中山間地楽農研究所

定年を機に自然と農業に憧れて中山間地に飛込 如何にして手抜で高齢で農業を続けて行けるか苦闘の合い間の息抜きの記録

沈黙の人達

2017年05月16日 18時41分04秒 | 日記

 

今日は診療所に持病の投薬に林道を通って向かいました

途中の右手に椎の木が一本生えていて 

その樹の下は椎の木が自分で落とした枯葉で

地面が見えない位に積もって居る場所が有ります

其処を通る度に酵母や菌類達で溢れているのかなーと

想像しながら そして横目で見て通過して居ました

今日も同じように同じ場所に目をやって

金色に光るキンランを見つけました


キンラン (ラン科) 絶滅危惧Ⅱ類



キウイフルーツ

キウイフルーツの花が咲きだしました 

開花と並行して人口受粉をしますが 午後から実施しようとキウイの棚下に行ったのですが 雄花の開花した物が少なかったので明日以降に延期しました 雌雄同時に咲く事は無く毎年ずれが生じています


アヤメ

寂しく 一輪だけですが咲きました

 

長渕剛 ローディー

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も朝がやって来た | トップ | 夏が来る »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サユリスト)
2017-05-17 16:54:25
キンラン!!すごーい 十数年前、我が家のご先祖様の眠る墓地のすぐ近くで偶然発見して喜び勇んで我が家の庭に植えてみましたが開花してくれたのは翌年だけ。以来お目に掛かかっておりません。ただ蘭は、気まぐれなので忘れた頃に突然開花することもあるので微かな期待を捨ててはおりません。この蘭の場合、開ききった花弁を観ることは稀なようで私自身見たことがありません。よほど棲息環境が良いのでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。