ものつくりにん(ma-mac)の生活
ma-macが感じた造形的表現の日々。
 




 ここは『長崎くんち』で有名な長崎諏訪神社。市民からは“お諏訪さん”として親しまれる長崎鎮守の神社です。弘治の頃(1555~57)、信濃の諏訪社から御霊分けされ、当初現在の寺町にある長照寺付近に祀ってあったといわれています(その名残としてこの辺りは現在も諏訪町という)。
 戦国時代、キリシタン大名・大村氏の領地となり他教を排斥したため、市内の社寺は破壊されてしまったが、肥前唐津の初代宮司・青木賢清(けんせい)が長崎奉行・長谷川権六に願い出て、森崎大権現、住吉大明神、諏訪大社の3社を合祀して再興、長崎の産土神(うぶすながみ)として寛永元年(1624)、現在の松森神社の場所に建立された。慶安元年(1648)に現在の場所に移築されて現在に至ります。
 長い石積みの階段を上っていくと本殿に到着します。風格のある、狛犬がかまえています。


 神社のなかにはたくさんの石造りの造形物が設置されており、お参りがてら、見学するのも楽しかったです。
 [1]高麗犬井(こまいぬのいど)・・・どんな旱魃にも枯れることなく甘く香りただよう清浄水であると史書に見られます。この水を飲めば安産に効き目があると云われ、またの名を「銭洗い狛犬」とも称し、お金をこの水で洗えば倍に増えるとの信仰もあります。かわいい狛犬の口にくわえたパイプから山の湧き水が流れています。
 [2]止事成就狛犬(とめごとじょうじゅこまいぬ)・・・昔から、家出足止め、借金止め、更に受験滑り止め、禁酒、喫煙などに願い事の場合コヨリを足に巻きつけるという信仰があります。
 [3]願掛け狛犬・・・江戸時代長崎の遊女街に登楼した船員を、翌日海が荒れて出航できないでもう一晩泊って貰うことを願って、遊女が狛犬を海の方向に廻して願を掛けた故実から「願掛け狛犬」と呼ばれています。願い事には狛犬を廻して祈念して下さい。この祠には、七福神の中の弁財天尊が祀られています。財宝を恵み、音楽と方位を司る神として崇敬されております。


 ここは諏訪神社に隣接している長崎公園の『動物ひろば』。市が管理している無料の小さな動物園?です。散歩がてら立ち寄りましたが、意外とかわいい動物ばかりで楽しかったですよ。が、しかし、コアラの水道では手を洗いたくない・・・。鼻水が出てきそうな予感


 諏訪神社を見学後、近くにあるサント・ドミンゴ教会跡資料館を見学してきました。ここも無料の施設で、桜町小学校内(長崎市勝山町)にあるこの新しい資料館には、同小学校校舎の建設工事に伴う平成12年の発掘調査で出土した江戸時代初期のサント・ドミンゴ教会跡の石畳や排水溝などの遺構の一部がそのまま保存公開されています。出土品には、花十字紋瓦(はなじゅうじもんがわら)やメダイなどキリスト教関連の遺物が数多くあります。当時の長崎とキリシタンとの関わりを物語る貴重な文化遺産だそうです。詳しく知りたい方はhttp://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/bunkazai/sisetsu/santo.htmlにて。


 最後の寄り道。ここはながさき女神大橋道路です。長崎県長崎市にある、一般有料道路として長崎県道路公社が管理する全長約1.9kmの道路で、普通車は100円で通れます。徒歩は無料で渡れますので見学がてら歩いてきました(往復)。海までの高さが65mあるので大きい船でも通れるそうです。
 ここから見える風景を見て、長崎は造船の町だなあとつくづく実感しました。ではまた。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




先日、長崎まで行ってきました。まずは腹ごしらえで、思案橋ラーメンを食べてきました。なんだか気になる「爆弾ラーメン」は炊いたニンニクをラードにからめてのせた人気メニューだそうですよ。豚骨をベースに鶏ガラのダシを加え、麺との相性もバッチリ。その美味しさが噂となり、カップラーメンになって全国で発売されたことも有名のようです。お腹いっぱいになったところで、国宝のある崇福寺へ・・・。



