あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

1リットルの涙 第10話;ラブレター

2005-12-14 00:10:22 | 2005ドラマ
ラブレターちゃうやん!:・。・゜・(≧◯≦)・゜・。・
一方的な別れの手紙や~ん!思い出のイルカのストラップまで返すなんて・・・
まどか先生の結婚式なんて行かなきゃ良かったんだよぉ~~~!!!えっ違う?

あたし、結婚出来る?
いつか、いつかが来たら、お花いっぱいに囲まれて眠り続けたい・・・


やはり亜也だって女の子。好きな人との未来を思い描く事はあったんだろうけど、
出来る事がどんどん奪われていく生活の中で、虹色の幸せを期待出来なくなって
しまったんでしょうか?死さえも意識するようになってしまったんでしょうか?
手紙にあったように、遥斗と一緒にいても、もう辛いだけ?それとも・・・

あなたの言う事はいつも正しい。
ただ受け入れるしか無い遥斗が切ない・・・・・・
でもお父さんは遥斗が背中を向けてしまう事を心配してましたが、そうでは無かったですよね。
それとも亜也がその気配を感じてたの?だから遥斗を悩ませないように自分から?
でもあたしの目に写る遥斗は、そうでは無かったと思うんだけどなー。どうだろ?
もちろん遥斗も普通の大学生として過ごす時間も増え、
亜也とずーっと一緒にいる訳にはいかないけど・・・
色んな事を受け入れるのにはお父さんが言うようにまだガキ過ぎた?
それを亜也が敏感に感じ取ってしまったのかな?

前回養護学校に転校したと思ったら、あっという間に2年が過ぎたようです。
そして、あたし達視聴者の知らないとこで、まりや早希との交流も続いてたようでホッ(笑)
高校を卒業し、それぞれの進路に向けて晴々しい表情の同級生達を見る亜也は
何だか寂しそうでした。北海道旅行だなんて無理に決まってるじゃん・・・

リハビリを頑張ると言う前向きな気持ちで入院した亜也でしたが、
それは焦りでもあったんだろうな。
それでも徐々に病気は進行し、自分で出来る事が無くなってしまうと泣く亜也。
こんなに頑張ってる亜也なのに!こんなにいい子なのにっ!
それでもまだ書く事が残ってると励ます潮香さんの強さにもうるうる
もしかしたらその書く事さえ出来なくなる事を想像し、
その時には自分がどうなってしまうのかわからないという不安な気持ちを抱えながら、
その時が来る前に・・・いや・・・来た時の自分の姿を見せたくなくて
今のうちに伝えようと一生懸命書いた手紙だったのかな?諦めにも似た気持ちで・・・・・・

手元がおぼつかない亜也にとって、あの手紙を書く作業はどんなに困難だっただろうか。
それでも伝えたいとの思いで書いた最後のラブレター。
亜也の気持ちを察してこのまま会わない方がいいの?
それとも・・・・・・
遥斗はどうするつもりなんでしょう?

いよいよ最終回。


***************************************************************************
出演:池内亜也(15)*** 沢尻エリカ 池内潮香(40)***薬師丸ひろ子
麻生遥斗(15)***錦戸亮 池内亜湖(13)***成海璃子 
池内弘樹(11)***真田佑馬(ジャニーズJr) 池内理加(5)***三好杏依
河本祐二(17)***松山ケンイチ 西野良三(30)***佐藤重幸 杉浦まり(15)***小出早織
水野宏(33)***藤木直人(特別出演) 池内瑞生(45)***陣内孝則
 公式HPはこちら
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危険なアネキ 第9話:人生... | トップ | あいのうた 最終話:あなた... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いわぴい)
2005-12-14 07:23:17
こんばんは。本当に辛かったですよね~。何で神様は亜也を選んだんでしょう?僕がそう思ってしまいました。
今回ほど (lavish)
2005-12-14 13:16:38
こんにちは。

今回ほど、ドラマの感想が難しい回はなかったです。

今回の話は本当に辛くて、泣けてしょうがなかったです。

自分に出来ることは何もない、と思っている亜也が、どれだけ多くの人に生きる強さを与えたのか知ってもらいたいです。
Unknown (かりん)
2005-12-14 20:50:08
まこさ~~ん、泣きました。

