季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「母子草(ははこぐさ)」

2017-04-20 05:20:19 | 暮らし
忘れかけていた大切なこと(渡辺和子著より)

「落ち着き④」

歳を取ることは変えられない現実として心静かに

受け止めるとして、変えられることもあるのです。

それは「私自身」です。すっかり傷んでしまった

部品、自分の目や耳、それらに腹をたてることなく

「長い間、ご苦労さま」といわわる、優しい自分に

変わること。思うままにならないことにイライラせず、

謙虚に他人(ひと)さまのお世話になって、感謝する

自分に変わること。これには勇気が必要な時がある

ものです。

歳時記


穀雨


4月20日。および立夏までの期間。

太陽黄径30度 清明から数えて15日目頃。

春季の最後の節気。

春雨が百穀を潤すことから名づけられたもので、

雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。

この時季に、特に雨が多いというわけではありませんが、

穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。

「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が

降りることもなくなる」という言葉があるように、

南の地方ではトンボが飛び始め、冬服やストーブとも

完全に別れる季節です。

変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも

強まってきます。

昔から、この日を田植えの準備をする目安にしているようです。

穀雨が終わる頃に八十八夜を迎えます。


=============================

4月から咲く花「母子草(ははこぐさ)」

開花時期は、 4/ 1 ~ 5/末頃。
 (3月以前に咲きだすものも
  ときどき見かける)
・春の七草のひとつ。
 (春の七草では
  「御形(ごぎょう、または、
   おぎょう)」と呼ぶ。)

・柔らかいうす緑色の葉の先に、
 黄色の花が
 つぶつぶになってかたまって咲く。

・名前は「母」と「子」の
 人形(ひとがた)に由来する、
 との説がある。

・昔は草餅の材料だったが、
 明治の頃から次第に 
 「蓬(よもぎ)」が
 材料にされるようになった。

・別名
 「ほうこぐさ」
   茎も葉も白い細かな毛に
   おおわれているために
   「ほうけた」ように
   見えるところから。


・「老いて尚
  なつかしき名の 母子草」
   高浜虚子



(季節の花300より)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の花「春紫苑 (はるじお... | トップ | 季節の花「花蘇芳 (はなずお... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。