あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

海街diary/映画

2015-06-17 13:57:40 | 映画


公式HP

「そして父になる」「誰も知らない」などで国際的にも高い評価を受ける
是枝裕和監督が、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や
マンガ大賞2013を受賞した吉田秋生の人気コミックを実写映画化。
湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く。
鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、
15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、
そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり
身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、
そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。
その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始める。
主人公の姉妹を演じるのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。

出演:香田幸***綾瀬はるか 香田佳乃***長澤まさみ 香田千佳***夏帆
浅野すず***広瀬すず 坂下美海***加瀬亮 井上泰之***鈴木亮平
浜田三蔵***池田貴史 藤井朋章***坂口健太郎 尾崎風太***前田旺志郎
高野日出子***キムラ緑子 菊池史代***樹木希林
福田仙一***リリー・フランキー 二ノ宮さち子***風吹ジュン
椎名和也***堤真一 佐々木都***大竹しのぶ 浅野陽子***中村優子


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2015 6/14 東宝シネマズにて鑑賞
普段は公開してすぐの作品でも、観客数がまばらな劇場なのだけど
さすが地元の星・綾瀬はるか嬢の実家に近い映画館のせいか、珍しく
客席が埋まってた(笑)。
原作があるらしいけど、それは見た事無くて、各番組で露出が激しかった
4姉妹の宣伝文句程度の知識のみで見に行ったんだけど…

開始早々、何が琴線に触れたのかノスタルジックな気分になって
なんて事無いシーンでじわりじわりと涙腺を刺激される作品でしたわー。
それは鎌倉の景色だったり、あたし自身の祖父母の家を思い出させる
古風な家での暮らしだったり、互いに色々あるけれど、
家族が美味しくご飯を食べるシーンだったり、女姉妹ならではの揉め事や気遣い、
それら一つ一つが懐かしいやら微笑ましいやら切ないやらで
じーんときっぱなしでしたわー。

宣伝での4姉妹は、天然過ぎるはるか嬢を常に長澤まさみちゃんが
フォローしてる感じだったけど、映画の中ではちゃんと長女と次女として
存在してたし、夏帆ちゃんも姉2人を気遣いつつも、三女ならではの
芯の強さと自由奔放な雰囲気出てたし、広瀬すずちゃんも遠慮しつつも
次第に姉達や鎌倉での暮らしに慣れていく末っ子な感じがもう可愛くて!
これまたあたし自身も3姉妹だったりするから、それぞれのキャラに
姉妹あるあるだわーと頷くことが多かった(笑)。

そして、亡くなった祖母や父、母や姉妹達がみなどこか似てるという
血縁ならではの親しみや因縁のようなものを感じさせるシーンも多々あって、
これまた今は亡くなったり疎遠になってるけど、かつて可愛がってくれた
あたし自身の親戚の祖父母やおじおばを思い出したりしちゃいましたわー。

その他のキャストも、多くの説明は無くても、ちょっとした言動や振る舞いで、
この人の性格はこんな感じなんだろうなとわかりやすい見せ方だったと思う。

設定としてはドラマちっく過ぎる非情な部分もあるはずなのに、
四季を大切にしつつも淡々と日常が過ぎていく様子が何とも不思議・・・
この世界の住民になりたいっ!と思わせる作品でしたわー。
それは無理なので(笑)、何とか時間作ってせめてもう一度見に行きたい!!!
それも無理なら生しらす丼か生しらすトースト食べて我慢したいっ!
と思っちゃうほど大好きな映画の一つになりました♪

で、2015 7/6 バルト11にて2度目の鑑賞
1度目を見終えたあとに原作の6巻までを一気読みして復習し、
さらに各キャラクターに親近感芽生えての2度目の鑑賞。
何が起こるかワクワクの初回に比べ、ストーリー展開はわかっているけど
今度はじっくりとキャストの表情に目がいったりして、感動再び♪
原作とはピックアップする部分や人物が多少違ってはいるけど、
この作品自体の空気感は同じに感じられて、いつまでもこの世界に
包まれていたいな~と癒されましたわ~♪

人気ブログランキングバナー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月16日(火)のつぶやき | トップ | 6月17日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あんぱんち)
2015-06-17 15:47:36
地元の星がちゃんと仕事してたでしょ。女優のw
原作だともうちょいエグいけど、いいとこ取りで爽やかな仕上げになっとりましたわ。
撮影現場の空気も良かったから、ホントに仲いいんだろうなぁ。
紫陽花が咲いてるうちに鎌倉行きたーい!
** あんぱぴょん ** (まこ)
2015-06-18 11:24:07
ほんま輝く星や~!
伝え聞いた話では、娘がこげな大女優になっても
はるか嬢のお母さんも顕著な方らしく
「娘さん、ますます綺麗になっちゃったねー。」って言われても
「ありゃぁメイクさんやカメラマンの人の腕がええけぇよ」
って言ってらしたとか(笑)。

原作、エグいんだー。まぁ、不倫とか色々あるからそうだろうなと
思ったけど、それでも広瀬すずちゃんそっくりらしいすずを
確認するためにも原作も読んでみたい!

