南相馬市ふるさと回帰支援センター

南相馬市ふるさと回帰支援センターより、南相馬の情報や移住の案内などを発信。なんでもきいてけろ。

平成23年度 第1回 幹事会が開催されました。

2011年05月20日 | 日誌
本年度初めての幹事会が5月19日(木)道の駅南相馬 大ホールで開かれました。

3月11日に起きた東日本大震災後初めての顔合わせです。

久しぶりの再会に思わず笑顔がこぼれましたが、会員の皆様の状況がわかるにつれて

改めて今回の地震・津波・そして原発災害の被害の深刻さを痛感する事となりました。

ここ原町区は無線塔が建っていた事でもおわかり頂けると思いますが、地盤が固い。

地震による被害はそれほど多くはなく、瓦屋根が落ちる程度だったそうです。

中には玄関に飾ってある大皿でさえ落ちなかったと聞かされるほどです。

     「家は殆ど被害がない!」

市民の多くの方が言われる言葉です。

     「だから…本当に!本当に悔しい!!」

こんな悲痛な叫びを何度受話器の向こうで聞いたかわかりません。

殆ど無傷の我家。原発問題さえなければすぐにでも復興できているはずのふるさと!

私たちセンターは何ができるのか?何をしなければならないのか?

真剣な協議が長時間に渡って行われました。

    
            「道の駅南相馬」に隣接する高見公園 

     
            「看板」理由に偽りなし!ですが…

    
            シロツメクサが満開となりました。    

  
        無線塔跡にできた花時計 震災後植えられた花が満開です!
  
  




>>南相馬市ふるさと回帰支援センターHPへ 





















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南相馬市ふるさと見聞録  ... | トップ | 南相馬市ふるさと見聞録  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む