日々適当
hibitekitou

年末年始車を借りてた

与太話 |2017-01-08
諸般の事情により車を借りてました。1週間ほどで、トータル100kmほどは乗ったんじゃないかなと思うけど正確な数字は不明。

借りた車はヴィッツでございます。てっきり軽自動車が来るかと思っていたのだけど、少しだけ嬉しかった。


土浦市 17.01.03


世代としては2014年にマイナーチェンジしたものなのかなぁ。ちょっと自信がない。けど、現行(2016年1月8日現在)のメーター内の液晶ディスプレイにある燃費ランキングってところの画面はネット上のページにあるものと同じものですな。1.3リッターのモデルだと思う。




しかしWebサイトの表示、燃費が凄まじいことになってますな。上図上側がWebサイト下側が今回借りた車の。25kmなんて相当一定速度で走り続けないと出ないのではなかろうか。下側1位と2位が今回借りている時に出した数字だけど、これも結構ダラダラと走った結果なんだけどねえ。

とはいえ、燃費という意味で結構走りますね、これ。車重が違うから単純に比べちゃうのはかわいそうだけど、普通にプリウスやプリウスαに乗っている時の燃費に迫るんじゃなかろうかね。(でもアクセルをちょっと踏み込んだり、無駄なブレーキングを行ったりすると途端に数字は下がるし、だからプリウスの方がまだ数字が伸びやすいとは思う)。けど、結構感心しながら乗っていました。

あ、普段はプリウスαに乗ってました。

プリウスのような車と比較して、これはヴィッツに限らないのだけど、個人的に嫌な感じってのは発進時、停止時にあります。発進時はアクセルワークが難しい。一定の加速度でスーッとゆったりと加速しようとする時、プリウスは非常に素直な挙動を示します。感覚としてアクセルを踏み込むとその踏み込み量に応じて加速力が変わる。一方で今回借りた車はアクセルを踏み込んでいくとあるところから急に加速が始まるわけですね。とにかく滑らかに加速をと考えるとき、とてもアクセルワークが難しいと感じました(下手なだけなんだけど)。
一方で減速時ですが、これもプリウスのような車はアクセルもブレーキも踏んでいない時、慣性で進み(感覚として)道路との摩擦で減速していって停止に至るという感じです(完全に停止しようと思ったらブレーキを踏む必要はありますが)。ヴィッツはというとアクセル・ブレーキを踏んでいない時は、もちろん一定の感覚で減速していくのだけど、速度があるところを切ると急減速する感覚があるわけでね。これがちょっと嫌。あ、このブレーキを踏まず減速していくってのは燃費を稼ぐ時とても大切ですw
以上の内容以外は、近所の車が混まない方向に走っている限りはこの車でいいじゃねと思わせてくれるものでしたな。
アクセル・ブレーキの挙動は車の性格づけも含めたチューニング次第で変わって来るのでしょうけど、プリウスαはとても(それを好む、好まないはともかく)素直な印象がありました。

というわけで車がないのでとっても不便な気分を味わっている週末です。
余談。トヨタ車では新型プリウスPHVやC-HRあたりに乗ってみたいかなぁ。所有するじゃなくて、単に乗るならMIRAIも体験してみたい。しかしそんなクラスの車を購入する予算などないのでした。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

久しぶりに緊急地震速報を聞いた

与太話 |2016-05-17
16日21時23分に茨城県南部を震源としてマグニチュード5.5、最大震度5弱の地震が起こりましたが、その時僕は都内の地下鉄に乗っていて、iPhoneをいじっておりました。突然、ギュイギュイと鳴り出したのだけど、しばらくなんの音なのか、自分のiPhoneから音が鳴っているのか理解できませんでしたな。もっと大きな地震だった場合、事態を把握できぬまま揺れに巻き込まれていたことでしょう。
幸い今回、都内はそれほど揺れず、地下鉄もすぐに動き出したのだけど、その後しばらく走ったら急停止し、すぐに車内の電気が消え空調が止まるという事態に遭遇しました。急停車は何度か経験あるけど、停電した車内に滞在することになったのは初めてです。急停止の結果、どうも送電に影響のある区間に止まってしまった可能性があるからその確認をする為にパンタグラフを下ろして云々って事になっていたようです。

