季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「ブラシの木」

2017-06-14 04:14:34 | 暮らし
忘れかけていた大切なこと(渡辺和子著より)

「聖書と私の出会い・回心①

「天高こうして日月懸かり、地厚うして山河横わる。日月の精、山河の

霊鍾(あつ)まりてわが心にあり。高き天と、厚き地と、人に対して三

つとなる。人無くしてそれなんの天ぞ。人無くしてそれなんの地ぞ・・」

このように、人の心の偉大な力をうたいあげたものでしたが、幼いなが

らにもこのひとときは、厳粛なものとして心に残っています。


================================

5月から咲いていた花「ブラシの木」


開花時期は、 5/15 ~ 6/10頃。
・オーストラリア原産。
・明治中期に渡来。
 暖地に栽培される。

・花の形が、
 ビン洗いのブラシにそっくり♪


・実は、枝にずらっとついて並ぶ。
 翌年の花はその上部に咲き、
 実は次々と何年も残っていく。
 その後もずっと大きく
 なりつづけ、
 7~8年は枝についていて
 発芽能力も持ち続ける。

 この木は、乾燥地が原産地のため、
 極端な乾燥や山火事のときに
 パァーンと実が開いて
 中の細かい種子が
 風に飛んで散布される、
 という仕組みになっている。
 山火事でまっさらな土地に
 なったところに
 すばやく芽を出して、
 その土地一帯の
 優占種になるのが目的らしい。
  (ユーカリの木も同じ)


・別名
 「花槇(はなまき)」
   葉が槇の葉に
   似ているところから。

 「金宝樹(きんぽうじゅ)」

 「カリステモン」(学名から)


(季節の花300より)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の花「水蠟の木 (いぼた... | トップ | 季節の花「吸葛 (すいかずら... »
最近の画像もっと見る

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。