社長のひとり言

趣味である登山の感想や
家族、日常的な出来事について

鬼怒沼山行

2017年10月14日 11時31分39秒 | Weblog
10/11,12の一泊二日で山友会の秋の定例山行
「鬼怒沼山と加仁湯温泉」に参加して来ました。





※「オロオソロシの滝」展望台からの紅葉
 



女夫渕に近づくにつれ紅葉が始まり
登山道では6~7割の色づきでしたよ。
同じくらいの標高なのに、先週の「三本槍岳」の時とは違い
平坦が多いコースなのに暑くて、暑くて汗をかいて歩きました。
(山の天気って難しい・・・)





作成中
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくろうカフェ

2017年10月10日 17時19分48秒 | Weblog
昨日の休み、山にも登りたかったですが
明日から山友会の「鬼怒沼」山行があるので
前から欲しかった合羽橋道具街へ中華の蒸籠を買いに行きました。
買い物の後、浅草で久しぶりに「もんじゃ焼き」を食べ
プラプラ歩いていたら「ふくろうカフェ」を発見
1ドリンクで30分@500円だったので入って見る事に・・・。





※メンフクロウのメンちゃん


吸い込まれそうな瞳をしています。
たくさん触らせてくれましたよ。


色んな種類のフクロウさん達がいて
夜行性なので半分は寝ていたようでしたが
ケンカしたり、その仕草を見ているだけで楽しいのです。
OZと言うお店でしたが、うさぎやハリネズミ、モモンガなんかも居て
30分と言う短い時間でしたが癒されました。


今度は静岡県にある「花鳥園」に行ってみたいと思っています(笑)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三本槍岳

2017年10月05日 17時44分42秒 | Weblog
昨日の休み、那須連山最高峰の「三本槍岳」1,917m
に登って来ました。(約1ヵ月半ぶりの登山)


朝、4時過ぎに家を出て高速道路も使わず
国道294をひたすら北上・・・でも4時間ちょっとで那須に到着
高速を使った時とあまり変わらない





※那須ゴンドラ



JAFの半額クーポンがあり、2人で往復1,600円でした。
今回はインチキ登山です。









天気予報では晴れになっていたのですが
雨が降って来ました(涙)





※登り始め


ゴンドラを降りて右に行くと
三本槍岳の登山口になります。



雨具を着こんでのスタートです。




※ゴヨウつつじ展望台コース


しばらくはハイキングコースになっていて
ツツジのシーズンに行くと良いかもです。







登山道の始まり





※最初に飛び込んできた紅葉



鮮やかです。




※分岐1



平日のせいか、天気のせいか
2組の登山客しか登ってません
休憩中、話をした年配のご夫婦は「煙草屋旅館」に泊まる予定だとか。




雨は降ったり止んだり




※分岐2



8年前、茶臼岳から朝日岳に縦走して
時間が無くて三本槍岳まで登れなかったので
今回、三本槍岳に登る事にしたんです。







標識が沢山あり、迷うところはありません。
この辺から寒い寒いと思っていたら
雪がちらついて来ました
休憩すると寒いので、休まず登りました







※誰もいない頂上




晴れていれば最高の眺望らしい・・・
立っていられない程の強風でした。






※ガスガスなのに強風で1分も居ませんでしたが




登れて良かった




頂上でのランチを諦め、さっきの分岐まで戻りましたが
分岐でまたもや鉄人と遭遇
60代のベテランそうなおじさんでしたが
福島県の「二股山」まで縦走すると言ってました
(縦走できるとは知らなかった)










下山した途端、天気が良くなってきました









※家から持って来たお弁当




今日は帰りに有名なラーメンを食べて帰る予定なので
ランチは少な目(笑)
ランチ中も雪がちらついて寒いので
ほんの10分位で済ませ、早く下山する事に・・・。

















寒い登山になりました









ぼちぼち紅葉










朝日岳はとんがっててかっこいい!






