元気のでるMAJUブログ

まつばらじゅんこの言いたい放題 gooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ムヒカが帰国にあたり残した言葉

2016-04-14 08:25:19 | 農園
 12日にムヒカさんは1週間の日本滞在を終え、帰国した。「日本人はほんとうにしあわせですか?」を確かめに来たムヒカさんは、日本をどう思ったのだろうか。わたしの推測では、文化や礼儀ただしさは想像と変わらなかったと思うが、日本の若者の覇気のなさ、政治に関心のなさ。暗い色を着て、暗い顔をして歩いている老人を見て、さぞかし、がっかりしただろうだった。わたしだって電車にのって若い人を見ていると、無表情でまわりに無関心でスマホしかみてなくて、何なの?と思うのだから。

 彼もきっと、先進国日本かもしれないが、人々が楽しそうに暮らしていない。なんなのこの国は?と心の中で思ったに違いない。広島の教訓も生きてない。政治はアメリカと富裕層をむいてやっている。ムヒカさんなら1週間ですべて感じただろう。でも、人格者で謙虚な彼は日本の政治家ではないので、政治批判やよけいなことは言わず、本音は心にしまい、帰国したのだ。失望しただろうなあ。憧れに日本だったはずだから。

 まわりの友人たちに、ムヒカさんの帰国時のことが書いてあるものがあったら、ネットで調べて!と頼んだところ、見つけてくれた。
 それは、招待した出版社からの報告だ。こう書いてあった。
「ムヒカさんが帰国にあたり最後に残した言葉・・・自分の人生は自分で考えること。日本が幸せでないと思ったのは、高齢者が孤独なこと、若者が夢をもっていないこと。」
やっぱり!! これは個人の問題だけでなく政治の問題なのだ。

 わたしは見てなかったが、彼が羽田を去る時の映像を見た友人が言っていた。「とても疲れているようにみえた。来たときとは明らかにちがう、失望感がみられた」と。

 今朝の新聞をみると、子供がいる世帯の所得格差・格差の小さい国ランキングで日本は、34位。下から8番目だと報告されている。日本は、防衛費ばかりに予算が回され、福祉がないがしろの国だから、こういなってしまったといえる。 
 「防衛してくれなくていいよ。他国から攻められてもいいよ。それより、最低の暮らしを守ってよ」 テロの脅威とかいって、それって防衛費、軍事費に予算をとる口実だ。武器で特定企業をもうけさせるためだ。だまされてはいけない。原発再稼働も同じだ。それでいいの? 国民はなめきられている。電力自由化だというのに、原発を使用している割合の明記をしないで平気で国民に提示している。自分たちに都合の悪いことは隠す。悪代官のやることだ。こんな政府のやりたい放題を許していいの?
 安倍政権を倒さないと、日本はもっと格差が広がり、このままでは苦しいひとばかりになってしまう。
最低の福祉もできなくて、なにが先進国だというのか。日本はもともと小さな島国で、いい意味の貧乏だった。もとにもどろうとはいわないが、ムヒカさんのいうように、ほどほどでいいじゃないか。防衛費は、貧困格差対策に使うべき。
 わたしたちも声をあげないと。「国やアメリカが守ってくれなくてもいいわよ。武器放棄の国、戦争に加担しない国でいい」と。 いまどき、どんなに守ろうとしても、誰かが核のボタンを押せば終わり。ならば、違う生き方を目指す方が賢いと思うのは、わたしひとりではないはずだ。
 ムヒカさんに手紙を書こうかな。
 

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

政治家はムヒカ氏に見習え

2016-04-13 09:47:23 | 社会問題
 ブログは書き始めると、書かないではいられなくなるが、いったん止まってしまうと、なかなか復帰する気になれないものだ。あべ政権に対し、毎日怒りがこみあげてきて、「だまってないわよ」活動をやったり、講演会をやったり、いろいろやってはいたが、どうももどかしさが。今、考えている作戦は、「あべちゃんのブルース」という曲を作ったので、それをユーチューブで流すこと。だけど、先日、人前で歌ってみたら、あまり反応がなかったのでがっかり。でも、あのときの方たちは政治にあまり関心のない人だったかも。いわゆる守られている人。いい企業にいる人は、政治の話にはのってこない。サラリーマンはだめだわ。会社と自分のことしか関心がないもの。飼いならされているわね。いい人たちだけど、意見のない人たち。

