★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

石炭火力のCO2を2割減 関電など6社 アンモニア混ぜ燃焼

2017年03月02日 | 原発
石炭火力のCO2を2割減 関電など6社
アンモニア混ぜ燃焼
日本経済新聞 朝刊 1面
2017/3/2 2:30
 関西電力や中部電力、大阪ガスなど6社は、石炭火力発電所が出す二酸化炭素(CO2)を2割以上減らす技術の実用化で連携する。アンモニアを混ぜて燃やすことで石炭の使用を減らす。既存設備の改修が必要で発電コストは3割ほど上昇するが、他の電源よりも安いという。2017年に実証実験を始め、20年代初めの実用化を目指す。

 アンモニアは燃やしてもCO2が出ない。新技術を老朽施設に採用すれば、開発中の次世代石炭火力並みに排出量を減らし、投資も抑えられる。電力などが保有する70基に導入すると、日本の年間排出量の約3%に相当する4000万トンを減らせると試算している。

 北海道、東北、中国の電力3社も含む6社は、アンモニアのエネルギー利用を進める政府の研究プロジェクトに参加。東北大学などの成果を応用し、アンモニアを石炭と混ぜて効率よく燃やす技術の確立を目指す。アンモニアが燃えたときに出る窒素酸化物(NOx)を抑え、既存の浄化設備で対応できるようにする。

 CO2の排出が多い老朽施設を改修した場合、発電単価は1キロワット時あたり約7円になる見通し。原子力発電の約10円や天然ガス火力の約14円などよりも安いとみる。

 石炭火力は安価だがCO2の排出が多く、欧州では規制を強めている。日本では全発電量の3割を占めており、原発の再稼働に時間がかかる中、政府は安定電源と位置づけている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロート製薬、歯ぐき再生成分... | トップ | 欧州における右翼政党の台頭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。