季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「蝦蛄葉サボテン(しゃこばサボテン)」

2017-11-05 03:41:03 | 暮らし
名言名句(55)

「貧者の一灯」『阿闍世王受決経』

あり余った金を持っている金持の布施よりも。貧しい人が

懐をはたいて出す心のこもった喜捨の方が価値がある、

ということを指しています。

霊鷲山に帰られる釈迦のために、阿闍世王は、王舎城

からの道筋に無数の灯りを灯して供養しました。

それを知った貧しい老婆が、貧しいなりに釈迦に一灯

を献じようと、物乞いをした金で油を買おうとしました。すると、油屋の主人が、油を買わないで食べ物を買った方がいい、と勧めるところ、老婆は油を買う理由を打ち明けたのです。老婆に話に共鳴した油屋の主人は、代金の倍以上の油を老婆に分け与え、老婆は、念願の一灯を道の隅に灯すことが出来ました。あくる朝、阿闍世王の捧げた沢山の灯りはすべて消えていたのに、老婆の一灯のみが灯っており、釈尊の弟子が三度も消そうと試みたが消えません。それどころか、前より明るく灯るのです。弟子が消そうとするのを釈迦はとめられ、老婆が須弥灯光如来という仏になることを予言されたのでした。









==============================

11月から咲く花「蝦蛄葉サボテン(しゃこばサボテン)」

開花時期は、11/10 ~ 翌 1/10頃。
・ブラジル原産。明治時代に渡来。
・茎は四方に垂れ下がる。
・花は茎先に段々に咲く。
 咲き始めが見事。
 色はピンクや赤。

・茎が、海老に似た
 「蝦蛄(しゃこ)」
 (寿司ネタで有名)に
 似ているところから命名された。
 また、ことわざで
 「蝦蛄で鯛を釣る」
 (少ない元手で
  大きな利を得ること)
 というのがある。


・別名
 「クリスマスカクタス」
   クリスマスの頃に咲く
   サボテン、の意。

・デンマークで品種改良された
 「デンマークカクタス」も
 花屋さんでよく見かける。
 これも蝦蛄葉サボテンの一種。
 (というか、
  「蝦蛄葉サボテン」と
  「デンマークカクタス」は
  違いがなかなかわからない♪)

・「蟹葉(かにば)サボテン」
 というのも
 蝦蛄葉サボテンに似ているが、
 「蟹葉サボテン」は
 茎部分にはトゲトゲがなく、
 開花時期は2~3月頃で
 「蝦蛄葉」より遅いので
 両者区別できる。



(季節の花300より)



この記事をはてなブックマークに追加