 ウルグアイの前大統領ムヒカ氏が来日したが、日本の政治家で会った人はいるのか。疑問に思った。おそらく日本の政治家はムヒカ氏とは真逆のお金と権力と汚職にまみれている人たちなので、給料の9割を寄付している前大統領とは目を合わすことができないのだろう。弱者のために社会をよくしようというのが政治家の仕事と彼は言っている。あべちゃんには耳の痛い話だ。あの取り巻きの女大臣もひどい人相になっている。ムヒカ氏と比べてみてほしい。心は顔にでる。口と心が一致してないので、怖い権力者の顔になっている。あべちゃんだけでなく、取り巻き全員がヒットラーの顔になってきている。 また、それに気づかない国民がいるのにも驚く。

 日本の国会はひどいメンツばかりだ。ムヒカ氏ではないが、経済という言葉にごまかされてはいけない。もう経済は十分ではないか。権力者はずるいね。弱者に対し厳しくとりたてるくせに、自分は税金のがれ。 家賃が払えない高齢者に対し、容赦なく水道、デンキをとめる。そんなことする権利がどこにあるのか。 基本的人権はどうなっているのか。そういう人を救うのが政治ではないのか。怒り心頭!!日本は本当に人に対して冷たい国だ。政治が悪すぎる。その原因は国民がおとなしいからだ。


 本当にあべ政権、自民党、多くの国会議員はどうかしている。そんなに権力とお金がほしいのか、わたしにはよくわからない。もう家も財産もある人たちなのに。人格失格ね。ポリシーもってる政治家もいると思うが、マスコミが報道しないので、一般の人には伝わらない。マスコミは独立しないとね。政府の御用聞きじゃジャーナリストとはいわないでしょ。

 貧乏な人はその人が悪い、という人がいるが、なんておごった考え方なのだろうか。あんたは守られた会社に入れたからいいけど。会社なくなったら、あんただって、そうなるのよ。といいたい。 わたしも選んで政治の話をしないといけない場面が多くて、窮屈になってきた。

 参院選がちかづてきたので、あべは飴を巻き始めている。保育園問題も急に対応したり。その場しのぎの対策がみえみえだ。国民もだまされてはいけない。民進党も・・ああ・・なんて人相・・なんて人材不足なのか・・わたしたちが政治やったほうがましだと思うわ。ムヒカ氏を見習えといいたい。ムヒカ氏のように国民から慕われる政治家が現れたら、日本は変わるわよ。


 
 

この記事をはてなブックマークに追加

ヒロさんのトーク最高!

2015-12-15 10:31:49 | 社会問題
 ブログを書くのは久しぶり。「だまってないわよ!」のフェイスブックやHPを作っていたので、自分のページはおざなりになっていて反省! ブログを見ているみなさん、「だまってないわよ!」もチェックしてみてください。今、気持ちはそっちにいっているので、よろしくお願いします。
 さて、昨日、毎年恒例の「松元ヒロ・ひとり語り」を中野ゼロに見にいってきた。テレビにでない本物のコメデアンなので知る人ぞ知る。でも、最近は、ファンが急増。本物はいつか、知られて支持されるのだ。
 ヒロさんを知らない仲間4人を誘って行ってきた。今回のトークは、いままでで一番、素晴らしかった。政治状況のせいもあるが、ひとつひとつが心に刺さった。ヒロさんの話は、ただ面白しいだけの人と違い、感動がある。そう、まるで、チャップリンを見るよう。
 ただ、アベを批判して笑わせるだけのわたしと違い、人の魂を揺さぶる。昨日は泣いてしまった。そうだよね。どんなに強行な権力者だって、民衆1億人が「ノー」と言えば、倒せる。民衆の力を信じないとね。
 わたしたちは何を望んでいるのか。経済が豊かであること? 違うよね。 毎日明るく希望をもって生きられることだよね。経済という言葉に、だまされたらだめだ。日ごろから感じていることを、ヒロさんの舞台を見ながら、改めて痛感させられた。
 わたしも、ささやかな、だまってないわよ!運動を始めたが、なんでもいいから、行動することが大事だ。皆さん、松元ヒロを知らない皆さん、チェックして、見に行ってください。わたしがここで、何をいうよりも、わかるので。
 それだって、行動することですよ。デモに行くだけが行動ではない。ああ、昨晩はいい晩だったわ。嫌な時代になったと嘆くこともあるが、真剣に世の中を見たり、生き方を考えることができて、いけいけの時代より、いいわ。
  


