ものつくりにん(ma-mac)の生活
ma-macが感じた造形的表現の日々。
 



パイオニア 50V型デジタルハイビジョンプラズマテレビ PDP-A507HX

パイオニア

このアイテムの詳細を見る


 『パイオニアは、不振が続くプラズマテレビ事業を抜本的に見直す方向で検討に入った』というニュース。42型のパネルを担っている鹿児島工場の生産を08年度にも打ち切り、42型以下はパネルを松下電器産業か日立製作所から調達し、組み立てに専念する方向。自前生産は独自の優れた高画質・高音質技術を生かした50型以上の大型機種に特化し、国際競争での生き残りを図ります。

 電機業界では、パネルを他社から調達する動きが相次いでいて、液晶では、日立がパネル子会社の売却先である松下から、東芝も提携したシャープから、それぞれパネルを調達する方針。プラズマでは松下と日立が一部のパネルを相互供給しているようです。




 パイオニアのプラズマなどのホームエレクトロニクス事業は営業赤字続きで、08年3月期は175億円の赤字となる見込み。切り札として昨秋発売した高級ブランド「KURO(クロ)」の販売伸び悩みで、生産体制を抜本的に見直す必要があると判断したよう。(この写真は、パイオニアHPからお借りしました)

 我が家もちょうど1年前、このPDP-A507HXを購入しましたが、満足の一言です。映画とかスポーツ観戦には最高です。こんな技術を持ったメーカーの商品が大勢の方に受け入れられなく事業が縮小傾向になってしまうのは、もったいないような気がします。

 このように、同製品でいろいろな選択肢がある場合、ワタクシは人気第一位のものより、一歩引いた?どこかこだわりの感じられる製品をよく選んでいるような気がします。このテレビもそうだったし、パソコンもmacで、クルマも・・・

 しかし、こんな製品は他にもあります。



 ma-macがいつも使用しているデジカメ、Canon PowerShot S70です。35mm判換算で28~105mm相当の3.6倍ズームレンズを搭載し、CCDが1/1.8インチ710万画素のもの。最近のデジカメは薄くて軽いものが多いですが、これ、お世辞にも薄いとは言えない・・・。分厚いです。しかし、今のデジカメにはない(削られた)機能もあります。PowerShot S70には、絞り優先AEやシャッタースピード優先AEといった撮影モードが搭載されており、これらを使えば、シャッタースピードや絞りを撮影者自らがコントロールしながら、簡単に適正露出を得ることができます。参考写真。また、画像の保存・加工に役立つ「RAW記録」やフィルムカメラ間隔で設定できる「ISO感度」。そして、なんといっても記録メディアがコンパクトフラッシュなのが購入の決め手。記録ミスが無く、安定していたため。最初は、オートでパシャ。購入してから数日後、マニュアルモードでパシャパシャっと。
 これもどちらかというと、マニアックな機体になるんだろうね~。2004年夏の発売だったけど、最近でもオークションで2万ぐらいで売ってあるし・・・。


 ところで、最近気になってしょうがないのが三洋電機のXacti DMX-HD1000。HPによると、『フルハイビジョン1920×1080のデジタルムービーカメラ、ザクティDMX-HD1000。Xacti テクノロジーが創りだした世界に類を見ないフォルム。使いやすさを追求したエルゴノミクス スタイルは、撮る人の心の動きに沿ってその実力を存分に発揮します。』ということらしい・・・。
 デジタルムービー機には、canon、sony、panasonicなどいろいろな機種が溢れ出てきています。CMもよく流れているし電気店にもどこにも置いてありますよね。しかしXactiが置いてる店は・・・あんまりないんですよね~
 でも惹かれるこだわりのようなカタマリの縦型ボディー、毎日、価格comで価格をチェックしてます。

 ブルーレイディスクとHD-DVDの対決も東芝の撤退でひとまず終止符が打たれたようですが、東芝のDVDレコーダーを使っているma-macとしては微妙な気持ち。HD DVD機は買おうとは思いませんでしたが、ブルーレイ機も同じく。だって、まだ、環境が整っていない気がします。DVDは家でもDVDプレーヤーやパソコン、ゲーム機など、クルマではカーナビなど、いくつもの再生機で見ることが出来ます。しかし次世代DVDは当然、その機能を持ったプレーヤーのみ。まだまだ結構高いし

 何歳になっても電化製品オタクのココロを忘れずにこれからもこだわっていきますタイ


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





 今年も桜の季節がやってきました!昨年のブログでも紹介した、波佐見町の『しだれ桜』。今年は、はりきって朝からの鑑賞ですたい!
 この日は平成20年3月26日(水)朝8時頃。誰~も客はおりませぬ。ただ独り、桜を観賞するma-mac。写真を誰にも気兼ねなく撮ってみました



