日々適当
hibitekitou

富士山をテーマに

pictures |2017-01-18
2日かけて静岡県に入ってきました。富士山撮影をテーマという感じで。
とはいえ、いつものように家をゆっくりと出たりしたせいで、初日はそんなに時間がなく、翌日は静岡でやっている催しに気づいてしまったためにそれを見に行ってしまい、やっぱり写真撮影の時間がありませんでした。

それでも天候に恵まれ、雲はちょっとかかっていたしちょっと霞んではいたけど、いい感じに富士山が見えて、全体的にはとてもよかったです。

まずは三保の松原を目指しました。

静岡市 17.01.16


有名どころですけど行ったことがなかったんですよね。観光地として砂浜になっているところの先はテトラポットが並び、それはそれで良い感じでございます。

静岡市 17.01.16


そこをぐるっと歩いているだけでそこそこ時間がかかるわけで、この後、久能山東照宮経由日本平で夕陽って気分でいたのだけど、東照宮は無理でした。

静岡市 17.01.16


日本平の展望台位置についた時はまだ夕日って時間帯ではありませんでしたけど、ロープウェイ乗って東照宮見て戻ってくるほどの時間はなかったという感じ。ってことで、日本平の展望台から夕日に染まる富士山を見物しておりました。(東照宮見物には時間が足りないながらも時間が余ったので仮眠をとったりはした)

静岡市 17.01.16


で、宿は静岡の市街地のビジネスホテルでございました。

翌日、朝は駿府城公園をうろうろしておりました。ホントは日の出と組み合わせた富士山を狙いたかったところですけど、寝ていたいので諦めます。で、駿府城公園。ここ、周囲に小学校から高校まで学校が点在しているために通学路として利用されているようで、学生さんが大量に歩いてあるいは自転車に乗って通過していかれており、その学校の一つは女子校のようで、そこをカメラ持ってうろうろしているんだから完全な不審者でしたな。

静岡市 17.01.17


周囲に建物があるせいもあり、あんまり富士山は見えませんでした。ということで、そのちょっと先にある静岡浅間神社の上の賤機山に途中まで登ることとしました。

静岡市 17.01.17


ハイキングコースとなっているようで、結構歩けるみたいでしたが、そのあとの予定もあるのでこの見晴らしを得られるあたりで引き返しました。
で、そのあとの予定ってのが全く当初計画になかったものでして、それが静岡市美術館で行われていた(2/5まで)スタジオジブリ・レイアウト展です。

静岡市 17.01.17


2008年から行われていたもので、たぶんその最初期に見に行ったことがある気がするのですが、現在巡回しているものはマーニーまでカバーしているんで、以前行ったのが遠い昔ということもあり、やっていることを知ったからには行かねばなるまいと心に決め、美術館開館時間まで駿府城公園や賤機山で時間を潰していた、という感じになってしまいました。
とても良かったです。刺激になります。千と千尋のところの見せ方はどうかと思うけど。
2時間弱見ていたのですけど、本当はもうちょっと時間をかけたかった。けど諦めて図録を購入したことで満足して美術館を後に。高速道路に乗って移動です。
移動先で電車に乗りました。岳南電車。富士山とのセットだったり工場横を通過したりで有名な電車ですね。

富士市 17.01.17


びっくりするほど素晴らしい車窓ってわけじゃないですけど、良い雰囲気でございました。車窓を楽しむなら夜景列車(鉄道夜景電車とか工場夜景電車とか走らせているみたい)などのイベントに参加してみたりするのが良さそうです。

富士市 17.01.17


んで、最後にふじのくに田子の浦みなと公園ってところの展望台的なところから富士山撮影を行いました。
ちなみにここは富士山と工場の夜景とのセット写真で有名なスポットのようで、日が暮れてからが撮影本番というおっさん二人がカメラを構えておりました。
僕はというと夜景装備(三脚とレリーズ)は持って行っていなかったので、日が暮れるまで、です。