この記事をはてなブックマークに追加

畑がひどいことに

2015-08-12 10:08:27 | 農園
 近所に家庭菜園を借りて、夏野菜の種をまいたところまでは順調だったが、その後、暑いやら足が痛いやら、自分に理由をつけて行かなかったら、運営側から電話がありギョ。うちの畑の雑草がひどくなっていて、回りの人の迷惑になるので、雑草を刈ってほしいとのこと。
 わあ、恥ずかしい。自分の畑なので、どうなっていてもいいと思っていたが、これって、空家問題と同じだと思った。自分のところはどうなってもいいが、隣の人は汚い家が隣にあったら迷惑だ。いやだ。わたしの畑が、同じ状態にあるとは。それを聞いて、昨日、畑に飛んで行った。よくみると、どの畑もきれいに手入れがされていて、きれいな野菜ができている。
 地域デビューしようと思い、近所に借りた畑だが・・・ああ、恥ずかしい。畑は憧れだけでできないことを痛感。大反省の日でした。

この記事をはてなブックマークに追加

高校生のデモは

2015-08-02 22:11:21 | 社会問題
 あまりの暑さに耐えかねて、朝からスポーツクラブに行く。軽く運動してサウナに入るとああ、極楽極楽。冷たい水のおいしいこと。しかし、今日行われる高校生デモが気になり、ようすを見に行こうか迷うが、電車に乗る気になれずに、家に帰る。
 夕方、ネットで見ると、数千人が集まり、かなり盛り上がったようだが、夜7時のNHKニュースでは、とりあげなかった。これだからね。今日、一番のニュースだったはずなのに。熱中症にかかった人が何人いたとか、どうでもいいニュースは繰り返しやるのに、大事なことは報道しない。もっと、公平にニュースは流すべきだと思う。というか、社会に関心ある人は、ネットから情報を得る時代なので、テレビは化石だ。NHKアナウンサーの立ち振る舞いをみていると、個性も感情もなく、ただ言わされいるのがよくわかる。若い能面のようなアナウンサーばかりで、北朝鮮かと見間違うほど。
 ああ、ほんと、何をみても文句をいいたくなる。これって暑さのせい?それとも年のせい?  

この記事をはてなブックマークに追加

ドコモの対応に激怒

2015-08-01 22:05:03 | 日記
 ビックカメラのドコモで携帯をスマホに替えようと、行ったところ、
必要条項を書くだけなのに、店員はポケットからくちゃくちゃにした表をだしては
しまい、だしてはしまい。書いては消し、書いてはけし。5分、10分、30分、とすぎていく。
もう少しがまんして待とうと思っていると、その店員よりは上だと思われる店員が、「お待ちの
間に、支払いが安くなる方法があるので、説明させてください」と。頼んでもないのに来た。
「不思議に思うと思いますが、タブレットも同時に契約してもらうと、支払金額が
これだけ安くなるんですよ」 わたしはスマホだけを買いにきたのに、タブレットも買わされる?しかも
その方が安くなるとは・・そんな詐欺まがいの話?ある? タブレットを売るために会社の戦略か。
安くなる話に、わたしが乗ると思っているのか。
「タブレットは入りません。それに、わたし、別に購入代金が安くならなくてもいいんです」と言うと、ふいっと
どこかに行ってしまった。
 インターネット世代の店員は、お客をなんだと思っているのか。ひどい態度。それとも
わたしが若くないから、ばかにしたのか。とにかく不愉快。
 しかも、担当の店員は、まだ、計算している。もう40分以上たつ。記入するだけなのに。
この店員はだめだ。信用できない。近くに、先輩らしき店員がいるのに、その人もフォローしようとしない。もう、頭にきたので、「すみません。契約やめます。その書類、返してください」と席をたつと、
先輩店員は笑ながら、口だけで「すみません」
 こういう世代の人がわたしたち団塊の世代の老後をみるのかと思うと、想像しただけで恐ろしくなる。



