maple valley ~乙女手芸部~

特別支援学校に勤務しています。
大好きなものづくりと日々のあれこれを
のんびりと綴っていけたらと思います(^^♪

信州特別支援カンファレンス ②

2017-08-07 14:53:20 | 日記

カンファ後のものすごい眠気に
一日中手離せません
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州特別支援カンファレンス ① | トップ | 信州特別支援カンファレンス ③ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでしたー (100均工女)
2017-08-07 22:59:46
maple部長の実践報告は ミントタブレットです!
聴いてると 胸がすく
まさに爽やかーになれます

それにしてもー
今年の抄録には笑っちゃいましたよ(≧∇≦)
あれっ、なんで『暮しの手帖』が入ってるのかしら?
って思ったよ。いたずら心満載な信州カンファだね〜
Re:お疲れさまでしたー (maple)
2017-08-10 22:58:50
100均工女 sama

コメントありがとうございますm(_ _)m

ミントタブレット(o^^o)
嬉しいです☆

いただいた2枠とも
笑いもとれずσ(^_^;)
緊張Maxで、不安な終わり…
聞いてくださった方は
どう感じたかな?と思っていました。
特に進路支援の実践は。

抄録、パチミントタブレットと
8回を重ねるカンファレンスですが
たえず変わっていくー
そんな実行委員の先生方の思考、
モノやコトに、自分も動かなきゃ!
何かしないと!と思います(^^)

今から9回目は何がくるか⁈
楽しみです☆
Unknown (100均工女)
2017-08-12 00:17:02
「伊那といえば」に「ざざ虫」が来るとは予想外〜
虫といえば長大で3匹もミヤマカミキリの死骸見た。
私立図書館に『きらめく甲虫』幻冬舎 があって
「ときめくプラ板」みたいなタイトルで借りたよ(^^)
プラチナコガネムシが好き!

いやいや、maple部長の特性は
「笑い」でなく、マイクロウェーブみたいな…
常識や伝統で凝り固まった人達の脳を
刺激して共振させて 解凍する電子レンジ的なー
カチンコチン思考を回転させてやるインパクトです!
進路の実践も
外の世界を知ってるmaple部長ならではの支援だな〜
っと惚れ惚れしました(*´ω`*)
卒業後の社会では、答えは複数だったり無いかもしれないし、
とにかく自分で考えるしかないものね。
で、ある程度自分で考えた答えを信頼できる人に
相談できるスキルが大事ですよね。

VOCA王子とかmaple部長とか
『変数人間』フィリップKディックに出て来る
不確定要素のトマス・コールみたいだな〜
詳しい解説は代表にでも聞いて下さい(笑)

・・われわれは専門化している。だれもが自分の得意分野、専門の仕事を持っている。わたしはわたしの仕事を理解し、きみはきみの仕事を理解している。進化の傾向はより大きい専門化を目指している。人間社会は、力尽くで適性を強いる生態系だ。たえず複数性が高まるため、個人が自分の専門外のことを知るのは不可能になるー

ーあの男はちがう。あの男はなんでも直せるし、どんなことでもできる。知識とか学問とか、分類されたデータの蓄積をたよりに仕事をするわけじゃない。あの男はなにも知らない。学問のかたちで頭の中にあるんじゃないんだ。彼は直観で作業する
ー彼の能力は、頭の中でなく、両手の中にある。

コメントを投稿