あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

僕のいた時間 最終話:命の選択

2014-03-20 00:05:29 | 2014冬ドラマ
拓人、頑張ってる!(@^∇゜)/ファイトッ♪
あのビンを掘りかえしに行ったって事は3年の月日が流れたって事ですよね

となりにいてくれてありがとう
偶然にも同じ文面をビンに入れてた二人・・・やっぱ運命の二人なんだよね・・・

ベランダのどんぐりも立派に成長し、メグとの会話も機械を通してだけど、
今でも講演等で社会と繋がり忙しそうに過ごしてるらしい拓人。
部屋には医学部の合格通知書!勉強、頑張ったんだね!

そしてこれまた部屋に飾られてた写真によると、マモちゃんも無事にカフェを
オープンさせたらしい。店の名前はPEN。お揃いのエプロンつけた陽菜ちゃんと
可愛らしい子どもも一緒♪

その隣には拓人とメグのウエディングフォト!!!二人は正式に結婚したんだー!
結婚指輪がまぶしいぜっ!病気の進行何のその!たくましく生きてる二人の姿のまま
終わってくれて良かった~!難病モノといえば、ついお涙頂戴になっちゃうけど
この最終回は悲しい涙は一切なく、感動の涙がボロボロ・・・

ベタだけど、中学生を前に講演した拓人の言葉にも静かに涙が流れた・・・
そしてマモちゃんと、拓人父の涙にも貰い泣き!

思えば、澤田家家族も病気によってより前向きな性格に変わった拓人のおかげで
それぞれが抱えてた不満が爆発しつつも、そのおかげで自分らしく生きる事が大事と
気付き、家族が団結し明るくなったもんなぁ。

マモちゃんも、挫折を味わいながらも絶望する事無く、次々と新たな目標を立て
邁進していく拓人に負けじとカフェをオープンするという夢を実現させた!

出来過ぎだとは思いつつも、そんな拓人を見てると応援したくなるし
なんか笑顔になっちゃうし、優しい気持ちになったヨ

繁先輩ともまた普通に話せるようになって良かった・・・
頑張る拓人を見て、今でも「あいつにはかなわない」と思ってるのかもしんないけど
繁先輩もなかなかだよ←偉そう

先週ラストがめっちゃブルーな気持ちになる終わり方だったし、予告がなかったせいも
あって、この最終回がどんな展開になるのかドキドキだったけど、満足

死ぬのも生きるのも怖い・・・
だけど最終的には人工呼吸器を付けて生きる事を選択した拓人。
最後のメグの幸せそうな顔を見るに、やっぱその選択は間違ってなかったよ!
そして拓人自身も、まだまだ生きる希望に溢れてた!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
難病モノは苦手なのに、このドラマは初回からガッツリ見ちゃったよ~!

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話 第10話
人気ブログランキングバナー
***************************************************************************
出演:澤田拓人22歳***三浦春馬 本郷恵22歳***多部未華子
向井繁之24歳***斎藤工 村山陽菜22歳***山本美月
澤田陸人18歳***野村周平 谷本医師***吹越満
本郷翔子55歳***浅田美代子 澤田佐和子56歳***原田美枝子
公式HPはこちら
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月18日(火)のつぶやき | トップ | 3月19日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エリ)
2014-03-22 09:40:27
あたしも難病モノは苦手だったのに
なぜか最初から最後までしっかり見てました。
最後には悲しみの涙だとわかっていると
そんな風に思いながら見続けてきて
最終回でうれしい方向に裏切られたという、
明るいラストに感動しました。

それは想像を絶する苦しい病気のはずなのに
拓人の明るさと前向きさがあったからなのですね!
そして脚本もキャストもみんな良かったってことですよね。
本当に良いドラマでした。

今後も医学や補助器具がどんどん進化し、
どんな人も普通の当たり前の日常を送れますようにと
祈りと期待を持っていたいと思います。

まこちゃま、お疲れ様~♪
** エリぴょん ** (まこ)
2014-04-05 16:17:11
これは辛いシーンばかりでなく、優しくて温かい
作品となってたので、穏やかな気持ちで完走出来ましたわ~♪
そうそう!開始当初から、最後は悲しいラストなのだと
思い込んでたけどうれしい誤算!!!
前向きに頑張る姿に、また涙涙でしたわー。
そういう意味でも、これは難病に苦しむ患者さんや
その家族に希望を与える展開ではなかったかと・・・
医療の発達は、時に神を冒涜してるのではという
気持ちにもなりがちなんですが、やはり身内に病人が
いれば助ける方法があれば!ってな気持ちになりますもんねぇ・・・
エリねーちゃんも、おつかれさまでした!
バンドワゴンに続いて、共に語り合えるドラマがあって
楽しい時間を過ごせました~~~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ドラマ「僕のいた時間」第11話(最終回)あ... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
助けて、死にたくない-----------!!救急車で運ばれる中、そう訴えた拓人。そして谷本のいる病院に運ばれ、目を覚ました拓人は、病院で皆が心配そうに見守っているのを見る。「よかっ...
ドラマ「僕のいた時間」 第11話(最終回)あらすじ感想「命の選択」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
助けて、死にたくない-----------!! 救急車で運ばれる中、そう訴えた拓人。 そして谷本のいる病院に運ばれ、目を覚ました拓人は、病院で皆が心配そうに見守っているのを見る。 「よかった、無事で」 そう声を詰まらせた母。 ついに最終回を迎えた今作。...
君(多部未華子)と僕が生きていた時間(三浦春馬) (キッドのブログinココログ)
「生」を肯定することは創作の基本である。 しかし、「死」を肯定することも創作の基本である。 「生死」を共に肯定するという表現に矛盾を感じる人も多いかもしれない。 しかし、「生と死」は分かち難いものなのである。 生があって死があるように、死があって生があるの...
僕のいた時間 #11 最終回 (ぐ~たらにっき)
『命の選択』
僕のいた時間 最終回「命の選択」 (のほほん便り)
ついに、姿を消した、拓人(三浦春馬)あやうし!先週の最後は、ドキドキの冒頭シーンへフィードバック。予告もブルーだったしハラハラさせて、じつは最終回、感動的な、大ハッピーエンドでしたね。病気に立ち向かう、前向きな姿勢のおかげで、家族のねじれも解消し、いっ...
僕のいた時間 第11話(最終話) (Happy☆Lucky)
第11話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント
『僕のいた時間』 最終回 (美容師は見た…)
良い終わり方で見せてくれました。心理描写を丁寧に見せ、人が変わる姿や、周囲の人間の温かさに涙。全11話も長く感じませんでした。本当に、バランスがいい塩梅♪陸人の見せ方、使い方のさじ加減がまた見事で…恐竜を語らせたら右に出る同僚も居ない(ノ∇≦*)自分の分し...
僕のいた時間 第11話(最終回) (エリのささやき)
想定外の結末でした!今後に希望の持てる終わり方ともいえます。春馬君の役者魂と好演にナイスの拍手!
僕のいた時間(終) (ドラ☆カフェ)
命の選択 視聴率は 9.1%・・・前回(11.8)より
「僕のいた時間」最終回 感想 (Kanataのお部屋へようこそ)
 病院に搬送された拓人。  目覚めると両親、陸人、守、恵が側にいました。  部屋に戻ると隣の女の子が体を動かせるロボットのパンフレットを見せます。自分もこういう機械を作りたい、工学部へ入ると夢を語ります。  そして学校で話して欲しいと頼みます。  腕を...