 「長崎駅」からバスまたは路面電車「正覚寺下」下車、徒歩5分で到着します。アーケードのすぐ近くにありますので観光客もまあまあ多いです。この辺はお寺が多く、ゆっくり時間をとればお寺巡りが堪能できます。
 長崎の唐寺を代表するお寺で、寛永6年(1629年)、福州地方の唐人たちの希望で、唐僧超然が招かれ建立した日本最古の黄檗宗寺院です。興福寺が南京地方出身者の建立によるもので南京寺と呼ばれるのに対し、崇福寺は福州寺と呼ばれてます。竜宮門を思わせる三門や珍異奇巧を極めている国宝の第一峰門があります。門の細工仕事がきれいで感動しました。
 もう一つの国宝は大雄宝殿といいます。大雄とは、釈迦如来のことを指し、この中に本尊である釈迦如来三尊坐像が安置されているので大雄宝殿と言うみたいです。逆擬宝珠付き虚(垂花)柱という細工された柱が目を惹きます。けっこうおしゃれかも。また、殿堂内の仏像仏具類は、いずれも中国人名匠の手によるもので、明朝末期文化の縮図といえるものです。
 長崎に3つ(九州に5つ)ある国宝の2つがここにあります。その他にも国指定重要文化財5、県指定有形文化財3、市指定有形文化財6をもつ文化財の宝庫です。長崎の唐寺の特色は媽祖堂をもつことです。媽祖は海の神様であり、当時、唐船主たちが航海安全を祈願して祭ったものです。興福寺、福済寺と”唐三カ寺”と呼ばれています。
 狛犬も発見しました!中国では口を開け閉めは関係無く、向かって左の毬を抱えているのがオスで、右の子獅子と戯れているのがメスだそうです。オスが戯れている毬を繍球(しゅうきゅう)ともいい、この中から獅子が生まれると考えられているので、中国ではめでたいとされているそうです。この日は観光客も少なく、ゆっくりと写真を撮って時間を過ごすことができました。

 今回の旅行で、市内のアーケードを散策中、お相撲さんを発見!なんと先日の夏場所で優勝した白鵬でした。この日は、長崎の『ココロねっこ運動』のイベントで来長していたらしく、アーケードをパレードするために来たとこを発見しました。なので写真も撮りやすく、握手までしてもらいました。ミーハーな私
 その後、街中をうろうろ探索しながらお目当てのチーズ専門店『タチバナフロマージュ』に到着しました。ここは以前から数回ほど訪れたことがあり、久々行きたくなったのでフラッと立ち寄りました。気さくな店主さんで、チーズにめちゃめちゃ詳しく蘊蓄もすごい!の一言です。お客さんがチーズ好きと判れば、どんどん説明してくれます。また、貴重な(高級そうな)チーズも試食させてくれます。今月はサッカーのワールドカップにちなんで、ドイツチーズを販売されるそうです。店主いわく、ドイツチーズはクセがなく食べやすいものが多いのだとか・・・。気になった人は行ってみてはどうですか?詳しくは、http://www.ktn.co.jp/ktn/gopan/guide/g040304t.htmlで。このあと、当然のごとく、ワインを購入してプチチーズパーティを開催したのは言うまでもありません

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





これは私がこの前釣りあげた魚・・・・・ではなくて知り合いの方に頂戴した物ですなんだかわかりますか?左ヒラメに右カレイといいますが、まさしくこの魚はヒラメです。長崎のほうで生きたイワシを餌にして釣り上げた天然物だそうです。60センチ近くありましたよ!買うとなるといくらぐらいする物でしょうか。料亭とかでこんなサイズのお造りが出てきたならば結構な金額でしょうね。久々の大物をさばくことになって、ma-macの腕がなりました
とりあえず、表と裏のウロコとヌメリとりです。その後、5枚におろして、表面の皮を尾のほうからズリズリ引いて包丁でとります。そして薄造り。柳刃包丁でせっせことそぎ切りしてお皿に並べていきます。このサイズだけに10人前分以上の量がとれましたよ!ヒラメのエンガワ(ひれに沿った筋肉質の部分)もきれいにとって。

