The collection of MARIBAR 

マリバール 文集・ギャラリー

3 出会い

2005-05-26 15:07:47 | 小説 フィフティーン
 駅の近くのデパートで玲子は、服を買った。他には何も買うものはない。幸子と玲子は、化粧品売り場のサンプルをいじくりながら、これからどうするか話し合っていた。幸子が真っ赤なマニキュアを小指に塗りながら言った。
「由理子さんちでも行こうか。あそこならたまり場みたいなもんだしさ」
「由理子さんいるかな」
「いるよ。絶対」
「でもあたし、1回も行ったことないし」
「そんなの大丈夫だよ。あの人いい人だしさ」

 由理子は、幸子や玲子より1つ年上で高校は6月に中退して今は無職。古い小さなアパートに住んでいる。幸子は由理子と、割と前から友人で由理子の家にも何回か行ったことがあるらしい。由理子は、幸子と玲子を喜んで部屋に入れてくれた。
「よかった。3人でつまんないから誰か電話かけて呼ぼう、とか言ってたんだ」

 部屋にはリーゼントの男が2人いた。
「由理子さん、この娘玲子っていうんですよ」
と幸子は言った。玲子はペコッとおじぎをした。
「ああ、知ってるよ。結構目立ってたからね。紹介するね。これが修二、こっちが仁志。2人とも今はフラフラしてんの、私とイッショ。」
「よろしく」
と、2人は煙草の煙の中から玲子と幸子を見た。
「オレ、そっちの娘は知ってるよ。顔だけね。前に何回か会ったことあるだろ」
と、仁志という男が幸子を見て言った。仁志という男はやさしそうな目をしていて幸子が
「うん、前何回かこの家に寄ったとき」
と答えると、ニコっとして
「そーだろ」
と言った。由理子は
「立ってないでこっち来なよ」
と言って自分は立って、2人にグラスに氷とコーラを入れて持ってきてくれた。由理子は座ってマイルドセブンの箱をとって
「吸う?」
と幸子と玲子に聞いた。
「はい。すみません」

 クーラーが入っているので、部屋は締め切ってある。煙が部屋中立ちこめている。
「幸子、あんたたち中3でしょ。高校行くんでしょ。勉強しなくていいの?」
「私は行かないつもりです。玲子は行くらしいけど」
幸子は、由理子が突然そんなことを言い出したので少し驚いていた。
「ほんとお。どこ行くの?」
「まだ全然決めてないけど」
「南高だけはやめときなよ。あそこはほんと、先公も行ってるやつらも汚ねえんだから。ダチもいたけど、いいやつはみんな先公につぶされちまったよ」
「俺もさ行ったんだぜ。2ヶ月ぐらい。修二は最初から行かなかったんだけどな。今は夏休みだから行ってるも行ってねえも、どうってことねえって感じだよ」
「俺はいつまでもフラフラしちゃあいねえよ。トビの仕事やろうかと思ってよ」
と修二という男が言った。修二は目がきつくて上がり気味で、冷たそうな印象を受ける。仁志に比べてずっと無口だ。
「おめえ本気かよ。そんなこと今まで一度も言わなかったじゃねえか」
「トビの仕事ってハンパじゃなく大変なんでしょう」

 由理子も驚いていた。
「俺はやるんだ。決めたから。これで最後だからアンパンやるぜ」
由理子はビニール袋5枚とシンナーを持って来た。
「あんたたちもやるでしょう」
「あたし、いいです」
玲子はこれまでにもシンナー遊びはやったことはなかった。以前、幸子がやっているの知って、やめさせた程である。幸子は由理子から袋を受け取ったが、玲子を見て、無言で「どうしよう」と玲子に聞いていた。玲子は
「やりたいの」
と聞いた。幸子は答えなかった。
「やれば」
幸子は少し考えた。
「やっぱりよすわ」

 そうしている間に修二と仁志と由理子はもうビニール袋を萎ませたり膨らませたりしていた。シンナーの臭いで玲子は頭痛がした。
「俺まだ正気だぜ」
仁志はそう言っているが目がもうトロンとしておかしくなっている。幸子も由理子がやっていたシンナー袋を回してもらってやっていた。玲子は由理子の前で、幸子にどうしてもやめさせるということはできないので黙っていた。

 仁志と由理子と幸子はおかしくなりながら3人でヘラヘラ笑っていた。
 修二は黙っていた。やっぱり目はもう完全に悦に入っている。鋭さがまったくなくなっている。
「玲子ちゃんだっけ?やる?」
と言って袋を玲子の目の前に突き出した。玲子はその強烈な臭いに顔を背けた。
「いらない。修二さんもそのへんにしといたら」
「オレ?オレは大丈夫さ」

 玲子は修二の手から袋を取り上げて、自分の後ろに隠した。
「あ、俺のアンパン、アンパン返して」
「返してほしい?」

 修二は頭をガクッと下げた。玲子は袋をその場において立ち上がった。修二はシンナーの袋を取って
「どしたの?」
と玲子を見上げた。
「由理子さん、私そろそろ帰ります」
「そーお」
「え。玲子帰っちゃうの」
「幸子はまだいいよ。私、母親そろそろ帰ってくるしさ」
「じゃ、ばーいばーい」

 幸子も由理子もほとんど、玲子の言ったことをわかっていないようだったが、玲子はかまわず外へ出た。夕方ではあったが、ムッとするような暑さだった。でもシンナーの臭いから逃れて、玲子は気持ちよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2 朝