 その前に・・・。最近、訪れるお客さんが多くなり、残念ながら心ないお客さんもいらっしゃるようで近隣にお住まいの方々にご迷惑がかかっているようです。ゴミの放置とか民家への不法侵入とか・・・。みなさん、マナーを守って節度ある行動を!きれいな環境を手助けするために『お志のお箱』が設置されておりました。ご賛同される方、どうかチャリ~ンと。



 しだれ桜の全景。8~9分咲きってところでしょうか。全然散っていなくてココ数年では一番良いときに観ることが出来たような気がします。タイミング良かったです。



 静かに鑑賞しているとちゅんちゅん、ばたばたっと何かの音。上を見上げると・・・メジロの姿が!何枚もシャッターを押してなんとか姿を捉えることが出来たかなっと。


 今回は、たくさん写真をゆっくりと撮ることができました。おかげで昨年よりもきれいな写真が撮れたような気がします。
 最近はゆっくりと写真を撮る機会がなく、この楽しさを忘れつつありました。しかし、花って良いですね。造形的な美。惹きつけられてしまう色彩。ほのかな香り。五感をくすぐるこの感覚は、作品制作のアイデアがたくさん詰まってるようにも感じます。なによりも、鑑賞することで心が癒される。心が和む。落ち着く。和らぐ。ものごとに行き詰まったら、大きな自然と向き合ってみましょうよ。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





 ひさびさ、お出かけ。長崎県波佐見町の『チェジュ』。韓国料理のお店。まだ何年かしか経っていないと思うけど行きそびれていたので初めての来店になりますよ~。



 ランチタイムでしたのでランチメニューを注文しました。今回は石焼ビビンバ。他にもいろんなメニューがあります。夜はお酒もおいしそう~


 ランチメニューで1000円。キムチなどが入った小鉢や味噌スープが付いてきます。けっこうなボリュームです。コチュジャンもお好みで加えることが出来ますばい
 ジュ~っていう音でも食欲が湧いてきます。それとごま油の香りとおこげの香り。野菜たっぷりでヘルシーな感じですね。


 石焼ビビンバ。正確にはピビンパフ、ビビンパッフ。 ピビン=混ぜる、パフ=ごはん。つまり混ぜごはんという意味です。
 一般にビビンバといえば、金属や陶器等の器に御飯を入れて上にナムル類を乗せたものを言うようです。乗せる具でもさまざまなバリエーションがあって、ユッケを乗せた「ユッケビビンバ」、鱆や貝等を乗せた海鮮系の「へムル(海物)ビビンバ」のほか、ヘルシー志向を反映してか、生野菜を多く乗せた野菜ビビンバ等に人気が有ります。
 『ウィキペディア(Wikipedia)』には、石焼ビビンバは、『日本の大阪府所在の韓国料理店において、1970年ごろに発案され供された創作料理である。 その後、韓国にも逆輸入され、 「トルソッ(岩釜)ビビンバ」と呼ばれるようになった。』とありますが、本当なのでしょうか?以前、韓国のチョンジュ(全州)に行ったとき、そこが本場(元祖)だと教えてもらったんですけど(韓国南西部の全州地方)・・・

 ま、なにはともあれ、次にまた行こうっと。こんどは何注文しよっかなあっと

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






 以前から気になっていた、ブログTOPの画面をカスタマイズすること。昔慣らしたbasic時代を思わせるcss。
思い切って有料のgooブログアドバンスに変更いたしました。
 『gooブログアドバンス』とはブログのデザイン編集、画像容量の拡大、アクセス解析や他社のアフィリエイトなど多くの機能が利用できるとのこと。ただいま、最大3ヶ月無料キャンペーン実施中です。

 参考にしたサイトは、MSN相談箱カラーネーム等です。

 結構難しいような、慣れてくると簡単のような・・・。とりあえず、TOP画面は変わったことだし少しずつカスタムして行こうと思います。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




 先日の大島の帰り道。途中でお買い物~。



 西彼のよさこいばやし。新鮮な野菜や海産物が販売されています。ここでちょっと立ち寄りますよ。



 牡蠣購入~。このサイズで1000円なり~。たくさん入ってました。



 家に持って帰って炭火を起こしてっと。さっそく牡蠣焼きタイムですたい!海の幸はビールに合いますなあ~。感謝感謝っと。



 ついでに牡蠣飯も作ってみました。美味しい自然の恵み、いただきました。
 また買いに行こう~

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