あとは小ネギと紅葉おろしをつけてポン酢で食べるのが一番好きです。一口食べると・・・筋肉質で身がぷりぷりしていて感動しました。まさに先ほどまで泳いでいた証。長崎っていいなあと思いつつまた一口。刺身にはビールより焼酎や日本酒が合いますね。このサイズのヒラメだと小料理屋によっては皮付きのまま、皮部分を炙り、薄く切ったものを出すとこもあるみたいです。皮のこりこり感と身のぷりぷり感がたまらないようです。今度挑戦しようかなー。おおきなキモも入っていたので、軽く煮付けて食べました。こちらもプルプルして美味しいです。さいごに昆布締めしておいた数きれを酢飯をつくって握り鮨にして・・・これもうまい!の一言です。今回も自然の恩恵を十分にうけたma-macです。残ったアラも煮付けていただきました。それでも残った骨は犬たちのエサです。あっという間にヒラメは跡形もなく消え去りました

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )





この写真、一見、たこ焼きのようにも見えますが実は・・・餃子なんです。かれこれ通い始めて十数年は経つと思いますが、急に食べたくなってしまうこの餃子。佐賀県武雄市にあるこの餃子会館はいつ訪れてもお客さんでいっぱいです。詳しくは次のホームページをご覧ください。http://www.white-gyouza.co.jp/index.htmlです。ちょっと大きめの餃子はホワイト餃子といって、手作りのパリパリ皮に包まれていて、中には野菜たっぷりの具が入っています。おみやげ焼餃子がタレ付きで8個入り350円、生餃子(持ち帰って家で焼く)タレ無しが10個入り300円です。私は家庭でなかなか上手く焼けないのと、タレが欲しいので焼餃子を注文します。焼くのに少々(15~20分ほど)時間がかかりますが、待つのも味わう一つかなと思います
持ち帰る際、クルマの中は香ばしい餃子の香りでいっぱいになります早く帰って食べたくなりますよ。あつあつが美味しいので、帰宅してレンジであっためなおして食べると最高です。
食べ終わって、ブログにアップしようと撮影した写真見ていたらまたまた食べたくなっちゃったなー。あ、別にここの関係者ではないことをお断りしておきます。ただの1ファンでーす
次に買いに走るのはいつのことやら・・・。意外と近いような気がする・・・。


これはお店の外見です。餃子ちゃん?がコック帽冠っているキャラが目印です。このキャラもかわいくてお気に入りなんだなあこのお店には、もしもしラーメン(450円)というメニューもあります。数種類の骨をブレンドしたスープが、塩分控えめのあっさり味。あっさりラーメンとホワイト餃子がよくマッチするとのこと。「もしもし」の由来は、このお店が創業当時、電話局のお隣にあったことかららしいです。お出かけの際はお試しするのもいいかもしれませんね!私は餃子だけで満足ですけど

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




またまた平戸大橋の下まで釣りに出かけました。この日の天気は快晴!おかげで気分も晴れ晴れです。日焼けしましたが・・・。朝の10時頃に出発しましたが、道は混んでなく意外と早く到着しました。早速釣竿を用意して釣り開始・・・と張り切っていたら、海は藻がたくさん浮いていて苦戦しました。なんとか藻の合間を攻めて狙っていたベラをゲットです!

3時間ほどで、ベラ、アジゴをゲットしました。だんだんと風が強くなり、周りで釣りをしていた方もなかなか釣果がなく、帰り始めたので私も早めの片付け。その後帰宅です。

帰る途中に寄り道して、佐世保市柚木(戸が倉付近)にある、姫宮神社に立ち寄りました。以前から気になっていたところで、今回初見学ですものすごい山奥にありとてもいい雰囲気でした。ちょうど境内では近くの人10人ほどで何かの宴会をされていてちょっと警戒されてしまいました確かに見ず知らずのヤツが一人で訪れて狛犬の写真とってるなんて怪しいよね~。まあ、その視線にめげずにパシャパシャ撮りましたけど石灯籠の下には見事な龍の彫り物がありました。ぐにゃぐにゃと山道を登ってきた甲斐がありましたよ!

こちらは狛犬です。まだ建立されて(作り直されたかはわかりません)それほど経っておらずきれいでした。形も複雑でしっかりとしており、威厳があるようですが、個人的には石灯籠のほうがいいです。あと何十年か経てば風格がでてくるのでしょうかねえ?

神社の撮影が終わってから帰宅して、釣った魚をさばいて刺身を造りました。大漁ではなかったので物足りないところもありますが、次回に期待します


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