辰姫と私 ~石田三成の娘「辰姫」の研究~

石田三成の娘”辰姫”の真実を伝承するブログです。あと仏教のエッセイとオマケ(管理人の日常)。

ブログ更新が滞っていたワケ

2017年07月11日 18時29分29秒 | オマケ (管理人の日常)
 ブログの更新が滞ってしまいました。いつも私のブログを見て下さっている皆様、申し訳なかったです。

 実は・・・数日前に交通事故にあってしまったんです。
 車の追突事故です。私は”追突された方”です。
 車で信号待ちをしていたら後ろから「ドンッ!」と・・・。完全な”もらい事故”です。

 世間でいう”ムチウチ”というヤツです。
 首と肩の痛みと時折ある指先の微かなシビレ・・・。
 その為、ブログを書けませんでした。

 ・・・私のブログを好んで下さる方々、本当にすみませんでした(泣)。


 私は今、42歳。”後厄”の年です。言うまでも無く昨年は本厄。
 昨年は持病の腰痛と、当時の職場・仕事(仕事内容や人間関係全て)で心身ともに限界に追い込まれ退職し数カ月も療養と治療を要したし・・・今年はこれで二度目の交通事故(実は三月にも、もらい事故にあっています)。
 命を落としかねない出来事も1つ2つありました。

 もしかしたら・・・世間でいう”厄年”ってやつは本当にあるのかもしれませんね(苦笑)。
 ・・・それでもあまり信じていませんけど。


 たしかにこの2~3年(前厄・本厄・後厄に当たっています)、心身にも経済的に境遇的にも、本当に予期せぬ事態や打撃を受けていますが・・・結果的により良い方向に向かうキッカケになったり、新たな気付きや戒めや発見になっています。

 厄年は”今まで貯めてしまった厄を落とす(業(今まで自分のした事の善悪)の清算)”と言われています。
 それに従えば、この厄年に当たる期間に自分にみまわれた困難や災難は「この40年間の自分のやってしまった事を考えれば致し方ないか」と思っています。
 ・・・いや、「命があるだけありがたいのかもしれない」とすら思っています。それほど、私の業(特に若かりし頃の行いや過ち)は深いものですから・・・(ヤンチャでしたからね・・・ホント・・・)。

 そう考え、しみじみ思っています。
 「今までの業を考えれば、今の自分は命を没収されてもおかしくないだろう・・・この数年の災難は業の清算かもなぁ・・・。いや、もしかしたら・・・本当はこの厄年期間で命を没収されるはずだったのかもしれない。それでもこうして生きてられるってのは・・・”生かされている”のかもしれないな・・・」と。

 そして「生かされているって事は、自分にはまだ”やるべき役目”があるのかもな・・・」と思ったりもするのです。


 善い行いを心掛け過ごしつつ、一家の主として家族を守り、救う事。
 辰姫の真実解明と伝承と労わり(供養)。

 この二つが真っ先に思い浮かんだのです。


 ・・・いささかスピリチュアル的にとらえられてしまうかもしれませんが、素直にそう思っています。


 ・・まぁ、そんな事で、ブログの更新が滞いていた次第ですが、ブログは継続しています。
 これからも皆様、よろしくお願いいたします(私の日常より辰姫に関心を持っていただけたら本望です!!)。


【追記】
 私はブログ内に仏教系の記事も書いていますが、現代の宗教団体やTVの超常現象など一切信じておらず、属する気も毛頭ありません。あしからず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私が組織の中で仕事(看護師... | トップ | さる七夕。辰姫の墓参りに行... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む