くっくとなっちと理の巣穴

もにゃ~うにょ~プスプス。

おなかプー、ほかほかあちち

2017-07-06 22:26:16 | 子供
おなかプー、ほかほかあちち、のっちー、食べたらなくなる、ちってゆー、ちっぱーい。

シャンケンポーン。

少し前に2才の子供が歌っていた。やきいもじゃんけんの歌である。

元歌の歌詞は、省略するが、2才の子供には、上記の歌詞に変換されていたらしい。

最近は、きちんと歌えるようになったが、いろいろな事を幼児語に変換して話すのが、すごくかわいいなぁ~。

それでいて、時々、びっくりするような、きちんとした言葉を突然話すのことにも笑ってしまう。
お店のガチャガチャの前で、「ねぁ~お金ないのお金は。」。「今、仕事しているからじゃましないでくれる。」「あそんでいるから、あっちにいってな。」など・・・。

吹き出してしまう。

1歳のやっと歩きだしたころも可愛かったが、今もかわいいなぁ~。

当たり前だが、いつか大人になるのだろう。

自分の両親も、こういう気持ちだったのだろう。

自分は、幸せな幼少期を送っていたのだと、つくづく思う。

そうか・・自分は、幸せな家庭で育ったんだ・・。

両親も、自分も、妹も、弟も、祖母も、祖父も幸せだったんだ・・・。

夢で実家が良く出てくるが、20代も頃に引っ越した、家ではなく、たいてい子供の頃の家が出てくる。

せまい家だった。汚い公宅だった。夏は、蚊帳を釣って寝た。井戸水でよく断水した。

冬は、物置から、雪の中に飛び降りた。

近くに店が無く、ショッピングバスが週に何度かやってきた。

しかし、一番幸せな頃だったのかもしれない。

その家ももう無い。周囲は団地が造成され、全く変わり、子供の頃遊んだ、小川も、森も、原っぱも、沼ももうない。

カエルも、オタマジャクシも、ヤゴも、クワガタも、コオロギも、もういない。

記憶の中だけの風景である。

もう戻れない、場所、時代である。

タイムマシンがあれば、もう一度見たい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社長になったあいつ。 | トップ | デイサービス・・時が止まっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子供」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。