無事に下山し、あまりの寒さに
珍しく温泉に立ち寄る事に







那須ゴンドラから車で20分くらい
有名な温泉らしいです。



※鹿の湯@400円



42℃~48℃まで5種類くらいの湯船があり
強烈な硫黄の臭いの温泉です(苦手な泉質)



48℃の湯船は1分位しか入ってられないけど
全ての湯船に浸かりましたよ(笑)






※本当の原泉かけ流し



もったいないですが下の川に流しています。
温泉は30分ほどでしたが、ゆで卵になった気分です。






温泉の後、お腹が減ったので
本当に久しぶりの「登山後のお楽しみグルメ」
鹿の湯から40分くらいかけてお隣の白河市にある
「とら食堂」さんへ




※何やらいつも混んでいて人気店らしい



この日は空いててラッキー
並ばないで食べれました(PM5時頃)





※手打ち中華そば@680円




う~ん、期待していた程でなくて残念でしたが
手打ちの麺はつるしこで美味しかったです。








翌日は仕事なので帰りは白河ICから
高速道路に乗り、前から行って見たかった「羽生SA」へ
時代劇のセット見たいな建物でしたよ。










次回寄る時は、おいしそうな鰻屋さんがあったので
食べたいです。






今回はインチキ登山でしたが、ゆるいながらも登山をし
日帰りで温泉、グルメを満喫できて良かったです。













コース*
登り:9:50ゴンドラ山頂駅~分岐⓵11:00~分岐⓶11:30~頂上12:00
下り:12:30分岐⓶~14:30ゴンドラ山頂駅





標 高 差 : 507m 
コース距離 : 約9,2Km
歩   数  : 18,215歩    




歩行時間 4時間20分(休憩時間含む)
体力度  ★☆☆☆☆
技術度  ★☆☆☆☆













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日こそ

2017年10月03日 15時57分10秒 | Weblog
9月はどこにも登れなかったので

明日の休みはトレーニングも兼ね
どこかに登ってこようと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに

2017年09月23日 17時31分50秒 | Weblog
今年の1月からアメリカに留学していたスタッフが
一時帰国で出勤してくれました。


月一くらいでLINEやメールでのやり取りはありましたが
大きな病気やケガもせず、元気だったので一安心
ただ、建設の社長より日焼けしてました
年間300日も晴れると言う、サンノゼの太陽と彼の訓練の
賜物だと思います。


年内に飛行機の免許もとれるようです





※めずらしいスプレーのオリーブオイルと
USAで流行っているエコバック



おみや、ありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠ヶ岳 追記

2017年09月05日 15時08分40秒 | Weblog
1日目の笠新道の登り、建設の社長が下山して来る人に話しかけたら
何と土浦市から来た人で、話し方で茨城県人と分かったそう(笑)
室堂から薬師岳を越え(すごい縦走)黒部五郎岳から来たと言ってましたが
笠新道を下山したら「焼岳」に登ってから帰ると言ってました。
40歳くらいの男の人でしたが鉄人でした。



笠ヶ岳山荘で反対側のベッドにいて、私達が着いた途端に話しかけてくれた
ご両親と一緒の京都からの若いお兄さん。
「黒部五郎岳」が大好きだそうで、その日も自分は黒部五郎岳からで
ご両親は鏡平の方から登り、笠ヶ岳山荘で待ち合わせしたとか。
天気が悪いので「劔岳」を諦め、「笠新道」を登って来たと話したら
ほめてくれました
「早月尾根」も大丈夫だと太鼓判を押してくれましたよ(笑)
登山の漫画「岳」の主人公、三歩にそっくりで素朴で親孝行の素敵なお兄さんでした。



下山時、笠新道の分岐で一緒に道を間違えた
岐阜県から来ていた、帽子からザック、シャツもズボンも全身黄色で
統一していてかなり目立っていたおじさん・・・。
シュっとしていて、とても68歳には見えません
本当は日帰りの予定だったとか・・・
小屋でバイトしていた大町の女子学生も家に帰るとの事で
下山途中一緒になりましたが、小屋から下まで6時間で下りるとか
黄色いおじさんとものすごい早さで下山して行きました。