富士市 17.01.17


一時間ほどいたので、5秒おきにシャッターを押して動画にしてみたものがこちら。



雲が最後まで取れなかったのが残念でございましたが、動画にするなら雲があった方が面白いですね。
ちなみに夜景を狙うなら、あるいはこれから日が長くなってくると夕日に染まる富士を狙うにしても、この公園の駐車場に車を停めるのはよろしくないようです。17時で閉鎖されるということで、ちゃんと調べてきている人は駐車場には車を停めていないようでした。

というわけで、前日に突然思いついて行ってきたわけですが、いつもながらもうちょっとちゃんと計画を立てて朝も早く家を出て行動しないといけないなといつものごとくの感想を持って、2日間の旅は終わります。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

年末年始車を借りてた

与太話 |2017-01-08
諸般の事情により車を借りてました。1週間ほどで、トータル100kmほどは乗ったんじゃないかなと思うけど正確な数字は不明。

借りた車はヴィッツでございます。てっきり軽自動車が来るかと思っていたのだけど、少しだけ嬉しかった。


土浦市 17.01.03


世代としては2014年にマイナーチェンジしたものなのかなぁ。ちょっと自信がない。けど、現行(2016年1月8日現在)のメーター内の液晶ディスプレイにある燃費ランキングってところの画面はネット上のページにあるものと同じものですな。1.3リッターのモデルだと思う。




しかしWebサイトの表示、燃費が凄まじいことになってますな。上図上側がWebサイト下側が今回借りた車の。25kmなんて相当一定速度で走り続けないと出ないのではなかろうか。下側1位と2位が今回借りている時に出した数字だけど、これも結構ダラダラと走った結果なんだけどねえ。

とはいえ、燃費という意味で結構走りますね、これ。車重が違うから単純に比べちゃうのはかわいそうだけど、普通にプリウスやプリウスαに乗っている時の燃費に迫るんじゃなかろうかね。(でもアクセルをちょっと踏み込んだり、無駄なブレーキングを行ったりすると途端に数字は下がるし、だからプリウスの方がまだ数字が伸びやすいとは思う)。けど、結構感心しながら乗っていました。

あ、普段はプリウスαに乗ってました。

プリウスのような車と比較して、これはヴィッツに限らないのだけど、個人的に嫌な感じってのは発進時、停止時にあります。発進時はアクセルワークが難しい。一定の加速度でスーッとゆったりと加速しようとする時、プリウスは非常に素直な挙動を示します。感覚としてアクセルを踏み込むとその踏み込み量に応じて加速力が変わる。一方で今回借りた車はアクセルを踏み込んでいくとあるところから急に加速が始まるわけですね。とにかく滑らかに加速をと考えるとき、とてもアクセルワークが難しいと感じました(下手なだけなんだけど)。
一方で減速時ですが、これもプリウスのような車はアクセルもブレーキも踏んでいない時、慣性で進み(感覚として)道路との摩擦で減速していって停止に至るという感じです(完全に停止しようと思ったらブレーキを踏む必要はありますが)。ヴィッツはというとアクセル・ブレーキを踏んでいない時は、もちろん一定の感覚で減速していくのだけど、速度があるところを切ると急減速する感覚があるわけでね。これがちょっと嫌。あ、このブレーキを踏まず減速していくってのは燃費を稼ぐ時とても大切ですw
以上の内容以外は、近所の車が混まない方向に走っている限りはこの車でいいじゃねと思わせてくれるものでしたな。
アクセル・ブレーキの挙動は車の性格づけも含めたチューニング次第で変わって来るのでしょうけど、プリウスαはとても(それを好む、好まないはともかく)素直な印象がありました。

というわけで車がないのでとっても不便な気分を味わっている週末です。
余談。トヨタ車では新型プリウスPHVやC-HRあたりに乗ってみたいかなぁ。所有するじゃなくて、単に乗るならMIRAIも体験してみたい。しかしそんなクラスの車を購入する予算などないのでした。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