この記事をはてなブックマークに追加

アッキーは何してるの

2015-07-30 10:25:16 | 社会問題
友人とアベ政権の話になり、ところであのアッキーは、どういう人なの?という話になった。夫と違う発言をして、家庭内野党みたいな立場とっているけど、あれってアベの印象をよくする作戦よねと。夫のフォローする妻よね。夫婦そろって、小賢しいわね。夫と考え方が違うなら、別れればいい。それならカッコいい。女性が指示するわよ。
 世間に、夫の悪口散々言っていても、別れない妻、いるけど、アッキーも同じ。とにかく、わたしは昔から、あのカップルが軽くて好きでなかったので、どうでもいいけど。早く、首相の座を退いて、二人で仲良く余生を送ってくださいと言いたい。すごく迷惑。
 

この記事をはてなブックマークに追加

郵便局

2015-07-28 12:08:26 | 社会問題
 昨日、事務所近くの郵便局に別納で1000通送るために、暑い中、ガラガラで向かった。切手を貼ってだすより、別納の方が手間がはぶけると思ったからだ。ところがスタンプを渡され、自分で押してほしいと。しかも、数も自分で数えて申告してほしいという。それって、郵便局の仕事なんじゃないの? と思ったが、言われるままに。これだけあると、数を正しく数えてスタンプ押すのも一苦労。途中で、数がわからなくなったり。
 数を書いて、「ああ、これで終わり」と渡すと、軽量するという。「えっ何を計量するの」
見ていると、100通ほど束ねて輪ゴムで縛り、計量機ではかる。それで、数が正しいか測るというではないか。それって、ものすごくアバウトではないのか。案の定、わたしたちが申告した数と合わなかった。そしたら「誤さの範囲ならいいんですが、ちょっと数があわなすぎる」ですって。だったら、そちらで、1枚1枚数えるべきではないのか。それが郵便局の仕事でしょ。
 事務局に電話をして、シールだしした数を聞こう思ったが、携帯をもっていなかったので、ちょっと電話を貸してくださいと言ったところ、それは困ると断られた。そういうルールになっているらしい。
 いつの間にか、マニュアル通りでしかやらない人たちになってしまったようだ。融通も気持ちもない。上から言われたようにやるだけ。上から叱られないようにするだけ。郵便局だけでなく、最近、どこにいっても、そういう対応になっているのが、怖い。日本ってこういう国だったかしら。みんな管理され、ロボットみたい。お金勘定だけじょうずで。
 さらに呆れたのが、うちのスタッフが事務局に正確な数を聞きにいっている間、ソファで待っていると、郵便局員が、わたしを呼んだ。なんだと思い行くと、チラシをみせ「玉ねぎ入りませんか」だって。あんたは八百屋かよ。家庭菜園やっているので、いらないというと、こんどは「じゃ、梅干しはどうですか」だって。これはノルマがあるんだなと思った。でも、それって本末転倒ではないのか。恥ずかしくもなく、玉ねぎを売る・・・
 ああ、いやな世の中になったものだ。郵便局がこれなのだから、安保法が通ったら、この国はやりたい放題になる。そうではくても、政治に怒りを感じているのに・・・アフラックのあひるを蹴飛ばしてやりたくなった。郵便局も自衛隊もアメリカにやられる。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊の足音

2015-07-21 09:06:12 | 社会問題
 長い間、お休みしていたブログを再開します。ここで文句を言っているのが空しく思い、書く気になれなかったが、やはり、いうことは言わないと、そういう気になったわけです。アベ政治は、予想通りに悪い方に向かい、最後のアクセルを踏み込むところまで来てしまった。いくら原発反対、憲法改正反対をしても、デモをしても、しらんぷり。ここまで傲慢で獰猛とは。育ちが悪い。
 しかし、安保法のことから、若い人が立ち上がり、学識者も立ち上がってきたことで、やっと、アベ政治を引き落とす風が吹き始めた。いくらデモをしても無視され、この国は変わらないと思っていた人も、変わってきた。
 澤地久枝さんの呼びかけは、すばらしい方法だと思う。みんながそれぞれのところで「アベ政治を許さない」を掲げるというのは、誰でも自己表示できるし、なによりもアベを嫌がらせることができる。
 アベや議員たちは、権力に目がくらみ、大事なことが見えていない。武器をもたないことこそが、強力な武器なのに。戦争放棄こそが、諸外国から尊敬させることなのに。わかっちゃいない。アメリカのポチになり、権力ごっこ。アメリカ白人がそんなにすぐれていると思っているのも不思議。
 貧困若者が急増している日本。未来のない若者がいっぱい。そこに政府は、「自衛隊へどうぞ」の飴をだす。自衛隊に入ると、お給料はこんなにもらえますよ。こんなに楽しいところですよ。奨学金の払えない若者の中には、やむおえずお金のために自衛隊に入る人もでてくるだろう。そして戦場に行く。自衛隊に若者が集まらなかったときは徴兵制だ。そうならなくても、その方向に向かっている以上、反対しないと恐ろしいことに。
 昨日、この世の中の動きがわかる場面に出くわし、びっくりしたので、ここで書きたい。昨日、うちの会の定例の集まりを公共の施設でやった。フロアには会議室がふたつある。ひとつの会議室で、話し合いをしていたら、なんだか若くてきれいな女性や、身なりのいい40代ぐらいの夫婦が、入ってきた。うちの会員は中高年おひとりさまなので、どっちかというと暗めの服装だ。うちの関係でないと、すぐにわかったので、「あちらの部屋ではないのですか」と。それにしても、今まで、この区の施設では見たこともない若くてきれいな格好をした人ばっかりだったので、隣の部屋でやっていることが気になり、ドアが開いた好きに中を見ると、自衛隊の制服を着た人がいる。この施設にふさわしくない人たちだ。ここは地域の活動をする人が使用する施設なのに、自衛隊が使うことができるのか。まず、疑問が。どうも、今日は、自衛隊員募集の説明会のようだ。あの若者たちは、親と一緒に来たのだ。
 部屋にはよくみると「自衛隊員募集」の張り紙があった。全面アニメキャラクタのチラシはぱっと見たら、アニメ祭りのチラシかと思うほど。自衛官の服装などどこにもでていない。敵も作戦を練っているんだ。
 自分たちの部屋にもどり「たいへん、たいへん。もうここまでアベの手が伸びているわよ」とわたし。そして、写メをとろうと、チラシをぱちぱちやっていると、部屋の中から制服きた自衛隊員がでてきたので、こわくなり、部屋に戻ろうとすると
「チラシでしたら、どうぞ差し上げますよ」ですって。あんな小さなシャッター音に反応するとは、さすがに自衛隊。
 公共の場にあの制服はものすごい違和感を覚えた。これからは、こういう光景がそこかしこで見ることになるのかも。早く、安保法を止めないと・・
 まだまだ、話はあるので、この次に。







