ものつくりにん(ma-mac)の生活
ma-macが感じた造形的表現の日々。
 




 最近、毎年のようにイノシシの被害が出ているニュースをききます。山林伐採、開発による野生動物の住処が減少しているのでしょう。以前は人間との明確な住み分けができていて、よっぽどのことがない限り、出会わすこともなかったはず。
 しかし、山での食料不足やゴミの不当廃棄などによっておこる環境破壊。人間の犯したさまざまな原因が元となり、今のような状態になったのではないでしょうか。
 波佐見町にもイノシシが山から下りてくるようです。田畑には電気柵は張り巡らされています。私の部屋の山側の窓からすぐ近くまで来ることがありますよ。


 イノシシの子どもを『ウリ坊』と呼びます。幼少期にはシマウリに似た縞模様の体毛が体に沿って縦に生えており、成体よりも薄く黄褐色をしています。イノシシの幼少期は天敵が多く、この縞模様は春の木漏れ日の下では保護色をしていて、その姿かたちからウリ坊・うりんこ・うりっことも呼ばれています。この縞模様は授乳期を過ぎた生後約4か月程度で消えるとのことです。
 もともとブタは、イノシシが家畜化されるうちに品種化していった動物であり、中国語で「猪」という単語/文字は一般的にブタを意味します。イノシシを表記したい場合は「野猪」と表記します。韓国でも今年はイノシシ年ではなく、ブタ年です。豚グッズが売れているようですよ。


 イノシシの紹介をしたところで、本日の本題に入りまーす。妹がイノシシの足を貰ってきたので、どういう風に料理するか迷ったんですが・・・・・、シシ鍋、焼き肉、バーベキュー・・・・、今回は角煮に決定!
 肉を一口大にカットしてお湯を入れた圧力鍋に入れます。ショウガ、ニンニクを適当に入れ、醤油、酒で下味を付けた後、点火~。30分程で出来上がり~。コテコテだった脂分が抜け、見た目よりもさっぱりな感じに仕上がりました~。


 くさみもなく、豚肉のように脂ぎっておらず、どこか野性味のある味です。家畜化されたモノと違って、カモとか地鶏とか馬なんかも同じような野生のコクがあるんですよね~。また貰ってきてくれないかなあ~っと。

 しっかしこのブログ、ma-macの食べ物万歳!ぽい情報ばっかしになってきた造形的なこともアップできるよう頑張りマッス

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





 昨日、家に帰ったら産直品のお届けものが・・・。開けると鯵と鰯のひらきがいっぱい。佐世保のお知り合いの方からいただきました~。。さっそく焼いて食べましょう~


 箱の中には『柴崎水産(有)』というチラシが入ってました。佐世保市東浜水産加工工場グループの商品のようです。あじみりん、いわし白みりん、いただきまーす。


 いわしの白みりん、唐辛子がのってますが辛さはなく、生臭さを上手く消してあり、旨味成分たっぷりでーす。
 あじのみりん、軽く焼いてご試食。身から肉汁が出てきてお酒がすすみます~。
 どちらとも、みりんの甘い感じがなく、自然な味に仕上がってました。おつまみ、ごはんに最適でーす。


 別の方から、『いかしゅうまい』をいただきました~
 これも絶品の旨さ!。これで数日は酒のさかなには困りませんなあ~っと。これも自然の恵みがあるからこその楽しみ楽しみ。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )





 またまた五島から新鮮な魚介類がやってきましたよ~。いつもありがとうございます~。初窯展のために用意していただきました。


 アラカブは眼が透き通っていて新鮮そのもの。しかも良いサイズ!10匹ほど入っていましたよ~。
 タコは朝どれをすぐに茹でてから凍らせたとのこと。食べる時は解凍していただきます。
 サザエ、これまた大きい~。30個ほど箱一杯入っていました


 貰った中でも大きい2匹を選んで3枚におろして刺身にします。今回は、すぐ食べずに昆布締めにしてみましたよ~。
 半日程置いて切って・・・。これがもちもちしていて旨い!新鮮です。身が透き通っていてキラキラしていました。


 サザエはいつも炭火焼か、魚のグリルで焼くんですけど・・・・、グリルに大きすぎて入らない。これは困った・・・・。外は寒いし、炭を起こす元気なし・・・。
ここで良い考えフライパンで酒蒸しにしてみよう~っと!これが良かったです。火の通りも分かりやすく、身もコリコリしていて美味しい~。炭火のときの焼きすぎてカチカチになる失敗もなくて今度からこれで行こうかな~。

 やはり新鮮な魚介類はいいですね~。自然の恵み、また堪能してしまいました。またお願いしま~す

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





 1月12~13日にかけて、今年に入って初めての窯焚きを行いました。19日(金)から29日(月)の間、初窯開き展を自宅にて開催中で~す。21日(日)に初窯出しを行いましたよ~。


 これは窯焚きの様子。薪を入れる焚き口(胴木間)にも花瓶を入れています。1200度を超えると煙突からも炎が伸びて出てきます。いつもながら神秘的ですたい!


 いよいよ窯出しで~す。48時間ほど焼成した窯の作品、どんな感じになってるかなあ~っと。窯のレンガを外す瞬間はいつもドキドキでたまりませんなあ~


 陶芸教室の生徒さんもたくさんお手伝いに来られてます。多くのお客さんがくればいいなあ~
法被も大活躍!けっこう好評で良かったですたい!




 たくさんの作品が窯から出てきましたよ~。日常食器がほとんどです。なかには大きい作品もあります。窯出しした作品は、その場で来られたお客さんに販売されます。
 初窯で焼き上がった作品でご飯を食べたりお茶を飲んだりすると、健康で長生きするとか、なにかと縁起が良いようで・・・。毎年、たくさんのお客さん、ご来場ありがとうございま~す

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





 久々、購入しました!プリンター~。『canon mp960』です!複合機のこの機種はコピー、スキャナーの機能も備えた賢い機種です。以前、プリンターを買ったのは10年以上前。3年程使った後、壊れてそれ以来、職場のを酷使してたような・・・。久しぶりに自由に使える個人ユースのプリンター購入となります。canon mp960についての詳しい情報はコチラ!


 インターネットで購入して、到着しました~。箱はでかいなあ~。複合機だからしょうがないか~。


 付属のインクを装着すると・・・、なんとライトが点灯する~。すごい!ここまで進化しているとは・・・。恐るべし!canon!


 さっそく、プリント開始~。モノクロのプリントの早さに圧倒されました~!すばらしい!しかもエクセルデータはすごい早い!早すぎるなり~!A4は1枚、3~4秒。まさに秒殺です。イラストレーターのデータでもモノクロなら10~20秒程。
 カラーは最上級のキレイモードで2分程かかりましたが、きれいな用紙を使うと複合機とは思えないクオリティに満足です。スキャンもスピーディーですし。インクも思った程減らず、よかばっかりですたい!
まあ、カメラもずっとキャノンばっかりだしキャノン好きだからかもしれないですが、それを抜きにしてもこのプリンターは買って正解でした!macとの相性もいいし。
 これから、写真とるのとプラス、プリントする楽しみもできたな~っと

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