体調も悪かったですが、初めて登りで心が折れそうになった
「笠新道」
下山時も本当に辛くて、もう山を止めようかと思ったくらいです
(今は大丈夫ですが)
お盆明け、山友会の暑気払いがあり
笠新道を登った事を会長に話したら
「笠新道は下山で使うんだよ、登るバカはいないよ」と言われました




I think so,too



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事下山

2017年08月25日 17時23分02秒 | Weblog
火曜の夜から心配な事があって
眠れない夜が続いていました。
昨夜、奥様からTELをもらった時は涙が出ましたよ・・・。



でも無事で本当に良かったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠ヶ岳 その2

2017年08月25日 14時53分49秒 | Weblog
睡眠薬を飲んだのに、建設の社長のイビキで何度か目が覚めましたよ。
日の出前に起きましたが、周りの人のイビキがうるさく眠れなかったとか
いえいえ、すごいイビキで爆睡してましたよ





※笠ヶ岳山荘より日の出前の穂高連峰




苦しんで登って来た事が報われる瞬間。





※頂上まで15分くらいの登り



頑張ろう





※槍ヶ岳の方から日の出が・・・


平成20年に登った「槍ヶ岳」
懐かしい




※頂上



私の記念すべき百名山50座目は「笠ヶ岳」になりました










登れて良かった




百名山、完登は無理でも7~8割は登りたい
還暦までに・・・。
だから今、本当に焦って登っています



小屋に戻って朝食と思いましたが
下山に時間がかかるので、朝食をお弁当にしてもらいました。








※穂高連峰を望みながら下山



登りは体力、下山は技術と言われますが
私、下山が苦手なんです(泣)
言い訳ではありませんが以前、会社の前で転び骨折し
同じところを平標山の下山で捻挫したので慎重なんです(汗)




途中、ちょっと開けた所で朝食にしました。






※ちらし寿司(朴葉寿司?)でした


美味しかったのですが、量が多くて
半分でお腹いっぱい
山に囲まれながら幸せな朝ご飯でした





※笠ヶ岳



何度も何度も振り返ります。
もう二度と来れない気がします





※穂高連峰



見納めか・・・




※分岐



小屋で一緒だった、おばさん☆団体グループが分岐の標柱の前で休憩していて
分岐が見えず、30分くらい先に行ってしまい戻って来たのでした
建設の社長が戻って来たので気が付いたのですが
抜戸岳の先まで行ってしまったとか。
帽子からザックから全身黄色のおじさんと文句を言いながら
分岐まで戻って来ました。
(黄色いおじさんの話は追記で・・・。)





※笠新道中間地点



登りも長かったですが
下りはもっと辛い
浮石も盛りだくさんで気が抜けません
(写真も余り撮れませんでした)
先月の蝶ヶ岳~常念岳で習った「ダブルストック」
復習しながら下りて来ましたがストックが無かったら
もっと辛い下山になっていたと思います。






※登山口


やっとの事で着きましたが、ここから登山指導センターまでの林道歩きが
一番辛かったです





※近道の方へ



登山指導センターに着いたら雨が降って来ました。
登山者用無料Pまで15分くらいなのですが
もう歩きたく無いので迎えに来てもらいました。






※命のビール



沢渡温泉立ち寄り風呂の後
ビールはありましたが、食事は無く「温泉ゆで卵」100円を食べたら
美味しかったです。




※梓川SAで「ハルピンラーメン」


松本市ってラーメン店が少ないのは
信州名物は蕎麦だからか?
先月の常念の下山の時もそうでしたが
ジプシーのようにラーメン店を探し彷徨いましたが
見つからず、結局高速のSAで食べたのでした。