Thunderbolt 3対応Dock

pc |2017-01-07
メーカー名 CalDigit Belkin Elgato OWC Kensington Lenovo
製品名 Thunderbolt Station 3 Thunderbolt Station 3 Lite Thunderbolt 3 Express Dock HD Thunderbolt 3 Dock Thunderbolt 3 Dock SD5000T Thunderbolt 3 Docking Station ThinkPad Thunderbolt 3 Dock
電源供給能力 85W 15W 85W 85W ? 85W
USB-A (USB3.1) 3 2 3 3 5 ? 5
USB-C - 1 - - - 1 -
Thunderbolt 3 2 2 2 2 2 2 2
Displayport 1 1 1 1 mini 1 1 2
HDMI - - - - - - 1
eSATA 2 - - - - ? -
Firewire 800 - - - - 1 ? -
Gigabit Ehternet 1 1 1 1 1 ? 1
SDカード - - - - 1 ? -
Audio In/Out それぞれ1 それぞれ1 出力のみ2 それぞれ1

入出力端子1とSPDIF(光デジタル?)1

? 出力1
発売日 2017年Q1 2017年Q1 近日 近日 2月 2017年Q1 2月
  Thnderbolt 3ケーブル付属 Thnderbolt 3ケーブル付属   PCを繋いでいない時でもUSB端子に接続された機器を充電可能。   VESAマウントが可能。スペックの詳細不明。 アナログVGA端子もある
  $249.99 $199.99 ? ? $299.95 ? $279.99


とりあえずまとめてみましたが、詳細がわからないものも多いですね。
Lenovoは多分Macに正式対応しないんじゃないかって思っていますが、アナログVGAと積んでいるってのがなかなか興味深いです(個人的にはいらないけどビジネス用途で必要なところもまだあるのでしょう)。
Mac対応を明示している中ではOWCのが実に積極的な仕様をしております。個人的にはUSBポートの数があるのが嬉しいこの製品ですが、電力の供給能力がどの程度の出力があるのかわからんので様子見って感じです。そんな意味ではCalDigitのは2を使っていることもあり(それと仕様がほぼ変化ないんで)本命かなぁって感じておりますですよ。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

TB3関連

mac |2017-01-04
CESに合わせて、Thunderbolt 3製品のMacユーザー的な本命製品がいくつか発表されてきたようです。

Caldigitからは

Thunderbolt Station 3 Lite
Thunderbolt Station 3

の二つ。Liteと無印の違いはなんだろうと思うわけですけど、MacBook Proユーザー的に一番大きいのは電源供給能力でしょうか。Liteは15Wなのに対し無印は85Wありますね。
プレオーダーが始まってて、2007年第一四半期発売だそうです。というメールが届いたのがこのエントリを書くきっかけです。

同様のコンセプトでbelkinがすでに発表をしていますし、OWCもそれは同様なのですが、OWCはCaldigit同様プレオーダーが始まっていますね。
しかして、OWCはより攻めた仕様のものも発表してきました。

OWC Makes MacBooks ‘Pro’ Again With Game-Changing OWC DEC [Other World Computing Blog]

MacBook Proの専用アクセサリという雰囲気ですけど、MacBook Proの底面に敷かれる拡張ボードといったものです。これがMacBook ProとThunderboltケーブル一本で繋がり、電源供給も行なってくれるとするなら、熱がちょっと心配ではありますけど、非常に魅力的な選択肢になるように思います。

以上はフルスペックなドックという印象のものでしたが、Thunderbolt製品を以前から出していたKanexはより小ぶりな製品を発表してきました。Thunderbolt 3 Travel Dockなんかは持ち運ぶこと前提に装備しておくのに良さそうです。

PCのパーツメーカーからは、例えばZOTACは外付けGPUボックスを発表しているようですが、Macには当然ながら未対応でしょう(これはAppleのせいでもあるようですが)。

NASで有名なQNAPはThnderbolt 3対応のNASを出しているようです。もともとThnderbolt 2対応の製品を出していましたから、それが正常進化したイメージでしょう。

CESが開催されたらさらに色々と情報が上がってきますか期待したいところです。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

2017年が始まりました

etc |2017-01-01


というわけで2017年始まりました。
なんとか1月1日中に年賀状の作成も終わりまして、これから投函です(明日配達はないそうなので色々ごまかせそうです(昨年中に投函していたんだよ?的な))。
年賀状、でっち上げたから正面しか無理なんでしょということはなく、一応、360度撮影可能ですよ? でっち上げたのはそうだけど。



