ma-marinの徒然日記-☆素敵にサトシック☆

大野智くんと嵐と猫と映画と美しいものと美味しいものを愛してやまない、シングルマザーの徒然ブログです。

大野くんからファンへ。今日から栗原さんとスペシャルウィーク!(大野智くんラジオ2017年3月20日月曜日)

2017年03月20日 11時32分22秒 | ARASHI DISCOVERY (FM横浜・智ラジオ)

祝日、だけど月曜日だから大野くんラジオはいつも通り。

朝寝坊厳禁

・・・だけどそれも今日が最後


あと今週と来週、あと10回の放送で嵐ディスカバリーは終了

(出演倍率は300以上だったとか)

 

今日からスペシャルウィークに突入の大野くんラジオ。

終了は寂しいけれど、楽しい放送でした

   

おはようございます。

嵐の大野智です。

今週は、特別企画、カモン

大野くん:大ちゃんと、

栗原さん:栗ちゃんの、

大野くん&栗原さん:スタジオトーク~~

大野くん:はい。え~、この番組がですね、え~、今月31日で終了してしまうということでですね。今週は栗原さんをゲストに、14年~半!を振り返りたいと思います。

栗原さん、だってね・・・

(栗原さん:いや~、ありがとうございました)

大野くん:2012年10月に番組、10周年企画やったじゃないですか、屋形船でね。

栗原さん:はい。屋形船で。

大野くん:船上トーク。 あれぶり?

栗原さん:いや、あれ? ご、えと、5年経ってるんですよ、あれ。

大野くん:あれから、5年たってんだ。

栗原さん:そんな風に思えないですよね。

大野くん:いや、思えない。2,3年な感じがする。

栗原さん:そ、そ、ほんと、そうですよ。

大野くん:いや、あれぶりなんだ。

栗原さん:いや~、間、空いちゃいましたね。

大野くん:ええ~。何します?

栗原さん:いや、ていうか、まずは~、この番組終わっちゃうんですよ。

大野くん:終わっちゃうんですね~。

栗原さん:まずは、私ゲストの立場ですけど、ほんとうに14半も、

大野くん:ええ。

栗原さん:毎朝毎朝やっていただいて、ありがとうございました。

大野くん:いや、こちらこそですよ、もう。

栗原さん:感謝してもしきれないです。

大野くん:気づきゃ14年半やってるんだ(笑)

栗原さん:よぉくやっていただきましたよね~。

大野くん:びっくりしたな~。いや~、でも、なんだろうね。へんに、なんか、頑張ったな~とかもないし・・・

栗原さん:へえ~。そこ、また、大ちゃんらしいですね。

大野くん:うへへっ。自然とやってたな~って、ずっ~と。

栗原さん:嫌じゃなかったんですか、変な質問ですけど。

大野くん:嫌じゃなかったよ。

栗原さん:あぁ~。

大野くん:なんかフツ~にやってたな~って感じ。

栗原さん:へえ~。

大野くん:それで、気づけば、10周年だったし・・・

栗原さん:はい。

大野くん:気づけばあれから5年経ってるんだ~

栗原さん:いや~、そうですよね、前回会ってから5年で、で、え~、都合14年半をもって、この~、大野智・嵐ディスカバリーは終了となると・・・

大野くん:ええ。

 栗原さん:いうことに関しては、大ちゃんはいかがですか。

大野くん:や、正直・・なんの実感もないし・・・

栗原さん:わはははっ(笑)

大野くん:ぅはぁい。

栗原さん:そこ、ざ、残念ですとか(笑)いうとこじゃないですか。

大野くん:いや、実感が、いや終わる・・・

栗原さん:あ、あ、実感がない・・・

大野くん:終わる実感がないの・・

栗原さん:そういう意味でね。あ、もう、ルーチン過ぎちゃってね。

大野くん:そうそうそう。

栗原さん:はい。

おそらく~、今この放送を聞いていただいてる~、ファンの皆さんは動揺しながら、今、これを聞いてると思います。

大野くん:はい、そうですね~。

いや~、でも、いろんなことをやったな~とは思いますね。

栗原さん:え~、たとえば?

