gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

入管行政の根本的問題点

2016-12-24 17:01:00 | 日記
 ややもすると不法入国とか不法滞在とかに目が奪われがちです。
しかし本当の問題は日常の入管行政そのものに問題の本質があるのではないでしょうか。
今の運用は要件を満たしていたら基本的にビザを出しているものと思われます。
これでは青天井で外国人は増え続けます。日本人人口は少しずつ減少している中、今のペースで外国人が増え続けると、いくらもしない内に大和民族の日本人はいなくなるのではないでしょうか。2015年の法務省の統計によると1995年末から20年間で60%、年3%増です。
この実態を重く受け止めて国会でも議論し適切に対処しなければなりません。
 色々な名目で外国人を日本に連れて来ようという動きがあります。これでは国栄えてやがて悲しく、日本から大和民族の日本人はいくらもしない内にいなくなるのではないでしょうか。
あなたは大和民族の日本人がいなくなった日本を愛せますか。

法務省統計
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1180.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。