そんなわけで、今年はどんな年になりましょうか。
なりましょうかというかどんな年にしたいか、ですかな。
とりあえずこのブログ的にはCG系の話題を増やせればいいなと思っています。それはつまり、CG周りでそれなり触っている証拠ということになるので、私の場合…

手賀沼 17.01.01


あとはなんだろうなぁ。
何かいいことあればいいですけどねぇ。

それ以上に平穏無事に一年を過ごせればと思いますが。

そんな感じで、本年もよろしくお願いいたします。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

2016年も終わります

etc |2016-12-31
守谷市 16.12.31

夏ぐらいに北上していくダイヤモンド富士をどこかで捕まえたいとか書いた気がするけど、折り返して南下していくのをようやく撮れました。とはいえ、もうちょっと頂上を覆うような形で捉えられたらよかったんですけどねぇ。ちょっと位置が悪かった。

そんなわけで12/31です。
年賀状、まだ作っていません。やばいです。

2016年、何やりましたかねぇ。あんまり何かをやった、という実感のない一年でございました。



映画は結構観に行ったかな。リピートだけど。
そいえば観に行った映画、聲の形以降記録していなかった。
と思ったけど、実はそれほど作品の数的に観に行っていません。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜
4部作の最終章。シャアがいよいよ赤いモビルスーツで戦い一年戦争前夜に至るという時代のっすな。これは面白かったですよ。

この世界の片隅に
ガンダムの一週前から公開が始まっていました。上映が始まる前から試写を見た人たちから良い映画だという評判が流れてきて、早く見に行かねばと思っていたのだけど、結局行けたのは公開から7日目のことでございました。
号泣したって人たちが林立しているわけですが、個人的にはそれほど泣けるというわけではない。でもそこは原作単行本発売直後に購入していたものとして(流石に連載を毎月追いかけてはいなかったけど)大満足な内容で、泣くって方向じゃなくて感動が深い作品だと感いることができました。

劇場版 艦これ
で、別の日にこの世界の片隅にとはしごしたのがこの映画。特にコメントはないです。

そんなわけでローグ・ワンもまだ見てないし、ポッピンQも機会があれば見に行こうと思っているところではあるけど、そんな映画の年末でしたな。

何か大きな買い物をするということもなく(不意の出費があったんだけど、それは現物が届いたら書いてみよう)、まぁなんというか、おとなしくしてました、という感じの一年でした。

来年はもうちょっとおとなしくしていない感じが出せればいいなぁと思っております。
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

サウンドバーを買ってみた

pc |2016-12-30

古いミニコンポにアナログケーブルでAirMac Expressを繋いでAirPlayで音を鳴らしていたのですけど、AirMac Expressがお亡くなりになりまして、そいで古いミニコンポは何せ古いもので、CDドライブはちゃんと動かない、MDも同様、カセットテープ部分もおんなじ、つまりはAUXしか生きていない状態だったために、スピーカーも買い換えようと思ったわけです。

そうしますと、これはテレビの置いてある部屋にある機器なので、テレビからの音も出せたらいいなぁと考えます。でもってCDやカセットテープ、MDを再生させる必要はもはやない。

以上の理由により、サウンドバーとかシアターバーとか呼ばれる機械に興味が湧いてきました。

で買ったのは、YSP-1600 - デジタル・サウンド・プロジェクター  [ヤマハ] でございます。

デジタル・サウンド・プロジェクターってジャンルのもののようで、機械前部・上部に設置したスピーカーから音を四方に飛ばし、反射させ、サラウンドを実現するというシステムです。ちゃんと部屋の環境も含めて設定が行えれば、5.1chを実現するようです。けど深く吟味した結果これになったというわけではなく、AirPlay対応ってところが大切なのでございました。

昨日の18時すぎにヨドバシでポチッとしたら今日の昼前に届きました。うちのテレビはちょっと古い(2010年購入(2009年モデル))ということもあり、念のため、光デジタルケーブルをAmazonにも発注しこちらも午前中に届きました。運送屋さん、大変です。ちなみに光デジタルケーブルは、このスピーカーに付属してくるわ結局テレビとの音のやり取りはHDMIでやることになるわで無駄になりました。