大野くん:最初はだって、あの~、三択、でしたよ。

栗原さん:あ、そうなんです、よ~。

大野くん:「問題です」って言って・・・

栗原さん:それよく覚えてまっすね~(笑)

大野くん:そうそう(笑) だから、すげ~テンション高かったの覚えてん(笑)、自分で。

栗原さん:へえ~。

大野くん:最初ね~、あの~、「問題です」とかフツ~に言ったら、確かねぇ、「朝なんで・・・

栗原さん:はい

大野くん:テンション上げていきましょう」って

栗原さん:ええええ。

大野くん:って言われたの、なんとなく覚えてる。そっから~、「あ、確かに」と思って~、

栗原さん:へえ。

大野くん「問題です」っとか言って、こんなトーンでやってて・・・ずっとそれでやってたなっていう。

栗原さん:あの、このコーナーは、今ものすごい人気で、も~、今だから、あの~、紹介しますけど、関東ナンバーワンという時があったんですね。

大野くん:えっ。

栗原さん:関東ナンバーワン取った時がある。

大野くん:はい。

栗原さん:要は、どのラジオ局よりも~、FM横浜を聞いてくれてるんです。

大野くん:へえ~、そうなんだ!

栗原さん:はい。

大野くん:すごいな!

栗原さん:ふふっ。で、どか~んって、こう、要は、嵐のブレイクと同じように、このコーナー自体がすごいブレイクした時が・・・あるんですよ。

大野くん:はいはい。

栗原さん:その、その、なんか、このコーナーも人気だっていう実感はなかったですか?

大野くん:いや~、なんだろう?! 

実感は、正直ないです。

栗原さん:ぁ~。周り、友達とかから、「ラジオやってるでしょ」とか、「ラジオ聞いてるよ」とか急に言われた時みたいな・・・

大野くん:ああ。

栗原さん:ブレイクポイントみたいなのないですか?

大野くん:なんかね、あの~、僕も、あの、なんか、ドラマとかやらしてもらってて・・・

栗原さん:はいはい。

大野くん:で、あの~、スタッフさん?

栗原さん:ええ。

大野くん:音声さんとか、・・とやっぱり、撮影の合間があって、

栗原さん:はい。

大野くん:そん時に、音声さんとかに・・・「聞いてます」とか、そういうのは確かに増えた・・・

栗原さん:来た~

大野くん:ええ。

栗原さん:やっぱり~!

大野くん:ええ。「毎日聞いてます」とか、

栗原さん:はいはいはいはい!

大野くん:聞いてくれてるの、あれ、とか思って。

「大野さんクセありますよね」とか言うの、「なるほど~、ってよく言いますよね」とかね(笑)

栗原さん:ほおほおほお。

大野くん:あ、俺、言ってんだ~、と思って。

そういうの、確かに増えましたね。

栗原さん:へぇ~。   そんな、人気コーナーが、まあ、あの、惜しまれつつも、来週いっぱいで終了ということでございましてですね。

大野くん:はい。

栗原さん:今週に関しては毎日、ちょっと、ラジオの前のファンの皆さんに、

大野くん:はい。

栗原さん:なんかメッセージを一言残していただきたいなと。

大野くん:そうっすね。

栗原さん:はい。お願いします。

大野くん:まあねえ、でも、ほんとに。

まあ、びっくりしたと思われますが、まあ、・・・ま、14年、半やらしてもらってね、そう、14年半分の、なんか自分のいろんなねっ、経験だったり、いろんな話をね、このラジオを、通じてできたんでねぇ。ま、ある意味、僕を知ってもらえたんじゃないかな~と思いますねぇ。ま、今後は、そういう場は、ま、無くなるちゃ、無くなる、けども、まあ、ま、こういう男ですよっていうのを、ね、わかってくれ・・・たと思いますよ、この14年、半で。その。だから、今後ね、例えば(笑)、テレビでね、いきなり、日焼けして真っ黒になったら、「ああ、行ったんだな」とか、思ってもらえればね、ええ。

栗原さん:やあ、また、続きは明日ということで、

大野くん:はい!

栗原さん:ございまして、~、え今週、ぜひ、お楽しみください!

大野くん:はい!

以上、大野智でした。

BGM『Miles away』by嵐

栗原さん:え~、いかがでしょうか?明日は明日でまた、私が、ひとつテーマを選んでその質問を大野くんに投げかけていますんで、楽しみにしていてください。

 

スペシャルな感じがいっぱいで、これが15周年の記念ウィークだったら、すっごく嬉しいのだけれど、どうしても、どこか、悲しさが付きまとうスペシャルトーク。

今日から「さようなら」に向けてカウントダウンが始まった大野くんラジオ・嵐ディスカバリーです

 

 

 

 

 



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 翔くん主演映画『ラプラスの... | トップ | 大野くんの印象に残る曲、嵐... »
最近の画像もっと見る

ARASHI DISCOVERY (FM横浜・智ラジオ)」カテゴリの最新記事