お盆休み真っ只中にもかかわらず、大した渋滞もなく
(帰りは上信越道~関越~外環三郷)
夜、11時過ぎに自宅に着いたのでした





















コース*
登り:笠ヶ岳山荘4:50~笠ヶ岳頂上5:05
下り:笠ヶ岳山荘6:00~笠新道分岐7:30~杓子平9:00~笠新道登山口13:30~登山指導センター15:00





標 高 差 : 1,800m 
コース距離 : 約12,0Km
歩   数  : 22,163歩    




歩行時間 10時間10分(休憩時間含む)
体力度  ★★★☆☆
技術度  ★★★☆☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠ヶ岳 その1

2017年08月17日 14時01分52秒 | Weblog
お盆休み中の8/13、14の一泊2日で新穂高温泉から
笠新道のピストンで「笠ヶ岳」2,898mに登って来ました。

昨年同様、「山の日」に今年こそ「劔岳」に登る予定でしたが
天候が今一つ、お盆休み中、山の天気予報とにらめっこしていて
岐阜県側から登る「笠ヶ岳」天気が良さそうだったので
思い切って登る事にしました。


お盆期間のため中央道は混雑すると思いきや
昼過ぎ自宅を出ましたが、松本ICを下りてから上高地方面が
少し渋滞したくらいで夕方には新穂高温泉の登山者用無料Pへ
駐車するのに少々待ちましたがどうにか止められましたよ。




※飛騨牛コロッケ


地元のスーパーで見つけて安かったので買いましたが
ソースを付けなくても美味しかったです。




8/12日は車中泊して翌朝5時には出発しましたが
何時もの事ですが睡眠不足で体調が悪い私





※最初、こっちのPに止めたら6Hで500円つー事は1日2,000円


慌てて、移動したのでした(笑)
登山口には一番近いPですが。






川を渡り・・・






ゲートをくぐります。





※登山道入口の案内



本当は鏡平山荘の方から登りたかったけど
一泊2日じゃあ笠新道から登るしか無い



黒部五郎や鷲羽岳にもまだ登ってないからな








笠新道までゆるい登り坂
ウォーミングアップには良かったです




※笠新道入口



長くて急登、きつい登山道と聞いてました。
水場はここだけ、重いですが建設の社長に3ℓ、自分は2ℓ担ぎます。








車を止めた「新穂高温泉」が1,090mだったから
「笠ヶ岳」まで標高差1,800m強








亀のように遅い登りでも少しずつ登ってる・・・。








壊れちゃってるが1,800か?!








通行注意のところも・・・。







2,000m越えたかどうだかのところ
この辺が自分では一番きつかった所
登りで心が折れそうになったのは初めて




※梨を食ってます



休憩しながら休み休み登りますが
汗が滝のように流れる
合わせて5ℓの水がどんどん減って行きます


登山に水分の多い梨は最高です。





※ちょっと見えて来る山並み



笠ヶ岳かどうかは分かりません





※突然開けますた



杓子平に着きました


ランチにします。




※二男がクレーンゲームで取ったでかいカップヌードル


「山に持って行けば」とくれたので今日のランチです。




※でかくても3分でした。


お味も普通のカップヌードルと同じ
でも具だくさんだったかな(笑)


ランチをしてると若いお兄さんの2人組が
「でっかいカップヌードルですね」と声をかけて来ました。
地元、岐阜から来たとの事で今日は私達と同じ「笠ヶ岳山荘」泊りとの事。
先に着いたら、後から遅くなっても泊まらせてくれるよう自分達の事を頼みました(笑)




※笠ヶ岳が・・・


ガスは出たり晴れたり
こんな景色を見ながらゆっくりランチを楽しみました。






お腹が満たされたので
再び登り始めます。








この先から急登でしたが
杓子平までの登りと比べて楽でしたよ。
周りが開けてるからかな?





※チングルマかな?



