ma-marinの徒然日記-☆素敵にサトシック☆

大野智くんと嵐と猫と映画と美しいものと美味しいものを愛してやまない、シングルマザーの徒然ブログです。

ありがとう。さようなら。きっと大丈夫!(大野智くんラジオ2017年3月30日木曜日)

2017年03月30日 10時11分11秒 | ARASHI DISCOVERY (FM横浜・智ラジオ)

2017年3月30日木曜日。

FM横浜『MORNING STEPS』、最後の曲は嵐さんの『One Love』でした。

DJの栗原さんは、4月からは夜の番組に移動。

ということで、今日は8時55分の最後まで聞きました。

大野くんの番組は終了。

大野くんをきっかけにFM横浜は全国区。

Radikoのおかげで聴ける範囲も広がって、それでも聞けない地域もあったのだけれど。

私にとってもこの9年間、朝の習慣だった『MORNING STEPS』の中の嵐ディスカバリー。

やっぱり朝から寂しい3月30日木曜日です。

 

最終日の大野くんコーナーの出演者はしっかりした感じの春から高校生の女子。

「誰もが待っている最後の大野くんのフリートーク。今日はひとりでお話をしてるそうです。何分ぐらいの尺になりましたですかね?・・・5分40秒の最後のトークです。ミユちゃんが振って~~」

「はい。14年半お疲れ様でした。大野くん、ラストカモン

  

おはようございます。

嵐の大野智です。

今日の一言、カモン

「感謝カンゲキ雨嵐」

これは(笑)、今、私が言いました。(BGM『感謝カンゲキ雨嵐』by嵐)

これはですね、我々嵐が2000年11月、え~、8日に、リリースした、4枚目のシングルのタイトルですね~。

いや~ですねぇ。

今日は3月30日ですけど。

2002年10月1日から今まで聞いていただき、ほんとにですねっ、ありがとうございました、長い間。

お付き合いいただいて。

もう14年半、経ちましたけどもね~。

すごいことですよ、2002年、2002年生まれの~お子さん達はですね、もう中学生になってるという。。。

まあ、ちょっとねえ~。

や、やっぱり長い月日が流れたんだな~と思いますね。

ええ~。

まぁ、ほんと、当時はねえ~、やっぱり文章読むのがねえ~、苦手だったよねっ。

漢字が読めないからさぁ。

毎回っ振り仮名ふって~。

で、離す内容も、なんか、いろんな自分の思い出とかも思い出しつつ。

そんでやっぱり、当時ね、もっと、あの~三択でもぉ、その後の解説のねぇ、文章読むのがねぇ、けっこう、5,6行あったんだよ。

正直、それをね、やっぱりね、ゆっくりしゃべんないと噛むしね。

でもゆっくりしゃべってると、それだけで終わってしまい、っていうバランスも含め、非常にねぇ、きつい時期もありましたねっ。

わっ、なんでこんなにスラスラ喋れねぇんだろって。

ふっ(笑)読めないんだろうって、ねっ。

で、何回か、あの~~行き詰った日とかあったよね?

あ(ふ)はっ、俺、なんか覚えてんだよな。

う~ん、「なんかダメだな、今日」とかね。

読みとか、ま、フリートークも含め、もうなんか、何も頭ん中浮かばない日とかもあったしね。

う~~ん。

徐々に変わってったね!

最初の頃は自分の過去の経験とかを話して、言ってたけども、徐々に慣れてきたときはやっぱり、、自分の、今の状況、気持ちとか、僕のプライベートつうか、いろんなことを、このラジオを通じて話させてもらったかな~。

う~ん。

ほんとに僕、あの~、ソファーつうか、クッションに~、も、ほぼ仰向け状態でぇ。

これね、昔からこのスタイルなの。

ラジオ、始めた時、最初の、1年弱ぐらいじゃん(笑)

ちゃんと座ってやってたの。

いつの日か、い、椅子を並べて横んなりながら、言う方が楽だったんだよね。

「声も出ていい」、とか、なんか言って。

だからねっ、ほんと、なんだろう。

独り言のような感じ。

かなっ。

家のソファーでゴロゴロしながら、なんか~、やっ、やってる感覚。

まあ、でもね、それがいいなと思ったんですよ。

まあ、その楽な感じで、ずっとやっていけたらいいなと思って、ず~っとやってましたね。

ええ~。

まあ。。。

ある意味この14年は、14年半は、貴重な、空間でしたね。

うん。

だからこそなんか、、

正直この14年半を、の、全部の音声を欲しいぐらいですねっ。

ふふっ。

そしたらそれも、振り返れるしね、全部ね、思い出せるからいいな~と思いますけど。

あっ、ほんとぉ?