ちょっと身動きしたら前後左右の人にふれるぐらいの混み具合で、うっかり前後の女性のお尻を触ったりしないよう気をつけながら時を過ごすわけですが、このような状況になった時、室温が上昇していくのがつらいところでございます。
空調が止まってた時間は10分程度で、外気温が19度ぐらいとまだ低めだったから、そこまでつらいことにはならなかったのだけど、朝の殺人的なラッシュ時にこのように空調が止まってしまうことを想像すると、これからの季節、とてもそんな電車には乗ることが出来ませんな。

ちなみにこの急停車は、特に地震の影響というわけでは無いそうだけど、常磐線の取手より先に行く列車は地震の影響をもろに受けた模様。
震度5弱を記録したところは常磐線が通る場所なもんで、点検を経ないと運転再開できないってことなんでしょう。こればっかりは仕方がないことだけど、勘弁してほしいものです。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

Pentax K-1 の発売日が決まったらしいじゃないですか

与太話 |2016-04-14
PENTAX K-1、4月28日に発売日決定 [デジカメ Watch]

まぁさすがに買うのは無理だよなぁって思ってます。
ヨドバシ.com価格で本体278100円。
こいつの為に用意されたといってもいいレンズは5種類ありますが、それぞれ

HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6ED DC WR:77760円
HD PENTAX-D FA 15-30mm F2.8ED SDM WR:215870円
HD PENTAX D FA24-70mm F2.8ED SDM WR:177800円
HD PENTAX-D FA★ 70-200mmF2.8ED DC AW:258800円
HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW:272700円

ですからね。お財布にそんな自由になる金はありません。

なので、今後の注目はK-3IIの後継が出てくるかなのでございます。どうなんでしょうかねぇ。それはまたずいぶんと先の話になるでしょうし、ここはTHETA S [RICOH IMAGING] にでもいっておきましょうかw
実際、THETA Sなら「仕事にも使える」といういいわけが立ちやすいんですよね。ライティング用のHDRIの作成に使ったりとか、単に背景として利用してみたりとか(リアルタイム動画もやりようによってはいけるようだし)。ヨドバシ価格40500円にオプション諸々つけて5万円ほど見込んでおけばいいでしょうか。

欲しいなぁ…。

しかしてどーでもいいけど、ヨドバシとかAmazonとかの税込み価格での表示はとてもいいですね。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

ウインカーレバー

与太話 |2015-08-31
車に乗っててウインカーを光らせる時、日本でならたいていはハンドル右側のレバーを右折なら下に左折なら上に動かすわけですけど、先日、代車で車を借りた時、今は車によってはこうなってんだと思ったのを今更書いてみたり。今月、あんまり記事書かなかったので、与太話追加なのです。

表現として「ウインカーが戻る」っていいますよね。レバーを上・下に動かしたとき、レバーはクリック感の後、中立位置からズレた位置に固定されます。そしてハンドルを中立位置に戻す時に、レバーが中立位置に戻るという動きをするのが普通と思っておりました。ところが先日借りた車は、この中立位置からズレた場所に固定される、という事が無いのでした。レバーは単なるスイッチとして動作しているようで、ウインカーを点滅させる動作をオンにしたらすぐにレバーは中立位置に戻ったのです。これが何だかすごいストレスでした。まぁ慣れなんですけど、最初、ウインカーがちゃんと点灯したのかとても不安でしたよ。ウインカーの点滅時になるクリック音も小さめで聞こえずらかったってのもあるかもしれません。交差点を抜けてハンドルを戻した時も、ウインカーレバーが戻る動き(ショック)が無い為、とにかく、交差点を曲がろうとするたびに違和感を感じ続けたのでした。

その後、代車を返却して元の車に乗った時の、ウインカーレバーの動作のしっくり感は、やっぱりこのアナログな感触って大事だなって思った次第です。

や、それだけです…
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

アイドリングストップ

与太話 |2015-08-02
代車として車借りまして。軽自動車。ムーヴ。たぶん一番お安いタイプなのだと思います。

ほほう、これがアイドリングストップですか。



停車すると速やかにエンジンの回転が止まるようで、回転数がゼロになります。それでブレーキから足を離すとエンジンがかかるショックを感じて、すぐに発進できます。その始動時の感触がちょっと不快ではありますが、これは慣れるんだろうな。ということで省エネな最近の車というのを初めて体験しまして、ちょっと感心した次第です。

