ma-marinの徒然日記-☆素敵にサトシック☆

大野智くんと嵐と猫と映画と美しいものと美味しいものを愛してやまない、シングルマザーの徒然ブログです。

「鳥肌の立つような感動」は来年の夏のお楽しみ

2016年10月11日 11時13分16秒 | 映画『忍びの国』

少し陽が差してきた10月11日火曜日の10時51分。

ひんやりと秋の深まりを感じさせる空気が漂っています。


数日前の番組、10月9日2:55AMからのNHK-BSプレミアム『J-MELO』で、嵐さんの曲をリクエストしてくれたのは、インドネシアのSherlyさん。

テレビ番組内で見る『Power of the Paradise』のMVが何となく新鮮に感じました。

この番組には世界各国からメールが届くそうで、国・地域別のメール数ランキングでは3度トップに輝いた国が二つフィリピンとインドネシア。

インドネシアは日本文化のイベントも開催中。

嵐さんも日本も好感されていると思うと、なんだか嬉しい


ずっと書いておきたくて、書けてなかったので、今頃ですが、ちらっと書いてみました



そして、深夜のTBSの『みんなのえいが』では、3たび目の映画『忍びの国』情報。

番組にもなかなか最新情報が入ってこない・・・とのことでしたが、今回はプレデューサーさんから手紙が届きました。


お手紙はこんな内容

-----------------------------------

「みんなのえいが」をご覧のみなさん、

杉山さん、佐藤さん、

いつも「忍びの国」を応援して頂き、

ありがとうございます。

7月に始まった撮影は、

日差しを遮るものもない35度を超える暑さ、

突然の雷雨、

例年にない不順なてんこうで

次々とやってくる台風の影響での突風、

猛烈な砂嵐などに見舞われながらも、

何とか進みました。

大野智さんはじめ、

出演者の方々には、過酷な状況の中でも

体力の限界まで挑戦し、

ぎりぎりのお芝居、アクションをして頂きました。

その姿には、

鳥肌が立つような感動を幾度も感じました。

今まで見たこともない、まったく新しい

忍びのアクションが繰り広げられています。

来年夏の公開をぜひ、楽しみにしてください。


映画『忍びの国』プロデューサー

-----------------------------------

画面の左側には出演者の写真が順番に流れて、読まれた手紙。

情報は出てこないけれど、本当に大変な中での撮影、お疲れ様でした。

昨日から大野くんラジオも映画クランクアップ後のものになって、映画撮影の裏話もちらほら聞くことが出来るようになりました。


「鳥肌の立つような感動」を来年の夏、映画館で味わえることを心待ちにしています。


情報は確かに少ないけれど、あまり事前に内容がわかっていないのもありかと・・・

映画『シン・ゴジラ』もその方式だったし、ワクワクと楽しみに待ちたいと思います。


とはいえ、来年になったら映画の前売り券ゲットやら、舞台挨拶付き上映の申し込みやらで、情報を追うのも忙しくなりそうですしね


今はあと半月ほどで出る新しい嵐さんのアルバムと、その後のコンサート。

そして、きっと2017年の上半期も大活躍の嵐さんを忙しく追っかけているうちに、公開もすぐなんだろうな。


本当に楽しみです

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆お茶の間アイドル・嵐☆ | トップ | おにぎりアクション2016 »
最近の画像もっと見る

映画『忍びの国』」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事