ここからの登りはお花畑がたくさん









空が青い・・・。







あの稜線までガンバ







笠ヶ岳はこっち




※分岐



これでやっと笠新道が終わったよ







でもまだ笠ヶ岳まで遠そう


小屋も見えてからが遠いから
ただひたすら前に歩くのみ







テン場が見えて来た・・・。







小屋も見えて来た・・・。




※今日は小屋で1泊します。



やっと着いたよ「笠ヶ岳山荘」
もう、歩きたくない




※雪渓の雪で冷やして売ってました♪


とりあえず「命のビール」
最高に美味しかったです








夕方、晴れ間に笠ヶ岳がクッキリと見えました。
15分くらいの登りらしいのですが
もうビールに缶チューハイで3本も飲んじまったので
明日の朝、登る事に


小屋で岐阜から若いお兄さん2人組と再会し
14時半に着いたのに食事は私達と同じ2回目だったとか。




※夕食


同じテーブルに中学生くらいの娘さん2人の家族連れの
お父さん、新穂高ロープウェイのPに車を止めたらしく
随分と車で登って来たのでラッキーと思ったら
登山口まで随分下ってガッカリと言ってました(笑)


家族で登山するにはきつすぎる山だと思いましたが
細身のお嬢さん2人、礼儀正しく元気でご飯のお代わりをモリモリしてました。
家族全員で山登りも良いなと羨ましくなりました。






















コース*
登り:P4:50~登山センター5:00~笠新道入口6:20~杓子平11:30
   笠新道分岐14:15~笠ヶ岳山荘15:30(泊)





標 高 差 : 1,800m 
コース距離 : 約12,0Km
歩   数  : 14,832歩    




歩行時間 10時間40分(休憩時間含む)
体力度  ★★★★☆
技術度  ★★☆☆☆







その2に続く・・・。











































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蝶ヶ岳~常念岳 その3

2017年08月17日 13時35分15秒 | Weblog
最終日も雨でしたが、計画通り前常念のコースで下山する事に。
常念小屋も空いていて快適でした。
6帖程の個室に3人で寝れる幸せ・・・






※常念小屋朝食


しっかり食べて下山します







雨の止み間に常念岳





※前常念からの下山は大変でした。


雨は降ったり止んだり・・・。



※前常念の三角点?


分からないけど、一応タッチしておきます。






一番嫌いな岩場の下山







大嫌い




※歴史のある避難小屋だそうです(赤い屋根)



今回一緒に参加した柏消防署のIさんが
昔、ここに泊まったと言っていました。









※難所を越え、前常念を振り返る



と建設の社長が写っちまったよ



この先でもう昼を過ぎていたでしょうか?
登って来る若い「山ガール」とすれ違いました。
三股から登って来て、初めてのコースらしく
CLさんと話をして、天気も悪いので引き返してました。
(多分、4時間近く登って来たと思いますが)









この辺から歩きやすかったです。





※登山口に戻って来ました。




帰り、ほりでー湯に泊まるメンバーと一緒に
立ち寄り風呂をさせてもらい帰ります。
(私も泊まりたかったですが)




とても良い温泉でした




※命の缶チューハイ




レモンサワーが好きですが
だと思って買ったら、レモンスカッシュ???





帰りは建設の社長が運転してくれました








※中央道の諏訪湖SAでラーメンを食べ・・・



信州味噌と野沢菜が入った味噌ラーメンでしたが
お腹が空いているはずなのにあまり感動はございません。
行きに梓川SAで食べた「おやき」もイマイチで
今回の登山のお楽しみグルメは無かったです





コース*
   常念小屋6:00~常念岳分岐7:10~前常念分岐8:00~避難小屋8:30
   ~13:20三股登山口





標 高 差 : 1,300m 
コース距離 : 約6,0Km
歩   数  : 17,265歩    




歩行時間 7時間20分(休憩時間含む)
体力度  ★★☆☆☆
技術度  ★★★☆☆







コメント
この記事をはてなブックマークに追加