ももちゃんの面白古代史

ももちゃんが生活科学の目で主に日本古代史解明します。新しい情報いっぱい。例えば日本の縄文時代に製鉄が行われていた根拠など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コメ(稲作)のルーツは日本・うるち米とモチ米

2017-01-03 15:43:05 | モチ米・松本神田地域...
コメ(稲作)のルーツは日本・うるち米ともち米
・前回でモチ米のルーツを書き、ネットで違いを調べた。もち米とうるち米の違いは含まれるアミロースという物質の量で決まるという。アミロースは稲が実る時の温度で変化するというから突然変異と言ってもいいだろう。私の故郷の信州松本地域では同じ田に両方の品種を同時に植える。粳米は日当りのいい場所に、同じ田の水を取り込む冷たい水の出入り口とか日陰になる場所にモチ米を植える。
・だから信州のような寒冷地ではモチ米という突然変異があったと推定できる。もしかしてジャポニカを東南アジアの温かい地域で栽培してみれば先祖返りを起こしてジャポニカ米がインデカ米になるかも知れないし、逆にインデカ米を日本で2-3年も栽培すればジャポニカ米に先祖返りするかもしれない。そうすればコメの真のルーツがジャポニカ米か・インデカ米か、またはジャポニカ米は先祖帰りしてもジャポニカ米かもしれない。はっきり決着つくかもしれないですね。
・体験では信州の寒さでもモチ米はさらに寒い水を好むようだが、とすると日本でコメの産地が寒冷地域が多いこととも話が合う。粘りはアミロースという物質の量で決まるという・またアミロースが0がモチ米というから暖かさがアミロースを破壊するというか作らないというか???。これが事実ならアジアの暖かい穀倉地帯では、モチ米は不作かモチ米は出来難いことになるから、温かい地域にモチ米はルーツではない。モチ米のルーツは日本のように寒冷地の地域で、信州の松本神田地域にモチ米のルーツ=突然変異が起こったと考えるのが素直な思考だと思いますが。
・埼玉県の高速餅つき踊りは松本から古くに伝来した名残だと推定します。
・高速餅つきは・埼玉県東松山市氷川神社で金谷の餅つき踊り11月23日
・  〃     埼玉県上尾市・藤波の餅つき踊り
・埼玉県川越市南大塚・西福寺などで行われている。
・他にも行われている所があるがそれぞれ日時が異なるので確認ください。
 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モチ米のルーツ | トップ | コメ(稲作)のルーツは日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モチ米・松本神田地域...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。