ついでに安全性能部分も体験できまして、お店の立体駐車場に上がるちょっと急な坂道に突入する時、壁にぶつかりそうと判断するのか、ピピピッって警告音を発しました。ちょっとウザイですけど、これらは世代が変わると精度がぐんと上がることは期待できましょうか。まぁ僕個人でこの車を手に入れることはまず無いでしょうけど。

返却時にはガソリンを満タンにする約束となっているわけですが、返却予定日までに50kmも走らないでしょうから、さておいくらになりますか。JC08モードでは二十数キロから三十キロって燃費らしいから、2リットルぐらいですかね。ガソリン代、300円以内におさまるかなぁw
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

視野が狭かった

与太話 |2015-02-08
Linuxマシン上にとあるツールのセットアップをしていたんです。NFSでマウントされた領域にインストールをする必要があるんですけど(各マシンから同じ場所に見えるように設定する必要があった)、オペレートはMacからsshでログインしてってやってました。
上記のような考え方だったので、sshでログインしてNFSでマウントされた共有領域に素直に入れようとしたんですけど、インストーラを走らせると警告の嵐。uidとgidを0に設定する事が許可されていない、って言うんです。まぁつまりrootでwheelなアクセス権のファイルやフォルダをそのインストーラは作りたいのだけど、NFSでマウントされている領域のポリシーとしてそれが許されていない、ということでね。
ホトホト困っていたんです。困ったから他のところから片付けていたんですけど、よく考えたら、その領域をエクスポートしているマシンでインストールすればいいんですよね。つまり、NFSでマウントされている場所が

/NFS/sharedDir

だとしたら、そのsharedDirをローカルに持っているマシンが存在しているわけで、そのマシンにしてみれば、普通にローカルにインストールすることになるから当然rootでwheelなファイルを作ることが出来る、と。
その考えに至るまでに1時間かかりましたよ。行き詰まったんで、困りましたよと人に話している時に思い至ったわけですが、人に状況を話すというのは、状況を整理して別の視点をもたらすのに有効だなとか思ってみたりもしつつ、しかし、視野が狭かったなと、そんな感じに無駄に過ごしてた数時間でした。

とかいう愚痴。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

使用頻度の低いカメラ用品を売ってきた

与太話 |2014-10-28
使用頻度が低いカメラってどうしても出来てきちゃいますよね。
Q7買ったからQ使わなくなったとか、DA18-270mm買ったから55-300mmの利用頻度が減っちゃうとか。

というわけで、オークションとか買取価格が高い店を探すのとか面倒なんで、某店に売ってきました。

ここで問題になるのがレンズキットで買ったものなので、レンズをつけなかった場合、査定額にどれほどの影響があるか、です。デジカメのレンズキットは一つの箱の中に本体と各種付属品とレンズが含まれているわけで、箱にもそのためのスペースが設けられていますが、レンズがないと大きく値段が下がるんじゃないか、ってわけで。
そんな心配をしつつ査定をしてもらいましたら、Qのレンズキットのレンズ(PENTAX-01 STANDARD PRIME)の有る無しの差額は1000円でした。ちなみに価格.comで現在、PENTAX-01 STANDARD PRIMEの最安値は1.4万円強で、中古価格は1.2万ほどとなっていました。もしかしたらカメラ屋に持っていったらもっといいお値段で買い取ってもらえたかもしれませんね。

とはいえ、1000円にしかならないわけで、んじゃ、売るのはやめたと、レンズのみ持ち帰ってきて、残りは売ってきました。
正直、PENTAX-01 STANDARD PRIMEはあまり使っていないのですけど、でもせっかくQマウントの高性能レンズシリーズを全部押さえていたのだから、やっぱり持っておくべきですわな。

まぁそんなわけで、だいたい満足な売値となりまして、さて、これで何を買うかと申しますと…
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

