鴨が行く ver.BLOG

鴨と師匠(ベルツノガエル似)と志ん鳥のヲタク全開趣味まみれな日々

バベルの塔を観に行ってきました

2017年05月15日 21時19分20秒 | 美術館・博物館
久しぶりの美術館訪問です
週末にちょっと時間が取れたので、気になっていたこの展覧会に行ってきましたー。

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展(公式サイト)

タイトルは「バベルの塔」ではありますが、日本初公開のヒエロニムス・ボスの真筆があったり、この時代のネーデルラント絵画が大量に来ていたり、他にも見所満載の展覧会です。「バベルの塔」は客寄せの目玉かなー、と思ってました。
が。

ボスも何もかも、最後の部屋の「バベルの塔」観たら全部吹っ飛びましたヽ( ´ー`)ノ

いやー、観に行って良かったわー。「バベルの塔」、スゴいですよ。陳腐な感想でスミマセン(^_^;
ブリューゲルの「バベルの塔」は2つあり、今回来日しているのは2枚目の小さな方。想像以上に小さい絵です。が、もんのすごい分厚い世界観!緻密な書き込み!肉眼じゃ無理!!
どんなアート作品にも須く言えることですが、やっぱり生で観ないとわからない「何か」が、この絵にもあります。作品全体に漂う尋常ではない緊迫感も素晴らしい。混雑してると被りつきで観るのはなかなか難しいかもしれませんが、ぜひ時間を掛けて被りつきで観てください。強烈ですよ。

そして、この展覧会を観に行った、もう一つのお目当て。
大友克洋が描いた「バベルの塔」!!
大友氏の原画!!
詳しい下りは、「芸術新潮」を読んでくださいヽ( ´ー`)ノ
これねー、企画展会場入り口横のデッドスペースにひっそりと飾られていて、ほとんどお客さんがいないのよ。もったいなさ過ぎる!これも本家同様、生で観ないと迫力が伝わらないですよー。

会期後半はますます混むと思われますので、行くなら今のうち!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咲きました | トップ | 白と紫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。