“笑顔で毎日”

あまり笑わなくなったような気がする まずは鏡を見て「笑顔」で 毎日を過ごそう。

きゅうりの奈良漬け 追加5本 =失敗=

2017年07月16日 14時08分19秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

きゅうりが安くなってきました。

きゅうりの奈良漬けとして

塩漬けを 5本しました。

2017.7.11~7.16(失敗です)

今回は 「テキトー」で行きます

だいたいの目分量 の塩加減です。

 酒粕が足らないかな。。。?

 

 

 3日までは 水もあがり良かったのですが

 1本が 茶色くなり それは引き上げて

 4本で 続行したけど

 4日目には 茶色くなりました。

 断念です

 前回のは 塩が20%で 途中で

 齧って 辛いので 今回 塩を少な目で

 重しが 2.5kgと ペットボトル1.8Lを

 3本したので 重すぎた

 きゅうりが つぶれたか?

 暑さのせいか?

干してみましたが

切ってみると 中実は大丈夫な所と

つぶれた所がありました。

捨てようかと思いましたが

皮を切り取り いい所だけを 酒粕に

漬けてはみました

どうなるかな?

 2017.7.11~7.16

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボールペン当る

2017年07月14日 23時39分15秒 | おまけ・懸賞・賞品

久々に 懸賞です。

ボールペンですが 当りました。

これは 2本目です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りんご酒

2017年07月13日 17時31分59秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

りんご酒

 りんご    510g

 氷砂糖   110g

 レモン    1個

 ホワイトリカー  900ml

 

 2017.7.13

1.りんごはあらって

  8等分に切って

   芯は取り除く

  皮剥きレモンと ホワイトリカーに漬け込む。

 

  りんごの皮は そのまま剥かない

 

今回は 「レモン」上手に皮剥きが

  出来ました。

  リンゴの皮を剥くように 丸くむけば

  良かったのね。

  時間も 前みたいにかからないで

 するする剥けました。 

 

 りんご酒(小)左 これはオレンジとミックスにします。

 オレンジは来週にしかこないの リンゴ酒だけ先に漬けてます。

 

 りんご酒は 入れ物が4Lの瓶しか残ってませんでした。

 ゆったり 浸かってます。

 

 リンゴもすぐに 黒くなりますね。

 バナナも 桃も実のみ入れてますが

  すぐに 黒くなりました。

黒くなった果実は 「キッチンペーパ」でこすと

 いいようです。

 また これも研究よね~

 

 2か月で レモンを引き上げ

 6か月で りんごを引き上げる。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良漬けの作り方

2017年07月12日 21時29分50秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

「奈良漬けの 漬け方」

  白うり              2kg

  酒粕(ウリと同等)       2kg

  砂糖ザラメ (ウリの20%) 400g   

  塩 (ウリの20%)      400g

  2017.6.29~2017.7.5

 白うり 2kg

 

 

 1.白うりは 洗って 

 

ヘタを切り落とし

  縦に半分に切る

  中の 種とワタをスプーンで くり抜く

乾いた布で 水気を拭く

 

2.白うりのくぼみに 塩を入れる

 その時少し 塩をけずり取る

 (水分が少ないと 柔らかいウリにはならない)

 

 

 

3.漬物容器に 切り口を上にして

   縦・横と 置いて行く

 落し蓋をして 重石を置く

 重石はウリの重さの 2倍(4kg)

  2.5kgの重石と 1.8Lのペットボトル2本でしました。

      2017.6.29

 

4.水が上がったら 重石を半分にする。

1日目で かぶるくらいに水が上がりました。

2日で 1日目の倍 水が上がりましたので

重石は 2.5kgのみにしています。

塩が多い為か? 半分に切っている為か?

きゅうりよりも 水の上りが 早いです。

 

5日目です。

たっぷりの塩水に浸かってます。

 

 

5.1週間程 漬けこんだら 

 漬けこんだ「塩水」で軽く洗う

 乾いた布で しっかり水分をとる

 

6.半日 日陰で干す。

※梅雨の合間を見つけて 干す

 雨が降りだしたので 風通しのいい所に

 置いて 扇風機の風を当てた。

 

 下漬け

7.酒粕とザラメを 混ぜ合わせる。

8.漬物容器に 漬物用のビニールを敷く。

 容器の1番下に 2cm位酒粕を敷く。

 

9.ウリの 切り口が下に向くように

 並べる。

 1段したら その上に酒粕を敷く。

繰り返して 漬けて行く。

 

10.1番上も きっちりフタをするように

  酒粕を敷く。

11.ビニールを酒粕に密着させ 空気を

抜きながら 口を輪ゴムで止める。

12.フタをして 暗所に半年以上置いておく。

  広告紙をまいてフタにした。

 

2017.7.5 

※ 酒粕とザラメを混ぜておくと ザラメが溶けてきて

  水分のようになった。

  始めてだが 塩漬けの期間が1週間にしたが

  どの位がいいのか?

  塩加減は どうだろうか?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

果実酒たち その後

2017年07月11日 13時51分57秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

果実酒 1日目です

みんなキレイですね。

あれ? 桃ちゃんの液が少し濁ってますか?

果実酒4日目です。

バナナ酒は気をつけて ゆすってますから

まだ キレイですかね?

 

濁る子たちは 桃ちゃんと バナナちゃん

皮を剥いているのと 柔らかい実の為だから

しょうがないですね。

 

5日目 濁る。。。なぁ

   キッチンペーパーなどで こせばいいらいいけど

     3~6か月は このままかな?