冷却マットはどこのがいいのか

与太話 |2014-07-26
暑いです。熱帯夜です。ということで、冷却マットというものに突然興味が湧いてきました。
ハンズに行ったらサラフってところのサラフパッド クール アイスマックスって生地を使用した製品(中国製)が目立つところに置いてあり、どうやらこの商品を押しているようです。店頭ではベッドがおかれ、その上に両社の製品がしかれていましたが、触った感じだとアイマックスのがひんやりと感じられました。でもお値段はサラフのほうが倍ぐらい高いんですよね。通気性がいいようですが。

それ以外に冷却ジェル等さまざまな製品が世の中には存在していて、リサーチすると疲れそうです。しかし、買うならさっさと買ってしまわないとというシーズンに突入していますから、どうしたもんか…
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

レイアウトを考える

与太話 |2014-07-20
諸般の事情により車が変わりました。

乗り換えた車について、とりあえず否定から入る日本人として、文句をたれてみようと思います。

ナビのモニタの位置です。センターコンソールの中央にモニタが陣取っているのですけど、これが運転中見づらい。視線を完全に外の風景から外さないと見ることができない。背の低い人になると、シートを前に持っていかないとならず、さらにモニタを見づらくなるでしょう。もちろん、そんなレイアウトの車が多いわけだから、この車だけが特別にダメってわけじゃないし、走行中にナビを見るというのは原則的にはダメな事だからこれで問題ないのでしょう。ということもあり、試乗中はまぁいいかとか思った。

前の車を褒めます。前の車はこれはセンターコンソール最上部、しかも少しフロントウインドウに食い込む感じで出っ張った高さにあります。スピードメーターなんかの計器類もそこにあって、運転中の視線をほとんど動かすことなく、ナビの地図含め、情報を目に入れられます。当時タッチパネルのものは無かったってこともあるだろうけど、センターコンソール一番下(普通の車のレイアウトならシフトノブの前)にジョイスティックとボタンからなるコントローラがついてます。

そこからすると、実に使いかってが悪い。しかも悪いことにそれは安全性にも影響してくる。走行中、ナビを見るなというお話は、まぁ、そうなんだけどね…

想像するに、センターコンソール中央にモニタを設置した唯一の理由はタッチパネルだからだと思うのですよね。手が届く範囲にモニタを置かねばならないというわけ。この車は、ナビはメーカー純正含め全てオプション扱いという売り方をされています。自由にナビを選べますよと言えば聞こえはいいけど、それはつまり、運転時の操作性がある程度犠牲にされるということなんじゃないか、という風に思うようになりました。
調べてみるとこのメーカーの車のSAIがセンターコンソール最上部にモニタを配し、そこは走行中に手が届く距離じゃないからコントローラ(リモートタッチと呼んでますね)がセンターコンソール最下部の無理なく手が届くところに配置されています。つまり専用のナビが標準搭載というわけですね。ってことはあれか、グレード的に標準搭載に出来ない車種を選んだって事だな、うん(苦笑)。このへん、マツダが非常にこだわっていると感じます。MAZDA CONNECTってシステムね。新型デミオにも採用されるみたいですな。

というのが最大の文句なんだけど、まぁ、散々迷って決めたから、おおむね満足はしていますよ。数年から十年ぐらいは乗るだろうし、それなりに大事にしていきたいと思います。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

くるま

与太話 |2014-07-06
車なんて走りゃいいんだよ、って考え方だとなんでもいいっていうつまらない結論になるんですけど、まぁ、個人的には走りとかは割とどぉでもいいというか、そこそこ普通に走る分には最近の自動車の性能は信用しています。細かいアクセルワークとかしないし、アクセルを思いっきり踏み込むとかしないし。
どちらかというと気になるのは燃費とか、最近面白いのは衝突回避系のシステムでしょうか。

<追記>
予防安全性能アセスメント [JNCAP]

こーいうサイトが出てきました。
これ見るとスバル素晴らしいです。そして、マツダが思ったほどじゃなかった。
対衝突安全性という事にのみ着目するなら、このテスト、非常に参考になりますね。

2014年10月24日 追記
<追記>

燃費という方向性ではガソリン車ということでは軽ってことになるんでしょうけど、ただ軽って高速でちょっとつらそうなので、これは外させてもらいます。そうするとハイブリッド車ってのが選択肢に来てみたりするわけですな。しかして燃費ってのは(エコな感じを目指すのでは無ければ)それは燃料費ってわけで、そすするとディーゼルってのも選択肢に上がってきますわな。

ディーゼル車で購入可能なのは、商用を除くと、ヨーロッパ車と国産車だとマツダですね。
デミオ(秋投入)、アクセラ、アテンザとコンパクトなハッチバックからちょっと大きめのハッチバック、そしてセダンまで、いわゆる普通のボディーの車の中にディーゼルエンジンを取りそろえております。この辺、実燃費は燃費のいいガソリン車とあまり変わらないようですけど、燃料費が9割を切る価格ですから、燃費が同じなら、同じ燃料費で1.1倍から1.2倍走れることになります。でもって、最近のマツダが採用しているエンジンは走りもけっこういいようです。

ハイブリッドは各社取りそろえているので割とよりどりみどりといって良いですかな。

一方で衝突回避系ですけど、これを大きな売りとしているのが国産車だとスバルとマツダですな。スバルはアイサイトってブランド名で、マツダはi-ACTIVESENSEってブランド名で売り出しています。トヨタも日産もそれぞれ技術投入していますけど、あまり積極的に売り出している様子は見えません。でも、やってはいますね。

例えば日産は前方衝突予測警報 ってのをスカイラインに搭載しています。前の前の車の動きも観察しているそうです。そして後側方車両検知警報ってのもあるそうで、これはエクストレイルとティアナに搭載されているそうです。後方のカメラで斜め後方の車両を検知しドライバーに警告してくれます。移動物検知 ってのは4方向のカメラを使って周囲の状況を観察し、駐車時に動くものが周囲にいる場合に警告してくれるそうです。これは搭載車がけっこう多くて、ノート、エルグランド、セレナ、エクストレイル、スカイライン、ティアナ。エマージェンシーブレーキ はカメラで前方を観察する衝突回避のシステム。ノートやセレナ、エクストレイルに搭載。とかなんとか。
えーとつまり、非常に分かりにくい。

一方でマツダは危険認知支援(後方からの接近車両の検知が含まれる)や衝突回避支援(前方へのレーダーやセンサーを使った物)をまとめて一つのブランドi-ACTIVESENSEってのにしていてとても分かりやすい。実際は、その中身は、RVM、LDWS、HBC、AFS、MRCC、ABD、SCBSっておのおのの技術に分かれており、それらが全て搭載されている物、一部しか搭載されておらず、その他はオプションなものという、ちょっとだけ複雑さがあるけど、日産のような分かりにくさは無いと思う。

スバルもアイサイトって形でまとめています。もっとも低価格の車種ではアイサイトではないレーダー系の回避システムを搭載していますが。

こうして考えると、エンジン、安全系のシステムから、マツダがとてもよく感じられてくるのですね。ついでにデザインも最近のは良い方向性だと思いますし。

というわけで、さまざまな諸条件のうち、僕の好みとお給料の値段だけで考慮した時、新型デミオの1.5リットルディーゼルモデルがよいと思うのですけど、どうざんしょ。あ、これにi-ACTIVESENSEが搭載されてくるかは知らんけど、ディーラーの人がそんなことを言っていたような気がするし、デミオのくせしてお値段それなりにお高いっぽいので、期待できるんじゃないかね。マツダ、排気量1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジンを新型「デミオ」に搭載すると発表 [Autoblog 日本版]
お給料の中身を考慮した場合、本当は中古かねぇ(苦笑)

ちなみに運転時の実用性という意味で、マツダのアクセラに搭載されているMAZDA CONNECTってのもちょっとよいんじゃないかって思っております。ナビがね、タッチパネルでの操作だけじゃなく、スティック状のコントローラや物理ボタンを使って操作できるのね。これ、走行中に地図操作する時とても有利だと思うのですけどね。や、タッチパネルのナビの操作なんてほとんどした事がないので、実際はタッチパネルでも問題がないのかもしれんけど、今乗っている10年目ぐらいの車のナビが手元(センターコンソール上)で操作できるもので、それがとっても楽なのよ。

なお、新型デミオを買う事はありません、残念ながら…。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
« 前ページ・