2005-05-26 14:55:14 | 小説 フィフティーン
 幸子の母親は帰ってこなかった。玲子は、大きな窓のカーテンを開けた。もうすっかり日は昇っていて、今日も暑くなりそうだ。キッチンでは幸子が朝食を作ってくれていた。メニューはトーストと紅茶にハムエッグだ。2人ともテーブルについた。
「今日はどうすんの。家かえんなくていいの?」
と幸子は玲子に尋ねた。
「夜は帰ると思うよ。ねぇ幸子、昨日のお金で洋服買いたいんだけど、つきあってくれない?」

 玲子は、そう言いながら、昨日の男を思い出して胸がムカついた。あの男のことを話題にしたくないと思った。
「今ごろ、皆勉強してのかなァ」
「そうだね。塾とか行ったりしてね。玲子の親は何て言ってんの?」
「あたし?塾なんて行かないよ。母親がさ、家庭教師つけてやるとか言ってんだけどね。幸子は卒業したらどうすんの」
「高校行かないって言ったら親に泣かれちゃったけど、働くか、専門学校だよ、多分」

 玲子も幸子も地元の中学の3年生で来年は卒業と同時に、それぞれの道に分かれていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1 売春(ウリ)

2005-05-21 04:07:46 | 小説 フィフティーン
 玲子は1人で歩いていた。車の音と、ゲームセンターから聞こえる電子音と、人が行き交う音、スピーカーから行き交う人を追いかける声。昼間の新宿歌舞伎町を、玲子は何も考えないふりをして、1人で歩いていた。
「あっとごめんね」

 中年男の声。玲子は肩から大きな麻のバックを掛けていた。そのバックに男がぶつかったのだ。
「ずい分大きなバックだねぇ。何が入っているんだい?」
玲子は立ち止まって男の顔を見た。男は白髪で玲子の父親よりもだいぶ年上のようだ。玲子はまた歩き出した。
「新宿へは何をしに来たの。買い物。そうか、遊びに来たのか。いやおじさんもね 、こうやってよく歌舞伎町なんかを歩いているんだけどね、君、かわいいねぇ。あぁ、暑くてたまらないなぁ。そうだ、どっかそのへんの喫茶店で冷たいものでも飲まないか。おごってあげるよ」

 そう言われてみれば喉が渇いた。玲子が承知すると男は
「そうか。じゃああの店がいい、さぁ」
と言って、玲子の腰のあたりを押してきた。


 喫茶店の中は涼しかった。二人が席に着くと、化粧の濃い女(ウエイトレス)が氷の入ったグラスを2つ二人の前に置いた。男はアイスコーヒーを、玲子はアイスティーを注文した。男は、テーブルの上に両肘をおいて、身を乗り出して話を始めた。男は、白いワイシャツにグレーのネクタイをゆるめ、普通のサラリーマン風の格好だった。やさしそうな目をしているが、しわが目立つ。歯はたばこのヤニで真っ黒だ。唇の端に唾をためて話している。

「おじさんいつもこの辺で女の子ナンパしての?」
「まあ、だいたいそうだけどね、会社が近くなんだよ」
「そういえば、おじさん仕事は?」
「コンピューター関係の仕事で、別に会社にいなくてもいいんだ。ただ決まった時間に電話を入れて、何事もないか確認して、何かあったら会社に駆けつけるっていうだけでいいんだ。それでよく、この辺で女の子に声をかけて話とかしてるんだけどね」

 それから男は、自分が女の子の名前や電話番号は聞かないで自分の会社の電話番号を教えるということ、お金をあげるか、何か買ってあげるということ、ホテルに一緒に行った最年少は14歳の娘でしかもその娘は処女ではなかったこと、知り合いの娘、処女の娘、中学2年以下の娘はたとえ処女ではなくても絶対手を出さないということなどを聞きもしないのに、さも自慢げに話し続けた。

 「実はこの間、女の子が、そうだねぇ、年は君と同じぐらいかなあ、その娘がいいっていうもんだからホテルに行ったんだ。ところが、直前になってその娘が『本当のことを言うとおじさん、私、初めてなの』って言うんだよ。もうやんなっちゃったよ。仕方ないから『初めての時はずっと思い出に残るんだから、好きな子にあげなさい。』って言って1万円あげて別れたよ」

 そして男は、アイスコーヒーの最後の一口を飲み終えて言った。
「君はもう処女じゃないんだろう」
「私?私はまじめだからさ、そんなことしたこともないよ」
「またぁ。はははは。Bくらいはやったことあるんだろう」
玲子は、男とこれ以上無駄な話をするのが面倒臭くなった。男もそれに気づいたようで二人は外へ出た。
「どうする?映画でも見るかい。でもおじさん寝ちゃいそうだなあ。時間はどれぐらいあるの?」

 1時間ぐらいだと玲子が答えると男は少し考えて、よしと1人でうなずいて玲子の横に立って歩き出した。

 男は、小さな入り口の前で止まった。「恋人たちの部屋」という看板が玲子の目に入った。玲子は少し考えるふりをしたが、実際考えようとしたのだが、それも面倒になって自分から中へ入って行った。


 男はもう身支度を整えていた。玲子はストッキングのたるみを直していた。
「じゃあ、これ。送るから来なさい」
男は胸の内ポケットから財布を出して札を何枚か抜き取りテーブルに置いた。玲子は男が部屋を出てから、金をバッグに入れた。

 外に出ると、陽の光はいくらかやわらかくなっていた。
「おじさん、私こっちから行くからもういいわ」
「そうかい。会社の電話番号教えようか」
「いらない。じゃあ」

 駅へ向かう途中も何人かの男が声をかけてきたが、玲子は何も答えなかった。玲子は幸子の家に向かった。幸子はマンションに母親と二人で住んでいるのだが、母親は不在なことが多い。玲子は幸子の家で風呂を借りた。

「玲子、風呂に入って、何千回って洗い流したってその男の臭いは消えないんだよ。もう売春(ウリ)はやめときなよ」
「うん。これっきりにするよ」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加