年に京都に出て田村宗立に入門。この頃三宅克己と知り合い水彩画を描き始め、三宅の勧めで翌年上京して不同舎に入った。明治30年頃に明治美術会会員となった。明治32年1回目の欧米遊学し2年後に帰国。翌年太平洋画会の結成に参加した。明治40年第1回文展から出品して3等賞、翌年から連続2等賞を受賞し、明治43年から審査員をつとめた。帝展審査員も3度つとめ、その後、二部会展、新文展に連続出品した。大正9年新版画の版元の渡辺庄三郎と出会い、木版画を手掛けるようになり、海外での展覧会も開催した。昭和8年筑前美術協会の創立に参加、昭和11年足立源一郎らと日本山岳画協会を結成した。昭和13年から3年連続で従軍画家として中国に赴いている。昭和22年太平洋画会会長となった。山岳風景を好んで描き、取材のため内外を幾度となく旅行した。昭和25年、74歳で死去した。

庄野伊甫(1876-1958)
明治9年福岡市生まれ。東京美術学校西洋画科に入り、浅井忠に師事した。明治33年に同校を卒業したが、明治39年まで同校研究科に籍を置き、洋画を研究した。その間、明治34年明治美術会展、翌年パリ世界大博覧会に入選。また明治36年の内国勧業博覧会で褒状を受け、翌年ルイジアナ世界大博覧会に入選した。明治40年の第1回文展に入選。在京中は、夏目漱石、高浜虚子、中村不折、石井柏亭らと交友があった。大正初頭に帰郷し、大正11年大分県日田中学に図画教師として赴任し、昭和8年まで勤務。同年帰郷して西公園下に住んだ。昭和28年日展に入選したものの、晩年は県美術協会会員としての県展出品が主な作品発表の場となった。昭和33年、82歳で死去した。

光安浩行(1891-1970)
明治24年福岡市席田郡生まれ。中学修猷館を卒業後上京して太平洋画会研究所に入り、中村不折、岡精一に師事した。大正9年に帰郷したが、大正14年に再上京して翌年帝展に初入選した。昭和16年新文展無鑑査、25年日展特選を受賞し、昭和42年日展評議員となった。また、太平洋画会にも出品し、昭和4年から太平洋美術学校教授をつとめた。昭和22年示現会の創立に参加した。昭和45年、79歳で死去した。

多々羅義雄(1894-1968)
明治27年福岡県能古島生まれ。明治34年姪浜尋常小学校を卒業。明治43年佐賀県小城町に移り、洋画を学びはじめ、放浪中の青木繁を知った。同年画家を志して上京、満谷国四郎に師事し、かたわら太平洋画会研究所に学んだ。明治45年から太平洋画会展に入選を重ね、大正8年会員に、昭和25年代表になった。大正2年文展初入選、以後入選を重ね、大正7年特選を受賞、昭和5年帝展無鑑査となった。昭和27年光陽会を創立、のちに初代会長となった。昭和43年、74歳で死去した。

佐々貴義雄(1890-1987)
明治23年東京浅草生まれ。号は不屈。明治38年不同舎に入門、翌年には太平洋画会研究所に入り、中村不折に師事した。大正2年から不折の紹介により桂五十郎陶磁器コレクションの図録を5年間にわたり描いた。大正14年太平洋美術学校教授に就任。昭和8年文展無鑑査となった。昭和13年、14年の2回従軍画家として、吉田博とともに中国各地をスケッチした。昭和23年に大牟田に移住し、私設美術研究所を開設。翌年二科十朗に染色を学び、以後福岡県展工芸部門に出品した。昭和37年大牟田綜合美術工芸部常任委員に、昭和42年に福岡県工芸美術家協会会員となった。また、同年太平洋美術会関与となり、昭和53年には同会の西日本支部長となった。昭和62年、97歳で死去した。


この記事をはてなブックマークに追加