中山間地楽農研究所

定年を機に自然と農業に憧れて中山間地に飛込 如何にして手抜で高齢で農業を続けて行けるか苦闘の合い間の息抜きの記録

出会った頃の二人に

2017年01月25日 19時59分55秒 | 日記

今日も寒くて目が覚めました

寒い時は外に出て力仕事をするに限ります 

今日のメーンの仕事は 裏山の手入れです 萱や灌木を刈り払い機で

地際から刈り取っていく作業ですが 過去に植えた苗木の生育状態を観察しながら

作業を進めます

生育の悪い物には 頑張ろうと声掛けして先へ進みます

生育の悪し物は声掛けすれば 徐々にその遅れは取り返して

山を緑や赤に覆って呉れるようになります

然しどうしようもなく悲しいのは 害獣達に食害されたり折られたりして

生長できないまでに ダメージを与えてしまう事なのです

上の画像はモミジですが

既に枯れこんで居て 救いようが有りませんでした・・・・・残念です

鹿の害は食害だけではなく 枝の上に有る葉っぱを食べようとして

背伸びして体重を枝に掛けて折ってしまうのです

是までに大きく成るまでにはこれでも4-5年は経過して居ます 

時を無駄にしてしまったと

悲しく成る時です

 

エンドウ豆

ここ2-3日は寒い日が続いて居るので エンドウ豆の越冬も大変の様なので

霜除けをして上げました

霜よけと言っても 笹の枝を伐って来てそれを3-4本エンドウ豆の上に

覆いかぶさるように地面に挿しただけの物です

実施前

実施後

実施後

 

長渕剛 出会ったことの二人に

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長渕剛 - ALL RIGHT  | トップ | Together Again  »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シネマ 「沈黙」 (福川雅治)
2017-01-27 17:12:12
今日、友人の病気見舞いの帰りに映画「沈黙・サイレンス」を観て参りました。半世紀近くも昔、原作を読んでいたので興味深く観入ってしまいました。日本を代表するカトッリック作家である遠藤周作原作の同名小説を映画化した作品です。まさに遠藤文学の核心であるテーマをよくぞここまで映像化出来たもんだなーと感じいってしまいました。でも、出来ましたらこの作品を観る前に是非とも原作を読むことをお勧めします。内容の密度が濃いので一度観ただけでは理解しきれないと思います。私自身もう一度観たいと考えております。宗教にこだわることなく観て頂きたい作品です。
ありがとうございました (セニョール)
2017-01-27 19:04:55
コメントありがとうございました
インフルエンザが蔓延して居ますので 成るべく人込みに行かない様にして 罹患しない様に注意して下さい


街中で生活して居る孫達も とうとう2人がインフルエンザに掛かって仕舞い おばあちゃんが出動要請を受けて看病に行っています
暫くの間 忙しい思いを余儀なくされて居ます
おばあちゃんもインフルエンザを貰わないで欲しい物だと願っています
P・S (福川雅治)
2017-01-28 12:09:22
こちらこそ毎回ブログの内容には全く関係のないコメントを掲載して下さり有難うございます。それにしても昔は良かったなー 映画館も今日のような入れ替え制ではなかったので次の再上映時間までのあいだは、館内をぶらぶらしていればもう一度観ることが出来た。特に意味の難解な文学作品や洋画などは、二度、三度繰り返し観ることで、内容やキャストの細かい演技まで気付くことも多々ありました。その点では、誠に良き?時代であったかと懐かしくなります。話変わって今、全国的にインフルエンザが大流行しているようです。私も毎年末、予防接種を受けております。特に家庭内では抵抗力の弱い子供が持ち込む事例が多いようです。はしかや結核等の絶滅したかと思うような病まで話題になっております。この機会に手洗い、うがいの習慣を身につけることが肝要かと思われます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。