で、設置してみたのですが、これ、幅が1mあるんですね。今時のベゼルが薄いテレビだったら50インチぐらいのものに合わせるようなものなのだと思います。しかしてうちのテレビは37インチ。幅が91センチ弱なんですわ。つまりはこの製品のが幅が広い。ちょっとカッコ悪いけど、まぁいいですw

HDMIで連動してくれるのでテレビリモコンでのボリューム調整に反応してくれて、テレビを見ている時は難しいことを考える必要はありません。(テレビ側の設定で、音の出力をHDMIもしくは光デジタル経由でこのスピーカーにすることが可能です)。

問題はAirPlay利用時ですね。MacからiTunesの音の出力先をこのスピーカーに指定するとすかさずこのスピーカーから音が鳴り出します。で、テレビに戻したい時、さてどうしようとなります。スピーカー付属のリモコンや本体のボタンを操作することでテレビからの音声出力に切り替えることはできますが、リモコンが手元にあるとは限らない。

そんな時、iOSやAndroidから操作を行うアプリが配布されているわけですが、Mac用も出してくれませんかねぇ(^^)

(一応。音声出力は機器に対して後から入力があったほうが優先されるので、テレビ見てて(テレビをつけたまま)AirPlayで音楽再生して、またテレビに戻りたいとき、しかし手元にスピーカーのリモコンがないという場合、テレビの電源を切ってまた入れるということをするのが早いです。テレビにはあまりよくなさそうな操作だけど。)

音質についてはまだ特に感想はありません。とにかく、テレビ・AirPlayの音の出力環境が一つにまとまったというその利便性が向上したことにまずは満足しています。音質は、そのうちガルパン劇場版のブルーレイを再生してみて、それで何か感じられたらいいなぁと思っていますが、さてどうでしょうか。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

MacBook Proの速度の参考例

mac |2016-12-26

Apple Compressorにてエンコード速度を比較してみました。

1分30秒のProRes 422のHD解像度の動画素材をCompressorプリセットのビデオ共有サービス HD 1080pのフォーマットに変換するのにかかった時間です。

 Late 2016Late 2013Early 2011Mac Pro Mid 2010
CPU Core i7 2.7GHz (Skylake) Core i7 2.3GHz (Haswell) Core i7 2.3GHz (Sandy Bridge) Xeon 3.33GHz (Westmere)
Memory 16GB 32GB
GPU AMD Radeon Pro 460 4GB NVIDIA GT 750M 2GB AMD Radeon HD 6750M 1GB NVIDIA GeForce GTX 960 2GB
Compressor 結果 41秒 40秒 1分10秒 5分7秒

Mac Proが時間かかりすぎだろ、という印象ですが、Late 2013とLate 2016に差がないことに微妙にショックを受けてしまいますね。

CompressorはH.264へのエンコードにGPUを使っているわけですが、それはどうやらCPUに内包されたGPUを使って行なっている印象でして、だからその機能がないXeonを積んだMac Proは遅い。そしてMacBook Pro Early 2011に搭載されたSandy Bridgeはその機能を持ったGPUの最初の世代ということで、Mac Proよりも速いという結果になっているわけっすね。

一方でHaswellとSkylakeでそれほど差はありません。 Haswellの方は Intel Iris Pro 5200 Graphics で SkylakeではIntel HD Graphics 530となりますな。この二つをGPU系のベンチマークをすると、どうもHaswellに搭載されている方が性能が上となることが多いようです。

SkylakeにもIris Pro Graphicsが存在していますが、Appleはそちらを選ばなかったようです。

結果として、Compressorでのコンバート速度に3年の時間差が感じられないことになっております。

dGPUも利用するエンジンになりゃいいんでしょうけどね。

ということで、あまり参考にならない速度比較となってしまったのでした。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

aerender

cg |2016-12-23

aerenderを確認中です。
AfterEffectsのレンダリングをコマンドラインからという目的のものですね。

とりあえず必要な情報は、

  • プロジェクトファイルの場所(ファイルパス):-project ファイルパス
  • レンダリングを行うコンポジション名:-comp "文字列"
  • スタートフレーム:-s 整数
  • エンドフレーム:-e 整数
  • 出力モジュール名:-OMtemplate "文字列"
  • レンダリング設定名:-RStemplate "文字列"
  • 出力先(ファイルパス):-output ファイルパス

