日々適当
hibitekitou

Autodeskが保守プランの値上げするらしい

cg |2017-03-08
<追記>
保守プランにご契約中のお客様へ[Too]

基準となるのは、値上げするタイミングでの定価ということで、ECSUの場合、

2017年:185522円
2018年:204075円
2019年:244890円

ぐらいになるようです(端数は怪しいけど、大まかにはこんな感じでしょう)。
で、サブスクリプションへの移行金額は、移行のタイミングによって、
2017年6月頃 2017年6月時点の保守プラン更新価格と同価格
2018年 2017年のサブスクリプション移行プログラムから 5% 高い価格
2019年 2018年のサブスクリプション移行プログラムから 5% 高い価格
となるそうです。その上で移行から3年はその価格が保持され、4年目以降は2019年のサブスクリプション移行プログラムの価格に固定されることになるとあります。なので、今年、永久ライセンスを放棄してサブスクリプションに移行すると

2017年:185522円
2018年:185522円
2019年:185522円
2020年:204538円

となります。2020年までに支払う金額は76万円ほどになりますか。
永久ライセンスを継続した場合(で2020年も2019年と同じ価格と仮定すると)88万円ほど。

ということで、支払う金額はサブスクリプションの方が安くなるようです。

なを、サブスクリプションに移行することで、永久ライセンスの権利を喪失し、4バージョン以上のダウングレード権も失うとのこと。
ん?サブスクリプションに移行するとSoftimageが使えなくなることは確定?
</追記>

以下の記事は古い認識に基づいているため、間違っていますよ。

FAQ | Important Updates on Maintenance Plans [Autodesk]

2017年5月7日より保守プランの値上げが行われるということ。
今年が5%、来年10%、再来年20%。これら数字は2017年5月7日より前の日付が起点かね?

例えばボンデジストアの価格を見ると

Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 保守プラン 1年更新 :176688円

とあります。この価格を基準とすると

5%:185522円
10%:194357円
20%:212025円

ですね。2019年までに支払う金額は591904円となります(前年を基準とするなら10%は204074円、20%が244889円で合計634458円)。
Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimateに相当する現在販売されているプランはMedia and Entertainment Collection IC Multi-user with Basic Supportでしょうか。こちらの3年分のはボンデジ価格で現在710208円で売られています。ただしこれはキャンペーンか価格で、通常価格は1183680円だそうです。

ってことは仮に現在の価格を基準として20%の値上げを行なったとしても、現在Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimateを保持しているなら、3年間はそれを持ち続けた方がお得なようにも思えますね。
(ただし、Media and Entertainment Collection ICには旧来の保守プランにはない特典もありそうなので、それを利用しようと思えばまた違った感覚になるかもではあります.

ていうか、これにSoftimageのライセンスはたぶんついてないよなぁ。事実上、Softimageの使用ライセンスを増やすことはもはや出来ないってことですかね。

Maya単体だと3年で587736円(通常価格979560円)だそうです。Mayaのみに切り替えるにしてもまだ高い。けれども4年目以降を考えた時、どっちがお得なのかは、面倒なので考えてないし、というかその頃にAutodeskは永久ライセンスの保守プランを廃止するんじゃね?とか思ってる。そうだとするなら12万円ぐらいをケチるより、プランの移行をした方がお得なのかもしれんけどねー。今後5年ぐらいの価格を提示してほしいものです。)

しかし何れにしてもお高くつきますな、これ。


個人的に移行対象として考えられるのは、

Houdini FX
新規購入:558900円(インディーゾーン)
年間アップグレードプラン:287500円(イーフロンティア)
CINEMA 4D Studio
新規購入:435000円(イーフロンティア)
MAXONサービス契約:73800円(イーフロンティア)
Blender
新規購入:無料

ですが、完全に趣味でやるならHoudini Indie(年間$199)かBlenderにするし、仕事に繋げるならCINEMA 4Dかねぇ…。

まぁ、MODOって選択肢もありますし、こっちは既に持ってますし。

ともあれ、とりあえず今年、Autodeskの保守を更新するのなら、4月中に決断して支払っておかねばなりませんね。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。