じゃ、毎日、一日ずつ、じゃあ、送ってくれるって、今、言われたんで、ええ(笑)

そしたら14年半?

ぅん。

ふふふふふふっ。

すごいねっ、それも

逆にさぁ、これから、14年半分をごっちゃまぜにして流したらどう?

それも面白いけどね。

まあ、でもね。

あの~、ほんと貴重な時間、感謝カンゲキ、雨嵐です。

ほんとに、これ。

楽しかったですよっ

う~ん。

やあ、なんか、ほんとにねぇ、14年半非常に濃厚、でしたよ。

あの~。

こんなに自分のことを話すことも、僕、あんまりないんでね。

う~ん。

だか(ら)、14年半も続けさせていただいた、この、FM横浜の皆さんにもねっ、ほんと感謝ですね。

ええ。

いっぱいTシャツも貰いましたし。

FM横浜Tシャツもいっぱい貰いましたしね。

ええ~。

感謝してますよ。

そして何よりもねっ。

あの、リスナーの皆さん、ほんとに朝早くから、こんな僕のダラダラ喋って、たま~に、マジで、ど~でもいい話、も、聞いてくれて、ええ、それで皆さん仕事頑張ってくれて(笑)。

感謝してますよ、ほんとにっ

ええ~。

やあ、ほんとに。

まっ、こういう形ではありますが、え~、約、14年半!

大変皆さん、お世話になりました。

ありがとうございましたっ

ということでですね、ええ~、最後に、ほんと数えきれないメールをいただいたんですが、まあ~、全員は紹介できませんが、え~、一部ではございますが、え、お名前を紹介させていただきます!

え、ヤヨイさん。

え~、ユウカ。

え~~、ヒナノ。

ユウモモ。

ピョンピョンタ。

ぇぇ~、京都・ヒロコ。

ユキヤン。

ユウカ。

え~、ミカ。

智くん大好きA。

ノンタン。

ミンちゃん。

嵐大好きセイちゃん。

え~、紫の魚サン (笑)。

ユミコ。

サクチ。

トモッチ。

チナコ。

ベルピ。

智のほっぺ。


え~~、その他、え~、たくさんの皆さん、ありがとうございました

え~、栗原さんも、ぇ~、ほんとにっ、ありがとうございました。

え~、 MORNING STEPS(モーニングステップス)、約16年間ですか。ええ~、栗原さん、ほんとにっ長い間お疲れ様でございました!

以上、大野智でした

栗原さん:はいっ 大野くん、ありがとうございました

先ほどもお伝えしましたが、ええ~、先週の内に、大野さんには直接お会いしてお礼を申し上げたところです。

ええ~、大野さんも、私なんかに、記念品をわざわざご用意くださって、ほんとに、心の優しい方なんだな~って、いう風に思いました。ちょっと今固く、「方なんだな~」なんて言い方してましたけど、ぇえ、ほんとに、いい、いい大ちゃんでした。

ええ~、思い出は尽きませんが、もう、たくさん、ここ、特に数週間は、それを、心境を話させていただいたので、割愛させていただきます。

あらためまして、大野くん、ありがとうございました

そして、14年半、出続けていただいた、私の無茶ぶりに全部応えていただいた、毎回の出演者の皆さん、ラジオの前の皆さんのことですよ あと出れなかった、悔しかった皆さんも含めて、ありがとうございました

(リクエスト曲『seson』、7時またいで栗ちゃんがかけてくれた曲『きっと大丈夫』)

終わってしまいました。

大野くん、ほんっとうに、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

FM横浜のスタッフの皆さん、DJ栗原さん、本当に長い間、ありがとうございました

 

14年半・・・

私も11年5か月続けた勤務先を辞した2016年。

そして、2017年3月の終わりに、大野くんのラジオ『ARASHI DISCOVERY』も幕を閉じました。


きっと新しい明日に向うために。

私も明日に向かって。

頑張ろう。

たとえ今寂しくても

 

「きっと大丈夫

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オサドとNGテイク(大野智く... | トップ | 「さようなら」の本番は明日! »
最近の画像もっと見る

ARASHI DISCOVERY (FM横浜・智ラジオ)」カテゴリの最新記事