となるかな、僕の必要範囲ですと。
問題は出力モジュール名やレンダリング設定名で、既存のものを利用する場合、日本語環境のAEだと日本語名なもので、それを正確に入れるのが結構難しかったりしますw

例えばTIFFの連番で書き出したい時、もともと用意されているモジュールとしては「TIFF シーケンス (アルファ付き)"」がありますが、「TIFF」と「シーケンス」の間には半角スペースがあり、同様に「シーケンス」と「(」の間にも半角スペースがあります。また「()」も半角です。気の使い方がちょっと大変。
素直に自分用の出力モジュールやレンダリング設定を作っておくのが良さそうです(わかりやすい名前でね)。

(普通はスクリプトからコマンド生成しそうなもんだから、あまりきにする必要はないのかもしれないけど、それでも日本語名ってのはちょっとアレかね。あと、プリセットのモジュールは日本語環境・英語環境で名前が変わったりするから、そのための対策という意味でも作業環境に特化したモジュールの作成は必要な気がする。)

で、最終的には例えばデスクトップにフォルダを掘って、そこにプロジェクトファイルがあり、同じ場所にTIFFの連番で吐き出す場合の書き方として、

/Applications/Adobe\ After\ Effects\ CC\ 2017/aerender -project ~/Desktop/aerenderTest/aerenderTest.aep -comp "comp" -s 1 -e 100 -OMtemplate "TIFF シーケンス (アルファ付き)" -RStemplate "最良設定" -output ~/Desktop/aerenderTest/test_[####].tif

こんな風になります。

参考: After Effects での自動レンダリングとネットワークレンダリング[Adobe]

複数のマシンでレンダリングを行う場合、出力モジュールやレンダリング設定のテンプレートをすべてのマシンで同じ状態にしておかねばならないというのが微妙に面倒そうですね。

コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )

Intuos 4 の挙動がおかしい

mac |2016-12-18
ワコムのタブレットのIntuos 4を使っています。2009年に発売されたものだから、いい加減古いものと言っていいんでしょうが、動くんだから使いましょうという感じ。
ただ、いつの頃からか、このタブレットでオペレートミスをすることが増えてきました。



この動画は上がintuos 4、下が現在販売されているintuosです(intuos Proではない)。
Finderでリスト表示している状態で、2つのファイルの選択を淡々と切り替えている様子ですけど、intuosに比べてintuos 4が遅いのがわかると思いますし、カーソル位置が突然飛んでいる様子が顕著なのもintuos 4であることが見て取れると思います。
intuos 4の動きがゆっくりなのは、早く動かすとダブルクリックと認識されてファイルが開いちゃうから。
カーソル位置が突然とぶという動きは、カーソルが引っかかるという感触につながります。そしてカーソルを動かしているつもりなのだけど、動いていないという状況も生まれやすくなります。前述した通り、それが早く動かすとダブルクリックになってしまう問題の原因ですね。

intuosでも若干の引っかかりは感じますが、比較的素早くカーソルを動かせていることからわかる通り、intuos 4よりはるかにマシな動作をしていると言えます。

ということで、使っているintuos 4が壊れているのかな、って思ったりしたのですが、職場に転がっていた別のintuos 4で試して見たところ、やはり同じ挙動をすることから、macOSとintuos 4の組み合わせで起こる問題と結論づけました。

ということでintuosを使ってしのいでいるここ一週間ぐらいなのですが、ペンの感触があまりよろしくないのですよね。できれば(現在販売されている製品の中の)intuos Pro並みのペンを使いたい。

おそらく、intuos ProやCintiqを購入すれば少なくともintuos並みには使えるだろうから快適になることは間違い無いのだけど、金銭的に厳しいものがあります。ということで、intuosでしのいで行こうと考えているのですが、このペンの感触の悪さをどうするべか。いっそ今週発売されるCintiq Pro 13 あたりに突入するか?(しません)
コメント ( 0 )|Trackback ( 0 )
« 前ページ・