ものつくりにん(ma-mac)の生活
ma-macが感じた造形的表現の日々。
 



 以前、波佐見町には波佐見温泉センターという施設がありました。
約1200年前に弘法大師が休息の際に杖を突 いて湧水したという霊泉であり、皮膚病や神経 痛に良く効くと言われている温泉。炭酸水素塩泉で温泉の質は最高だったんですが、施設が老朽化してシャワーやタイル等が破損していても経営難から補修も為されまいまま営業されていました。2006年にはとうとう廃業してしまい残念でした。


 建物もけっこうぼろぼろでした。お湯は純重曹泉ですごくぬるぬるしていてお肌すべすべになる感じだったのに・・・です。


 大浴場の湯口には陶器製の壷が備え付けてあり、そこからは温泉が湧き出てくるようになっていました。ちなみにこの壷、父が頼まれて作ったそうです。


 2008年8月22日付けの長崎新聞には「波佐見温泉センター復活へ 掘削工事の安全祈願祭」として以下のように掲載されています。
 『東彼波佐見町で二年前に廃業した「波佐見温泉センター」の復活に向け、新たな泉源掘削工事の安全祈願祭が二十二日、同町岳辺田郷の掘削現場で開かれた。
  旧温泉センターは一九六六年、当時の町長らが発起人となって開業。民間企業が運営を担ったが、施設の老朽化や利用者の減少などを理由に二〇〇六年に廃業した。
 昨年十一月、センター近くの松下建設(松下和徳社長)が手付かずだった家屋と土地を買い取り、二月に解体。松下社長(48)や地元商業者らが四月に設立した運営企業「はさみプロジェクト」が新施設建設と今後の経営に当たる。施設建設は十二月ごろのボーリング工事終了後に着工し、来年五月開業を目指す。
 泉源掘削や配管工事などは「センターをツーリズム運動に活用したい」とする町が請け負う。総費用は約八千万円を見込み、わき出た温泉を同企業に有償提供する。
 安全祈願祭には松下社長や自治会関係者ら約二十人が出席。一瀬町長は「温泉センターに対する町民の期待は大きい。良質な湯が出ることを願っている」とあいさつし、掘削機械の稼働スイッチを入れた。
 松下社長は「温泉施設だけでなく、地元農産物を使ったレストランも計画している。センター周辺から町全体への活性化につなげたい」と意気込みを話した。

 そしてついに・・・源泉がキタ~!。2008年12月、元の温泉センター付近の公園に新しい温泉発掘されました。約1000m掘削し、37度の源泉がでました~!新しい温泉設備は民間の手で来年秋には運営するとのこと。いやはや、待ち遠しいですなあ~っと。
 現在、その源泉からの温泉で『足湯』が無料で楽しめます。

 ただいま、孔内の洗浄中とのこと。飲んだり持ち帰ったりしては行けません、という貼紙も。みなさん足湯だけにしておきましょう。


 でてきたお湯はややぬるめでした。温泉特有の鉱物の匂いもしました。足湯は寒くてやめておきました。お湯はそのまま側溝に流されていきます。けっこうな湯量でもったいないような感じもします。でも洗浄中なのでしかたないか・・・。


 『松下建設』によると、波佐見温泉農家レストランなるものがすでに12月22日から着工されていて、4月にはオープンするようです。この不況のなかですが、地元が盛り上がっていくことを楽しみに待っていたいと思います。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





 初夏に蒔いた種がたくさんのバジルの葉っぱをつけてくれました。
パスタやサラダなどにちょこちょこ使いましたが1年草なので11月に入る頃から枯れ始めてきましたので今回は種の収穫をしてみます~。


 茶色くカラカラになったところが収穫タイム。


 バジルはシソ科の植物なのでシソの実と似ています。白い花が咲いて、その部分につぼみができて、そこには種が隠れています。


 つぼみのところを手作業で取っていきます。乾燥していると簡単にポロポロ取れますよ。100均で買った種を蒔いただけ。手入れも特にせずほったらかしだったのに、こんなにできるなんてハーブは強い植物です。


