季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「茄子 (なす)

2017-07-16 05:20:46 | 暮らし
忘れかけていた大切なこと(渡辺和子著より)

「神の子の誕生④」


イエスの誕生を12月25日に祝いますが、実は、毎日がクリスマス

なのです。ミレーの「晩鐘」は、アンジェラスの鐘の音に、農作

業の手を止めて頭を垂れて祈る農民の姿を描いています。

日に三度鳴るアンジェラス、お告げの祈りの鐘は、鳴るごとに、

「仰せのままになれかし」と天使に告げるマリアの言葉によって、

「み言葉が人となり、私たちの中に住まわれた」ことを思い起こ

させるのです。静けさと貧しさの中に、人々を愛するために生まれ

給うた神の子の誕生を。

============================

6月より咲いている花「茄子 (なす)

開花時期は、 6/ 5 ~ 8/ 5頃。
・インド原産、奈良時代に渡来。
 野菜栽培。
・花はうす紫色。

・夏に採れる野菜なので
 「夏実(なつみ)」、
 それがしだいに変化して
 「なすび」、
 それが省略されて
 「なす」になった。
 また、「梨実(なしみ)」が
 変化したもの、
 ともいわれる。

・お盆の頃に、道の軒先などで
 ときどき見かける
 「精霊馬(しょうりょううま)」
 の、ご先祖様が乗る馬は
 キュウリで
 荷を引かせる牛はナス。

★ことわざ
 「親の意見と茄子の花は
  千に一つも無駄がない」
  (茄子は実を結ばないような
   無駄な花はない、の意)

 「瓜(うり)のつるに茄子はならぬ」
  ”トンビが鷹を生む”
   と同じ意味。
   親子関係を表わすことわざ。

 「秋ナスは嫁に食わすな」
  2つの説がある。
  (1) おいしい秋ナスを
    嫁に食べさせるのは、
    もったいない
  (2) 秋ナスは、体が冷えたり
    髪の毛が抜けたりするので
    嫁には食べさせない方がよい



(季節の花300より)




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の花「アカンサス」 | トップ | 季節の花「時計草(とけいそ... »
最近の画像もっと見る

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。