もうとにかく涙、涙目はめっちゃ腫れて大変です。

来週はもう亜也のお別れが来るわけですからそこだけはどうしようもないですが、周りの人達のその後などを仕立てあげてくれると思います。

このドラマによって自分には何ができるかと問いかけるようになったと言う声もあり、本当にいいドラマに出会いましたね。

心まで白く染められたなら… (demasse)
2005-12-14 21:23:10
>ラブレターちゃうやん!:・。・゜・(≧◯≦)・゜・。・

ほんまや、、、

ふってるだけやんけ、と思うけど、素直にそうとってはいけない気も。。

>お花いっぱいに囲まれて眠り続けたい・・・

と、死を予感する半分諦めとも取れる弱気な言葉の後に、瑞生が泣く姿を見て、いつもなら、

陣内さんよ~相変わらず演技大げさやなぁ

なんて思うところだが、親の立場で見たら泣くしかない状況だろう…と思ってもらいなき。

―――これまで明るく強く過ごしてきた亜也にもとうとう限界がきてしまったのでしょうか、、、

次回最終回、少しでも幸せに終わってほしいですね…
こんばんは! (GO)
2005-12-14 22:22:49
まこさん こんばんは!



今回は、本当にツライ展開でしたね。



>亜也の気持ちを察してこのまま会わない方がいいの?

それとも・・・・・・

遥斗はどうするつもりなんでしょう?



すごく、気になってます!

亜也が遥斗に逢うと、ツラくなるのも

本音でしょうけど、

それでも、遥斗に逢いにきて欲しいのでは?



と、ぼくは思っています。



Unknown (ろーじー)
2005-12-14 23:56:30
今回はツライ展開でした。

サブタイトルは「ラブレター」でしたけど

全然そーじゃなかったです。^^;

次週の予告編では彼はしっかりと病室に訪ねてきてましたね。

多分、入り口で出席とったら皆勤賞じゃないかと・・(汗)

涙涙 (mari)
2005-12-15 03:09:36
遥斗と一緒に、ぽろぽろ泣いていました

親はただ、元気付けるしかないし、治療法も無いから、対処の仕方が判りません

凄い無力感に襲われます
おじゃまします (ルル)
2005-12-15 13:58:38
TBさせていただきました。
こんばんは (ikasama423)
2005-12-15 18:51:01
あのラブレター

半分は本音なんだけど半分は嘘なんでしょうね。

「わたしけっこんできる?」

って聞いたのも本当は麻生くんと結婚したいのに

でも麻生君といるとどうしても自分がつらくなるよりも麻生君がつらくなってしまうからという葛藤の中で

「会えない」という苦渋の決断をしたんでしょうね。

亜也は優しすぎるから。



救いがない、でもそれが現実。

だから泪が止まらなくなるんでしょうね。

次回も絶対涙です。
こんにちは。 (直美)
2005-12-16 14:13:35
遥斗へ書いた別れの手紙、どんな気持ちで書いたのか、それを考えると、辛くて仕方がありません。

遥斗も亜也の気持ちを理解したようだし・・・



最終回、結末は最初からわかっていたことだけれど、やはり受け入れ難いです。願わくば・・・、つい、そう思ってしまいます。



最終回、しっかりと見届けたいと思います。
こんにちは♪ (ルル)
2005-12-16 16:12:20
遊びに来てくださってうれしいです。

コメント、ありがとうございます!



遥斗の姿には泣かされました。

今クールの男性部門、最優秀助演賞

ではないかと、、←大袈裟かなー(苦笑)



遥斗と亜也、どんな最後、、うっうっ(涙)

になるのでしょうか。。

最後まで、しっかり見ようと思います。
レス遅くなってごめんなさいです^^; (まこ)
2005-12-17 14:09:26
** いわぴいさん **

神様はその痛みに耐えれる人間にのみ

困難を与える。などと言いますが、

こんなに耐えて頑張った亜也にこれ以上・・・

神様といえども残酷です



** lavishさん **

うんうん、こんなに頑張ってる亜也や周囲の人々に対して、どんな感想を述べるのもおこがましいというか何と言うか・・・

このドラマを見て色々考えさせられたという事だけでも亜也さんの供養になるのかな・・・・・・



** かりんさん **

ナクナヨ(o・_・)ノ"(ノ_<。) 何も出来ないイチ視聴者からすれば、亜也を含め、精一杯頑張ってる周囲の人達にただただ敬服するのみです

少しでもこの人達に近づきたい!近づけるように生きていかねばっ!と、ドラマを見ただけでも充分思えたので、亜也の周囲の人々のその後の様子も拝見出来ればと願います

続き♪ (まこ)
2005-12-17 20:58:28
途中で仕事が忙しくなって中断しちゃいました改めまして・・・



** かりんさん **

ナクナヨ(o・_・)ノ"(ノ_ 最後まで前向きに頑張った亜也さんもすごいですが、それを支えた周囲の人達の頑張りも素晴らしいですよねっ!

そんな素敵な人達の様子をドラマという形で垣間見させて頂いただけで、こんなに真摯な気持ちになるのだから、生存中に亜也さんが周囲の人に与えた影響力たるや・・・・・・

ほんと良いドラマに出会えましたです



** demasseさん **

亜也さんの100分の1も頑張れそうにないあたし。だからこそ亜也さんは最後まで頑張ってくれるものだと勝手に思い込んでいました

そんな亜也さんにも限界が来たんだとショック!

てゆーか、よくぞここまで前向きでいられたものよと改めて驚きと感動を覚えましたです。

あの手紙の深い意味を、きっと遥斗なら受け取れてる筈!

過去、潮香さんに叱咤激励されてた瑞生さんを思うと、随分強くなったなぁと・・・そんな瑞生さんの涙腺も限界だったのねん



** GOさん **

うんうん、ある意味本音。ある意味遥斗を解放してあげなければとの気遣いもあるような・・・

その辺の心境がわかってるこそ、遥斗も悩む所なんでしょうね



** ろーじーさん **

ほんとツラい展開でした

皆勤賞!きっと首からカードをぶらさげてたりて。はんこ押すのもリハビリ・・・おいっ!!!



** mariさん **

ラブレターなどと言われて、るんるんな気もちで手紙を開いたであろう遥斗が、文面を読んだ時のショックたるや・・・

ただの視聴者であるあたし達でさえ、こんなにも無力感を感じるのだから、実際に周囲にいた人々の気持ちを思うと・・・ツラかったでしょうね
またまた続き♪ (まこ)
2005-12-17 21:20:53
** ルルさん **

ご訪問ありがとうございます

うんうん、遥斗役の錦戸くんは今回このむずかしい役柄をよくぞここまで!!!

最優秀助演男優賞←毎クール、私的ドラマ評なるものを勝手に選んでいるのですが、まさに彼が今回受賞する予定です

ハッピーエンドという訳にはいかないでしょうが、少しでも幸せな気持ちで亜也さんが旅立てれば・・・



** ikasama423さん **

うんうん、色んな意味で遥斗への想いが溢れた手紙だったのでしょうね

あのような気持ちでいた亜也さんが結婚式に参加するだけでもツラかったんだろうに、ヒザにブーケが落ちてくるだなんて・・・何もかも、ましてや結婚なぞ望めないと諦めてたところにもってきて何て残酷!!!

今尚、治療が困難なこの病気に苦しんでる患者さんやご家族がいらっしゃるんですよね



** 直美さん **

あのような状況であっても、しっかり心で結ばれてた亜也と遥斗。なのに病気の進行は無情ですよね

それを見守る家族の心境もいかばかりか・・・

最終回はやはり涙涙の展開になるんでしょうけど、すこしでも笑顔の二人の場面が見たいな~と思いますです。
お別れの手紙 (Silver)
2005-12-20 20:40:11
確かに、最初はセリフどおりにラブレターかと思ったら、お別れの手紙でしたね。。。。



今日がいよいよ最終回です

エンディングがある程度分かっているとはいえ悲しいものです。

涙涙・・・(T_T) (まこ)
2005-12-21 21:50:53
ラブレターという言葉から、明るい内容を期待してたんですけどねぇ・・・

あまりに切ない内容に泣けました



最終回は覚悟してたせいか、それほど涙は出なかったですが、やはり悲しかったですわー

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
1リットルの涙・第10話 (なんくるないさぁ情報局。)
ラブレターは決別の手紙だった。 亜也の症状はどんどん進行している。 構音障害も出ている。 養護学校を出た後の就職や進学は難しいと主治医の水野は潮香と瑞生に説明する。 そんな中で、養護学校も卒業を迎えることになった。 (とうとう卒業のときが来た。病気になる前
認められないのではなく、認めたくない、「今」 【1リットルの涙 第10話】 (The Natsu Style)
いくらなんでも病気によって出来る事が奪われていく現実なんぞ認めたくないでしょう。それを認めてしまえば、「じゃあこれは続けていこう」と誓った事ですらそのうち出来なくなりそうだという想像が膨らみ続けて、止まらなくなってしまいそうで。それこそ亜也が、「何のため.
1リットルの涙 ~第10回~ (いわぴいのドラマ日記)
 「私なりの未来がある」亜也はいつまでもそう信じ続けていたかったでしょうね。というよりも時には弱音を吐きながらもそれを信じ続けたんでしょう。ただ、現実を見てしまうとそれはあまりにもはかない夢だと言うことがわかってしまうから余計に辛かったんでしょうね・・...
『1リットルの涙』第10回 「ラブレター」感想 (つれづれなる・・・日記?)
最後への布石。つらい、悲しいラブレターでした。 それでも、いい方に向いてほしい。
1リットルの涙 悲しみのラブレター(゜Д゜≡゜Д゜)? (zenの日記)
今日の1リットルの涙はヤバ過ぎでした… (┬┬_┬┬)ドバーッ 今回いきなり卒業(゜Д゜≡゜Д゜)? ( ̄▽ ̄;) マジデ 上級生の卒業じゃなくて(・・? 卒業後家に戻ってきた亜也 自分の体だから 自分があきらめちゃいけない って頑張
「1リットルの涙」の話10 (のらさんのうだうだ日和)
「1リットルの涙」第10話~ラブレター~(視聴率16.6%、平均14.8%)を観ました。亜也の妹が大きくなっていてビックリしてしまいました。【池内理加役:三好杏依→三好結稀】姉妹なのでしょうか?遥斗は大学の医学部に合格。かつてのクラスメイト達もそれぞれが進
1リットルの涙 10 (思い立ったが吉日)
『ラブレター』 生きる意味を問う話。 亜也は養護学校を卒業することになるが、病気の進行が早いため進学も進路も出来ない。 少しでもいいから人の役に立ちたい、そう思っていた亜也にとってそれは何を卒業したのか分からないと感じたのだろう。 これで居場所がなくなった
「1リットルの涙」10話 沢尻エリカの女優魂に拍手を送る! (くつろぎ日記)
「あなたのいうことはいつも正しい」父に言ってはみても、 はらはらと大粒の涙に暮れた頬には夕闇の薄明かりだけ。 遥斗にとっての壁はあまりにも大きすぎ、無力に握りこぶしを作りながらも いつか来るその日までただ時間だけが静かにと願う。         あっとい
1リットルの涙 第10話 (やっくんのendless blossom)
居場所 生きてゆく場所 そして自分の存在価値 確実に変化してゆく周囲の環境に 自分はもういられないのかもしれない 私なりの未来を探す そのために また頑張らなくては それでも崩れていく体 いうことを聞かなくなってゆく それは 心も蝕んでゆ...
1リットルの涙・第10話 (めざせ生活向上!)
1リットルの涙・第10話。 亜矢が苦しんでいるのに、BGMは粉雪がガンガンかかってましたよ。Σ( ̄□ ̄ノ)ノエェェ?! こういったケースはいつものBGMですよね・
第10話 「ラブレター」 (ブログ ド ガジュマル (改装済))
ラブレターって別れの手紙だったんですね! 予告を見て、番宣みた私はてっきり結婚するもんだとばかり思ってましたー。 あの場面で「私・・・・結婚できる?」って言うなんて・・・・ 普通の女の子だったのに、明るい女の子だったのにーーーーーー!! ここに来て気丈
【テレビ】1リットルの涙(第10話) (まぁ、お茶でも)
18歳になった亜也(沢尻エリカ)は、養護学校を卒業。しかし病状が進行しているため、進学や就職は難しい状態だった。担当医の水野(藤木直人)は、潮香(薬師丸ひろ子)
1リットルの涙(10話) (ドラマで語ろう!)
番組から、挿入歌CDプレゼントのお知らせがあります。 ハガキ 郵便番号 119
1リットルの涙第十話「ラブレター」 (私でもいいですか?新館)
亜也(沢尻エリカ)は父・瑞生(陣内孝則)と母・潮香(薬師丸ひろ子)と共に、主治医である水野(藤木直人)の診察を受けていた。 発声の訓練をする亜也。 亜也は懸命にリハビリ
『1リットルの涙』 #10 (あみのドラマROOM)
『1リットルの涙』 第10話 「ラブレター」 今回も早い時間の流れでしたね。 あっという間に2年も経っていました。 亜也の病気はどんどん進行していますね。 言葉もうまく発音
1リットルの涙 第10話 (渡る世間は愚痴ばかり)
あぁぁそこで終わるのかぁ
つれづれなるままに・・・ (3しょうがいの作業所。(仮想))
録画しておいた、『1リットルの涙』(フジ系、毎週火曜、21:00~ )をじっくり観終わりました! (リアルタイムでももちろん観たんですけどね!)“沢尻エリカ”さん、演技、お上手ぅ~ 。 (“大西麻恵”さんもお上手だと思ったんですけど…  私たちSCDのマネって簡単...
1リットルの涙(10話目) (銀の弾丸プロジェクト ブログ版)
1リットルの涙 すでに最終話の1つ手前。 病状もかなり悪化していて、見ている側も辛くなってきます。 亜也(沢尻エリカ)は、会話もままならなくなってきて、 遥斗(錦戸亮)と逢うことも辛くなって...