maple valley ~乙女手芸部~

特別支援学校に勤務しています。
大好きなものづくりと日々のあれこれを
のんびりと綴っていけたらと思います(^^♪

自主勉強!?

2017-04-23 20:27:33 | 日記
学年がひとつあがり
毎日の宿題に"自主勉強"が加わった娘。

この"自主勉強"について何かがひっかかっている
らしい・・・(^^;)

先生の指示では毎日の宿題+自主勉強(教科の内容から選択し、必須)

娘の"自主勉強"の解釈は、「自主勉強は自分からするものだから
必ずやらなくてはいけない+内容にしばりのある自主勉強は
"指定自主勉強"じゃない?」のかと。

なるほどー☆

誤解をうけないために一応・・・
娘は自主勉強をしたくないわけではなく
"必須の自主勉強"と自分の"自主勉強"の解釈の違いに
疑問を感じひっかかっているもよう。

こうしたことは時どきあって
娘の疑問に時として私がはっとすることもあり・・・

「明日からは自主勉強も必ずしてくきてくださいね。」と
言われて、すんなりと「はい。」という娘ではないけれど
娘が自分なりに疑問をもって生活していることは
とても嬉しく、彼女の良さだと思っている母です。

ちなみに、春休みにおばあちゃん宅で過ごす時間が多く
化学なおばあちゃんの"科捜研系の推理ドラマ"好きに
影響を受けた娘に、しましま先生のブログで紹介されていた
"おはなし推理ドリル"生き物事件ファイルを見せたところ
今の彼女の興味にぴったりだったことと動物好きが功を奏して
"自主勉強"として何だか楽しそうにやっています☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教室掲示物 ベース | トップ | 自分のペースで »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (100均工女)
2017-05-14 00:06:55
(あれっ 何かが オカシイ ぞ)って気がついちゃった人は、
流されて生きてる人よりも きっとしんどい。

今の子供は 宿題の量が多いんですね(*_*) さらに自主勉強⁉︎
昔は 小学校の中学年になると予習・復習ノートってのはありましたが、
提出は必須じゃなかったです。
宿題も30分もかからない程度でしたが ほぼ毎日
宿題の中から問題が出されたから 宿題をやってくる子がほとんどでした。
点数が悪いと居残りさせられる時代でしたからね〜
たまーに先生が「これは特別な宿題だから、やりたい子だけやってきて。
やってこなくても成績には関係ありませんよ。」って
出された宿題は 張り切って一番最初に提出してたなー私
覚えてるのは小3か小4の時の「自分で考えた物語や詩の本を作って来なさい」
という課題で、当時好きな本『いたずらラッコのロッコ』ってタイトルを
パクって『イルカのカール』って海の冒険物語を提出して
先生に「あなたって子は、どうして点数にしない課題は頑張るの(笑)」
って言われたり。でも、閻魔帳には良く書いてくれたらしい・・
小5の男性教師が出した「ラジオ天気予報を聴いて 自分で天気図を描いてこい。」
って課題も女子で提出したのは私だけだった(^^;
…ザザッ、ウラジオストク、北北東の風、風力2、快晴、1,020ミリバール、6度…
天気記号の◯とか◎や● 「F」は風力3 って記号にして、等圧線や前線は適当に_φ(・_・
生まれた時からTVありましたが、ラジオも聴いた世代(笑)

平成の子は、アメダスの画像とか視覚情報なんですね。
信州カンファOPスライドでbo-ya先生が参加者の分析を
アメダス風にしたのは面白かったな(^-^)
興味があれば勉強は自発的にやるもんです
Unknown (maple)
2017-05-14 10:24:37
100均工女sama

コメントありがとうございます(*^^*)

>(あれっ 何かが オカシイ ぞ)って気がついちゃった人 は、流されて生きてる人よりも きっとしんどい

そうですねー(-_-;)
この"気づき"って生きる上で大事だなと
思うのですが、娘もそうですが
"立ちはだかる壁"になる確率の方が
多いですね・・・

母としては心が折れないように
"その感覚大事!"って言い続けることしか
できませんが(-_-;)

天気図の課題、いいですねー
何か、子どもがやることの制限をかけないというか
そうやって自分の興味で掘り下げた学びって
大人になっても覚えているきがします。
私も小5の時にアルフレッド・ウェゲナーの大陸移動説について町立図書館で調べまくったことを
今でもよく覚えています

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。