 乾燥したつぼみをモミモミして中に入っている種を取り出します。手がバジルの香りでものすごいことに。なかなか地道な作業ですが、エコでロハスな感じがします。こうやって昔の人は1年間のサイクルを考えながら、自然と向き合い、自然と対話しながら生活をしていたのかなあ~っと。最近、忙しさにかまけて忘れつつありました。このような生活。自給自足はできなくても少しはそんな気持ちを味わいながら生活していきたいと思います。
 最近、食料自給率(農林水産省データ)がよく話題にでてきますが、日本はカロリーベースで40パーセントの自給率。昭和40年は73パーセントあったとのこと。もし食料が輸入できなくなったら。高額で誰でも購入できなくなったら。考えるだけで恐い気がします。また、中国をはじめとする輸入食品の安全性。これまた恐ろしい限りです。自分が食べる食品だけでも、できるだけ地産地消を心掛けていきたいと思います
 あと気になったのはこれまた農林水産省のホームページより、食料自給率向上地域情報の優良事例『大分県』
そのなかの『レンタカウ』。その名の通り、牛の貸し出しだそうです。価格の低迷や後継者不足でみかん栽培をやめたみかん荒廃園を利用し、雑草をえさにした牛の放牧実験を行っていいるそうです。実験放牧やレンタカウで、荒廃農地の除草効果や放牧牛の健康面での効果はすでに実証されおり、同会は放牧は、えさやりなどの手間もかからず簡単であることから、頭数、放牧面積を徐々に拡大していくとのことです。さらに放牧により除草された農地には牧草を栽培し、「牛が見える美しい景観づくり」を進める予定だそう。来年は丑年。ますます牛が活躍してくれたら良いなあと思いました。


 さあ、来年もちょこちょこ家庭菜園を行って、たくさん美味しいもの食べるぞ~

最近気になるおもちゃ
いえそば詳細

これでそばができるとは。うどんもできるらしい。ということはパスタもできるのか?

Pasta Pasta (パスタパスタ)詳細

こちらはショートパスタができる本格派。おもちゃといえどもあなどれない感じ。
う~ん、物欲モードに火がついちゃいます

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 最近、動画を扱うことが多くなって、macbookのHDDもすぐにいっぱいになってしまいます。もともと80GBですのでここはそろそろ交換時期かと。価格comでmacbook用の内蔵HDDをチェックしていましたら500GBのものがボチボチ出始めたようです。
 ma-macは安くて安定感のあるWESTERN DIGITAL 社のWD5000BEVTを選びました。その他、有名メーカーからも500GBのHDDが16000円程で販売されています。

WD5000BEVT

WESTERNDIGITAL詳細


I-O DATA 2.5インチ Serial ATA ハードディスク 5400rpm 500GB HDN-SA500H5



詳細


BUFFALO 2.5インチ 5400rpm SATA用 内蔵HDD HD-NH500S/M



詳細



 まずはデータ移行に必要なHDDケースを購入っと。各社からいろんなデザインのものが出ていますが、私は結構持ち歩くことが多いと思うので衝撃に強そうなものをチョイス!MARHSAL社の大判振舞シリーズが気になりましたので買ってみました。
大判振舞 耐衝撃IDE/SATA 2.5インチHDDケース シルバー



詳細



 購入したHDDをさっそくHDDケースに入れて・・・。基盤の付いたコネクタに差し込みセット完了~!付属のUSBケーブルで繋ぐとあっさり認識します。さてさてこれからデータ移行に突入~。


 HDDを接続したらディスクユーティリティを起動。上写真の画面がでてきます。まずパーティションの設定。パーティションを作らない場合はそのままオプションボタンをクリック。するとパーティション方式の設定を聞いてくるので必ずGUIDパーティションテーブルを選択してください。そうしないと起動ディスクとして認識してくれませんので・・・。


 次は外付けHDDにいよいよデータを注入~。内蔵HDDと同じクローンを作成します!
ソースのスペースに内蔵HDDのアイコンをドラッグ。復元先のスペースに外付けHDDのアイコンをドラッグして復元ボタンをクリック。データ移行がはじまります。2~3時間程かかりますのでゆっくりじっくりお待ちください


