★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

がん免疫薬「キイトルーダ」、2月中にも発売l

2017年02月09日 | 医薬
がん免疫薬「キイトルーダ」、2月中にも発売
2017/2/8 12:31 日経

 厚生労働省は8日開いた中央社会保険医療協議会(中医協)で米製薬大手メルクが開発したがん免疫薬「キイトルーダ」の薬価(公定価格)を1日当たり3万9099円(年間約1400万円)とする案を提示し、了承を得た。これを受けてメルクの日本法人は2月中にも発売する見込みで、小野薬品工業の「オプジーボ」のライバル薬となる。


米製薬メルクのがん免疫薬「キイトルーダ」が日本でも肺がんに使えるようになる
 超高額の薬価が問題視され2月から従来の半額となったオプジーボの薬価に準拠した。体重50キログラムの患者にオプジーボを使用した場合なら同額だ。
 ただ、患者の体重によって投与量が異なるオプジーボに対し、キイトルーダは肺がんの場合、体重にかかわらず投与量は同じで済む。その効果は臨床試験で確認済みだ。このため、体重によってはオプジーボとキイトルーダの薬価は違いも出てくる。

 例えば体重60キログラムの肺がん患者がオプジーボを使うと年1700万円かかるが、キイトルーダは1400万円と割安になる。逆にオプジーボは同40キログラムなら1100万円となり、キイトルーダの方が割高になる。日本人の平均体重は50キログラムを超えるため、キイトルーダの方が安くつくケースが多くなりそうだ。

 メルクの日本法人はキイトルーダがオプジーボよりも有用性が高いとして厚労省に薬価の加算を求めていたが、これは却下された。

 メルクの日本法人はピーク時の売上高を年544億円、使用人数を年7300人と予測している。仮に使用実績が上振れた場合は現行ルール上、薬価を大幅に引き下げることが会議で確認された。

 すでにキイトルーダを販売している海外では米国が5万5573円(日本の1.4倍)、ドイツは5万2174円(同1.3倍)の薬価となっている。英国は3万8824円と日本と同水準だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米貿易赤字 日本2位に 16年... | トップ | 【拡散希望】37年続くアカデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医薬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。