辰姫と私 ~石田三成の娘「辰姫」の研究~

石田三成の娘”辰姫”の真実を伝承するサイトです。あと仏教のエッセイとオマケ(管理人の日常)。

東楊寺に私の作った辰姫紹介文を置いて頂ける事になりました

2017年08月11日 15時35分41秒 | エッセイ (辰姫と私)
 先月の事ですが、毎月墓参りに行く辰姫の墓のある群馬県の東楊寺の副住職様のご好意を頂き、東楊寺の本当の入り口に、私の作成した辰姫(の墓)の紹介文を書いたプリントを置いて頂ける事になりました。


 寺を訪れた方が自由に持ち帰れるよう、一枚のプリントに辰姫の人生の要約・紹介と、辰姫の墓の紹介文をA4サイズにまとめました。
 とりあえず300枚用意し、本堂入り口(本堂に入って目の前にあるテーブル)に置かせて頂いています。

 副住職様も喜んで下さって、8月のお盆に東楊寺(群馬県太田市尾島町)では、辰姫・津軽家との縁で姉妹都市という事で”ねぷた祭り”が催されるので、「お盆のねぷた祭りの時には沢山の方に持って帰ってもらえるでしょう」と嬉しい言葉を頂けました。
 辰姫の墓に手を合わせて下さる方もきっと今よりは増えるでしょう。
(辰姫に「よかったですね」と思う一方、少しヤキモチを抱いてしまいます・・・年甲斐も無く・・・)

 小さな働きかもしれませんが、辰姫の墓のある東楊寺の存在、辰姫の存在が一人でも多くの方々に伝える活動が一歩前進した事には違いないと自分では思っています。

 副住職様には喜んで頂けましたが・・・辰姫は喜んでくれているだろうか・・・
 そんな事を想ってしまいました。

 東楊寺へは不定期ですが毎月辰姫の墓参りに行っているので、その都度、プリントは補充させて頂こうと思っています。


 一人でも多くの方が辰姫の存在を知って下さる事を願ってやみません。
 その気持ちは辰姫研究を始めた頃から微塵もあせません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまに、こんな事を考えたり... | トップ | 仏教と密教とは »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセイ (辰姫と私)」カテゴリの最新記事