 

黄色はキレイですね。

毎日 見て ゆすって 楽しみです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レモン酒

2017年07月10日 17時00分01秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

レモン酒

レモン(アメリカ産)    4個  242g

氷砂糖(レモンの20%)      82g

レモンの皮       約2個分

ホワイトリカー            400ml  

 

 

1.レモンは綺麗に洗う

2.皮を剥く 白い綿は丁寧の取り除く

3.皮を剥いたレモンを切って

 四等分に切りました。

 

  氷砂糖と皮は入れて ホワイトリカーを

  注ぎます

4.皮は 1週間後に引き上げます

  皮は入れ過ぎると 苦くなる。

   2017.7.18皮を取り出しました

 

5.レモンは2~3か月後に 取り出す

レモンもみかんのように 皮を剥ける事に

 始めて気が付きました。

 ※今まで 包丁でざっくり切ってました。

   実の所も取れてしまいますね

 綺麗に 剥けば 綿の部分もきれい取れます。

 しかし 面倒くさかったです

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きゅうりの奈良漬け

2017年07月08日 12時43分00秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

きゅうりの奈良漬け

  ウリの奈良漬けの前に 練習で

 きゅうりを漬けます。

 2017.5.25~

 きゅうり               600g(追加440g)

 塩(きゅうりの15%)       90g

 酒粕(きゅうりの同等)      1Kg

 砂糖(ザラメ きゅうりの15強%) 150g

   下漬け

1.きゅうりをきれいに洗って

 キッチンペーパで 水気を拭きとります。

 

 

2.きゅうりを つけもの容器に入れ

  塩をふる。

 ※ここで 問題です。

 きゅうりが長くて つけもの容器に

 入りません

 こんな時は どうするんでしょうね?

 切る訳にもいかず 無理にねじ込みました)

 

3. 2.5kgの重しをしたが 

 

 追加で2Lの

  ペットボトルを重しとして使う。

 きゅうりは 水が上がるのが早いと

 思ってましたが 半日経っても

 水が出る様子がないので

 もう1本 ペットボトルを追加!

 

  水が上がってくるのを待つ

  3~10日

  (ぺちゃんこになる位が良い)

4.1日経ちました。

 水が上がって来てます。

 長かった きゅうりもようやく

 全部 水に浸かりました。

 ※ 容器 大き目を買ったけど

   入らないもんですね。

   重しも 重め買ったけど 足りなかったね。

 

5.4日目ですが ペタンコまでには

 なってない感じですね。

漬物用の大きい容器が ウリ漬けに必要な為

 きゅうりは 小さい容器に移動

 

軽い重しをして 天日干しをする為

このまま お天気になるのを

待ちます。

 

 

6.下漬けした きゅうりをさっと洗い

 水気を切る。

 (干す為に 晴れ間まで待つので

  その間は塩漬け状態)

 ビニール袋で作る きゅうりの奈良漬け(5本)失敗の為

  ここに 追加でいれました。

  2015.7.1 追加しました。

 

6.半日 日陰干しをする。

 晴れてきたので 干すことにしました。

  1週間漬けたのと 4日と一緒ですが

※漬ける時間は 2~10日とまちまちなので

 これも 自分の感覚ですか??

始めて 竹網使用~♪

竹にそのまま干すのは どうかなと思い

布を敷いてます 洗えるしね。

このまま 様子を見て ひっくり返します。

 

 

こんな感じになりました。

 

  酒粕床を作る

  2017.7.2

6.酒粕・砂糖を入れて よく混ぜる

 

 

7.容器に 酒粕を敷いて

 きゅうりを 漬けて行く。

8.表面にサランラップをする

 そのまま 寝かせる。

  新聞紙・広告の紙などで巻く

 

このまま置いてましたが

容器一杯なので

汁が出てしまいました。

 

 

 2017.5.25からの塩漬けから始まり

 途中のビニールで奈良漬けを失敗して追加

 (塩漬けを食べてみましたが

  しょぱかった~

2017.7.2 酒粕に漬けてました。

2017.7.11 1本食べてみました

 しょぱいですが もう食べれますね。

 後のは もう少し漬けておきます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラム酒(紅大石早生)

2017年07月07日 17時41分12秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

プラム酒(紅大石早生)

 プラムも色々 種類がありますね。

プラム     250g    (302円)

氷砂糖    60g

レモン    半分

ホワイトリカー  400ml  (640円)

 

1.プラムを洗って 水気を切って

 まるのまま入れ

 氷砂糖と入れて ホワイトリカーをそそぎます。

2.レモン皮とワタをとって1番上に入れる。

  ※レモンは1か月後に取り出します。

3.実は1年後に取り出します。

 

※レモンを入れても 入れなくもいい

 酸味をプラスして 美味しくなる。

 酸味の弱い果実に入れる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パイナップル酒

2017年07月07日 15時44分35秒 | 梅・らっきょう・漬物・果実酒

パイナップル酒

 パイナップル    600g

 氷砂糖        100g (20%をもっと少なくしました)

 レモン(半分)

 ホワイトリカー    900ml

 

1パイナップルは  実だけ使います。

 (皮も入れる事もあるそうで。。。

   香りが付くそうです。)

  少しいれました

  皮は1週間後に取り出す。

 

2.パイナップルと氷砂糖を

交互に入れて レモンは 皮とワタを取り入れます。

ホワイトリカーをそそぎます。

 

3.2か月後に レモンとパイナップルを取り出します。

 

4.3か月以降から 飲めます。

 

 取り出した パイナップルは

 ドライパイナップルに出来るそうです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豪雨でした。

2017年07月06日 19時39分43秒 | 日常

昨日は

 と雷 が すごかったです

最近は 台風よりも

雨の時の方が 雨と風がすごいです。

どうなってるんでしょうか?

 

心配していただきありがとうございます。

大丈夫でした。

 

福岡県 大分県の川の氾濫がありました。

被害にあわれました方に お見舞い申し上げます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加