今回も無事に「あんぱぴょんを探せ!」の任務を終えられてホッ♪(笑)

あんぱぴょんの

『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2
写真集『海街diary』発売記念トークショー&写真集お渡し会
『海街diary』完成披露イベント@六本木ヒルズアリーナ  

の3記事も堪能♪
鎌倉レポも楽しみじゃ!!!
こんにちは~♪ (mana)
2015-06-18 14:36:48
まこさん、こっちかぁ(ノ∇≦*)
私はもう観に行けないだろうから、
読んじゃった。
あんぱんちさんとこもヽ(*´∀`)ノゎぁぃ♪

映画やドラマの宣伝に力を入れる
ワイドショーやバラエティ番組に、
ゲストを見て「やっぱりか」な毎日。
どれだけ呼べるか役者の力にかかってます!
すぐ乗っかる人の負け~。
ずぶんも(笑)

『ブラタモリ』も鎌倉。
『スラムダンク』も鎌倉…の踏切?
鎌倉キテル━ヽ(゜∀゜)ノ━!!

おらももう一度行っでみでぇなぁ。。。
初しらす丼♪
** manaさん ** (まこ)
2015-06-19 16:23:07
行けないか~(^_^;)
でも、評判良さげだからロングランかもよ~。

そそ!4姉妹が宣伝で大忙し!
しかもあじさいの時期のおかげで、映画に関係なくても
やたら鎌倉取り上げてくれてるしねー。
今朝も国分太一くんの番組でカツンのシゲが
あじさい寺や江ノ電の鎌倉レポをしとった!(笑)

映画では最後から二番目と同じ駅も映ったりしたから
思わずキョン様と中井貴一さんがいそうでキョロキョロ(ウソw

manaさん、しらす丼経験者なん???うらやましか~~~!!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
海街diary (Akira's VOICE)
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  
劇場鑑賞「海街diary」 (日々“是”精進! ver.F)
家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary オリジナルサウンドトラック [ 菅野よう子(音...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。
『海街diary』 小津をほうふつって本当? (映画のブログ)
 まるで外国の映画を観るような、日本映画らしからぬ作品だ。  褒め言葉として適切かどうか判らないが、『海街diary』に抱いたのはそんな感慨だ。  外国の映画の方が日本の映画より上等だとか、是枝裕和監督が外国の作品をなぞっているというわけではない。日常の...
血は争えない。『海街diary』 (水曜日のシネマ日記)
鎌倉で暮らす3姉妹と父親が他の女性との間に儲けた異母妹が共同生活を送る様子を描いた作品です。
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
「海街diary」4人で同居した先にみた家族になるためには時間と精神的な成長が必要だという現実 (オールマイティにコメンテート)
「海街diary」は離婚して離れた父が突然他界し、残された3姉妹と腹違いの妹が4人で同じ屋根の下に暮らして家族になるまでの1年間を描いたストーリーである。今の時代離婚して再 ...
海街diary (映画的・絵画的・音楽的)
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)....
奇蹟の四姉妹~『海街diary』 (真紅のthinkingdays)
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生の...
海街diary (単館系映画と舞台)
海街diary movix川口 2015/6/13 公開鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届 ...
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 ...
幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。~海街diary~ (ペパーミントの魔術師)
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが~~~い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま~~い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではい...
「海街diary」 (NAOのピアノレッスン日記)
~家族を捨てた父が、のこしてくれた家族~ 2015年  日本映画   (2015.06.13公開)配給:東宝/GAGA     上映時間:126分監督・脚本:是枝裕和原作:吉田秋生  『海街diary』(小学館『月刊フラワーズ』連載)美術:三ツ松けいこ音楽:菅野よう子出演...
映画「海街diary」 (エリのささやき)
しみじみじんわりと心をとらえる逸品。わけもなく涙があふれてきて困った困った・・笑 (注/ネタバレありです。)