この記事をはてなブックマークに追加

今こそ、行動するとき

2014-03-28 11:09:56 | 日記
 先日、趣味の友達と立ち話をしていて、原発問題や社会問題に関心のなさそうな人でも、ちょっとふってみると、かなり関心をもち心を悩ましていることがわかった。勝手に、こちらで、あの人はお金持ちの主婦だから自分のことしか、関心ない、と決めつけてはいけないと反省したと同時に、うれしかった。
 社会問題に関心あるのは、一部の人だけで、ほとんどの人はあまり関心ないと思っていたが、ひとりひとり話してみるとちがうかもしれない。
 町を歩いていると、どの人も今起きている原発問題のことなど忘れているように思える。いいわよね。自分のことだけ考えていればいいなんて。みんな、消費税が上がる前に安く買おうと必死だ。わたしから言わせれば、数パーセント安く買えたからって、何なんよだ。そんな自分の家のことより、もっと大事なことがあるでしょうに。「ああ、この国はばかばっかり」 「ばか」はわたしの口癖なので気にしないでください。本当はわたしほどバカはいない。
 被災地訪問、原発がなかったらの映画といい、どんなに関心のなかった人でも、見れば心が痛くなり、何もしてない自分の良心を疑う。
 みんな言う。被災者はかわいそうだけど、どうしようもないわよね。同情するだけだ。同情するなら何かしろ。でもどうしたらいいかわからない。それが大方の気持ちだろう。
 でも、わたしは思う。どうしようもないから、そのことには触れないはだめ。そのつけは自分の子供たちにくる。わたしは自分に再び問いかけている。
 どうせ変わらない。諦めるのは簡単だ。でも、この時代に生きているものとして、やらねばならないことをやらなくてはいけないのではないだろうか。
 趣味の友達もデモに行ったという。でも、今は行ってないと。何か自分らしい方法はないのか。、もっとちがうやり方で、やることができないかしら。
 立ち話なのに、案がでた。女性たちが連帯して、政治を変えることをやらないといけないのではないか。政治の世界を男のものにしない運動をする。今の政治は男性の頭で男性の価値観でやっている。だから、経済だ。利権だ。俺が一番えらいんだ。言うこと聞け。みたいになっているのでは。
 今の国会も女性はいるが、ご存知のように、赤い服着た男(女)がやっている。権力好きの同じレベルの女たちだ。本来、女はもっと柔軟で心とか命を優先する人のはず。女は男に比べて権力志向ではない。だから、政治にうといのだ。今の男たち(議員)を見て。戦後生まれだというのに、化石みたいな考え方の男ばかり。そんなえばってどうするの。ばかじゃないかと思う。ああいうのを教養がないというのよ。
 わたしはウーマンリブとか反対運動組織が苦手。だから、そういうところには属さないでひとりで戦っているし、戦ってきた。でも、今、こんな悲劇が起きたじだいだからこそ、みんなでネットワーク組んで、社会を変えることができるのではないかと、思うようになった。柔軟で軽やかな女性たちで。
 バレエのお友達も「どうにかしたい」と価値観が一緒で、今度、飲むことにした。教会やさまざまなところで、活動しているということだが、大きなうねりにならない。同じ思いの女性は多いのだから、連携して、新しい動きつくりたいねと。もちろん、柔軟な男性は仲間だ。そう、もう男とか女とかではない。人なのだ。
 大上段からではなく、下から。草の根でやれないかな。わたしは、同じ価値観の友達と政府批判して、自分たちにできることを探っているところだが、もう少し、大きな動き、うねりを作れないものあ。新風を起こして、日本の心をとりもどす。今の日本人は本来の日本人ではない。心をどこかに置き忘れてきている。
 「64歳のデモデビュー」わたしの変化を追った映画を見せながらわたしが語る。これまで何回か呼ばれてやってきたが、もっと積極的にやる。そこが突破口になるかもしれない。
 ご存知のようにわたしのトークは、マシンガントーク。メチャクチャ痛烈だ。この特技を生かして、まだ、消費税しか興味のない人を、社会問題、政治に関心もってもらうことをしたいなあ。
 そのうち、HPを変えて、映画をもちながら旅芸人のように出向こうかしら。3・11以来、ずっと、なんか、本来の自分が発揮できないいらだちを感じている。
 どうせ、あと10年ぐらいの命。政府のやり方に黙ってはいられないわ。わたしたちがもっと賢くならないとだめだ。これが、昨今のわたしの思い。賛同する人、いますか。

この記事をはてなブックマークに追加