Snow Still Life Phantasmagoria

スピッツ&TEAM NACSをこよなく愛する美大生、M,Reinaの絵画修行の日々をつづったブログ☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

路頭に迷子。

2010-11-08 09:54:12 | 日々。
あぁ甘い匂い
口惜しい程とろけた刻
今手元に取り返せば
現にはもう帰れない
狐色した幸福を
握り締めて息を止めて
呟きかけるのは自分自身
誰彼救う手立てを持たぬのと同じ
呼吸の出来る地上まで
泳ぎ切るのもこの身体だけ
後ろ髪惹かれてはいけないよ
迷子の切り札は藻屑と化して
怯える手足を押し出した
宛てもない大丈夫を
繰り返し撫で付けて
孤独を忘れる麻酔をかけた
瞼の裏側 光源へと手をかざす
そのしなやかな歌声を
波紋のやうに描きながら
雑音にまみれた耳を塞ごう
恐れの淵に研がれても
切っ先を向けたりしないやうに



おはようございます、M,Reinaです。

…此処は今月いっぱい、って思うからあんまり愚痴とか不安とか描きたくないんですけどね。
そんなこと言ったら移転早々、愚痴るのもどうかなと思ったりw



でも詩描いて、スピッツ聴いて。
それでだいぶ落ち着ける私は、自分の手綱を見つけたなぁとか。
思うのです。
































ちょっと。
弱,Reina。











































って言っても、昨晩明晩わんわんうんうんしたからすっきりしたものですがw

何だかんだ言ったって、決めるのは自分で。
宛てもないのが怖くて、不安で。
助けて欲しい時に限って、救いの手もないし。

それでも自分で自分を宥めるしかないと思うのです。
ずーっと前からやってきた。
私は多分、小学生くらいからこの方法で。
鬱にもなった。
ふさぎ込みもした。


けど人に頼ったり。
自分に甘えたり。
人に憧れたり。
自分を許したり。

そういうことで、結局乗り切るしかないって。
信じて生きてきた。
未だにそうだ。

昨日みたいに苦しくなって。
涙止まらないし息苦しいしって。
よくあるよ。
でも誰も頼れないし頼りたくないなら。
頼れるのは自分で。
二十数年一緒に生きてきた。
自分が一番信頼出来る。

































だから。
ましてや。
カルシウムとよく分からない薬品の混合物なんて。
異物でしかないよ。
そんなもん気休めで。
自分を傷付けて。
侵すだけだと思う。

やめたらいいのに。
そんなもの始めたら。
もうこの路線に戻れなくなる。


そんなんするくらいなら。
好きなことすればいい。
全部ほっぽいて。
しばらく手放しにしたらいい。

私はそれすら迷うけど。
ちゃんと自分で処置してるよ。
割り切るしかないとこだって。
あるって嫌って程わかるはずじゃないか。






































フリーター、家を買う。



と。
同じ状況の我が家。

ちなみに男共が。

ダメな奴と鬱な奴。

































































薬とか。
最悪だ。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 束の間の温間湯。 | トップ | 一物取れても荷物は取れず。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL