日々適当
hibitekitou

カメラのアパーチャー

cg |2008-01-29
Aperture 。Appleの画像データ管理・現像ツールじゃなくて、カメラのレンズの口径をさす言葉です。
静止画を撮るカメラ的には絞りにより作られる開口部の大きさをで、F値で知られています。
動画を撮影する分野においてはフィルムに絵が焼きつく面のことを指していたりもするようです(なもんで、実写との合成を考えるとき、アパーチャって単語が飛び出してきたりします)。とはいえ、フィルムを使っていることはほぼ無い現在、そこは撮像板だったり撮像管だったりするわけで、その大きさがCGでカメラのサイズ(画角)を決めるとき大切な要素となります。
以上のことは、アパーチャーってのの静止画を撮るカメラ的な意味しか知らなかったころに、ほかのCG屋さんの話がわからなかったことの反省を込めて書いてみたりしております。

さて、そんなわけで、実写とCGとのカメラのマッチングや違うソフト同士のカメラのマッチングは、XSIにおいては、CameraのプロパティのProjection Plane(撮影平面)で実写を撮影する際に使用されたカメラの情報を入れることで行われます。

たとえばGR DIGITAL IIの焦点距離は5.9mmであり、CCDは1/1.75型原色CCDとのことです。ややこしいのは、1/1.75って値は、撮像管に換算するならこんぐらいね(直径1/1.75インチ)って値であり、実際のサイズではないってことです。幸い、35mmフィルム換算値の焦点距離と実焦点距離、およびCCDのアスペクト比がわかれば、CCDのサイズ(有効画素)が出てくるようで、つまり、35mmフィルム換算で28mmのGR DIGITAL IIは、4:3のアスペクトのCCDをおそらく採用しているんで、横7.3mm、縦5.5mmとなります(これは35mmフィルムが36mm×24mmであるという数字が分かっているから、それを元に35mmフィルム換算時の焦点距離と実焦点距離の比から出すことができます)。

そこで、XSIのFilm ApertureにX = 0.287インチ、Y = 0.2165 インチ とし、Focal Lenghtに5.9mmを入れればいい感じにGR DIGITAL IIで撮った絵と一致してくれる、はずなんじゃないかと思うのですけどどうでしょ(で、あとはCCDの位置を数字で出すことができればきっと完璧。…現状無理だけど…。図面があれば…)。

ちなみに、modoでも同様に値を設定できて、こちらは焦点長、フィルム幅・高さに同じ値(ただしこっちはmm)を入れてやれば両者でほぼ同じ絵が再現可能です。

そうすっとVueでも試してみたいのがそれらソフトを所有している人が思うことであるのですが、Vueだけは一筋縄ではいきません。というのも、Vueにはフィルムの幅や高さを設定するパラメータが存在しないからなのです。値を決めうちできるのは、レンダリングサイズ(4:3なのか16:9なのか、とか)と水平視野角もしくは垂直視野角(片方が決まればもう片方も決定される)。焦点距離も指定できますけど、この場合は正直役に立ちません。
ということで、水平視野角に63.5、垂直視野角に49.8あたりを入れればXSI, modo と同じような出力結果を得ることができます(焦点距離とフィルムサイズが分かれば計算可能です)。

そいえばVueがらみでもう一個問題は、外部からオブジェクトを読み込んだとき、そのサイズが意図しないものになることですかね。意図通りの大きさに読み込ませるのはどうしたらいいのか、それはまぁそのうち解決すべき課題ということにしときます。

とかなんとかとりとめもなくこのエントリは終わります。


マッチングなぞそれほど気にせずともよさげなオブジェクトなんだけど、パースなんかはほぼあっていると思う。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。