 データ移行が終わったら、いよいよHDD交換です。
まず、macbook裏側のバッテリーを外します。そしてL字型のステーを小さいドライバーで外します。すると左側にペロ~ンとテープみたいなものが隠されていますのでそれをゆっくり引っ張るとHDDが出てきます


 内蔵HDDは金具に取り付けてありますのでネジを外さないといけません。このネジはトルクスねじになっていますのでこれを用意していないと先に進めません。チカラ技でペンチやプラスドライバーでも回すことが出来そうですがやめておきましょ
私はクルマの整備用にトルクスねじセットを持っていましたのでこれを活用。一番小さいサイズが合いました


 左側がFUJITSU製の純正HDD80GB。右側がWESTERN DIGITAL製の500GB。これからお世話になりますよ~
あとは、外した時と逆の手順で戻します。そしてバッテリーを装着して、スイッチオン!あっさり起動~


 一応、システムプロファイラで確認します。きちんと認識されて一安心。
 使用感は純正と比較してものすごく静かです。アクセススピードは変わらないような。しかしなにより容量がアップしてまたまた自由にいろいろと活用していきたいマシンになりました

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





 第4回 波佐見 皿山器替えまつり(さらやま きかえまつり)が今日から明日まで波佐見町で開催中です。・・・詳しくはコチラ


 『お 正 月 は 新 し い 器 で』をコンセプトで始まったイベントも今年で4回目。16件の店舗が各店、趣向を凝らしたおもてなしで皆様をお待ちしています。万国旗が目印の証。今年はお揃いの幟の旗も作って店頭に立てています!


 治甫窯は芋の天ぷらで~す
 この地区は、伝統のある浄瑠璃があります。皿山人形浄瑠璃会館にて、皿山人形浄瑠璃特別公演が、7日(日)午後1時30分から開かれます。上記以外は会館にて期間中ビデオ放映を行われるようです。


 ご自宅にある不用な器をお持ちいただければ、各店にてお好きな器を定価の5割引きで購入し、交換することができます。各店にてお一人様1個ずつの交換になります。家族が多ければ人数分交換できるので大勢でお越しいただければお得です。
 なお、お持ちいただいた器はエコタイルとして生まれ変わります。
 小雪の降る気温1℃のなか、たくさんのお客さんのご来店ありがとうございました~。明日、お近くをお通りの際、お立ち寄りください~。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 4日目の朝~。今日は13時発の福岡行の飛行機に乗らねばいけませんので少しバタバタ。朝ご飯を食べに、ホテルの裏手にあるカムジャタン通りをたまたま発見したので行ってみました。歩いて2分


 カムジャタンとは、豚の骨の中でもしっぽと背骨を長時間ぐつぐつ煮込んだスープをベースに粉唐辛子とゴマ、ニンニクでピリッと辛みのあるコクスープを作り、それにネギやエゴマの葉、ぶつ切りのジャガイモ(韓国語でカムジャ)を入れて煮た鍋のこと。名前のカムジャタンは直訳するとジャガイモ鍋になりますが、メインはスープの染み込んだビックな豚の骨付き肉。肉の出汁がでたスープが意外とさっぱりしていて最高です。肉もボリュームがあってお腹いっぱい。満足のお店でした。5000Wだったし


 行き当たりばったりのこの旅もこれでおしまい。結構すんなりと大事件も無く順調に終わりました。また近いうちに旅行できればなあ~っと。この不景気のご時世でしたが、円高ウォン安の恩恵にも助けられ、お安くお得な旅ができたので良かったです。

 帰ってみてお土産を確認。お菓子、お茶、海苔などなど。EMSの国際郵便で送ってたくさん買ったつもりでしたが、友人や家族に配ってみるとあっという間になくなりました。お酒は自分へのお土産しかし10日分ぐらいにしかなりませんでしたが・・・また、買いに行かなきゃですたい。じゃ、また

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )