国内旅行

全国を旅して、素敵な場所を紹介していきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

筆甫(ひっぽ)の親王桜(宮城県)

2007年09月23日 11時36分19秒 | 旅の写真
筆甫の親王桜は、薬師堂の境内にあり、「親王桜」と呼ばれるウバヒガン桜です。
ウバヒガンはエドヒガンの別名です。この桜も又伝説があり、
建武2(1335)年、陸奥守・北畠顕家(あきいえ)が
義良(のりなが)親王(後醍醐天皇第8王子)を伴い
この地に訪れた際に植えたものと伝わっています。
樹齢は推定で670年以上とされています。結構、古い名木桜の一つです。
町の天然記念物に指定されていて、この桜のある場所は 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田58 薬師堂です。この桜も見学するだけの値打ちがありそうです。いつか、見てみたい桜の一つです。

私のホームページのアドレスです。
http://www.h6.dion.ne.jp/~ando821/
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一心行の桜 | トップ | 藤路の桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。